シャイな彼氏と結婚するときに意識するべきことは?

シャイな彼氏と結婚するときに意識するべきこと

結婚は、憧れの響きという女性も多いのではないでしょうか?

好きな男性とずっと一緒にいたいのはもちろんだと思いますが、結婚するという形にしないと、男性は身軽にどこかに行ってしまうこともあります。

妊娠・出産後の子育てなども考えるのは、男性よりも女性の方です。

そして、結婚していないと苦労するのは女性の方かもしれません。

結婚は焦らないで、納得できる選択にして欲しいです。

シャイな彼氏と結婚するときに意識するべきこと

プロポーズは焦らず

プロポーズは、彼氏からしてくれる方が良いですね。

女性側からは、男性が覚悟を決めてくれたという意思表示に感じます。

男性が口に出した方が、彼の中で実感も湧きやすいでしょう。

でも、シャイな男性なら、プロポーズまで思い切るにはかなり長く時間がかかるかもしれません。

待っているのも大変ですが、彼を急かすと変にぎくしゃくするかもしれません。

彼女から、将来のことを本気で考えていないのか聞くなら、高圧的に聞くよりも、悲しそうに聞いた方が彼の心に訴えます。

その時、彼が本気でいてくれるなら、彼女を悲しませないために結婚に踏み切るはずです。

彼の意志確認

女性からプロポーズすると、彼は選択権を得ます。

結婚してからいつかケンカした時、「結婚して欲しそうだったから結婚した」なんて言われかねません。

自分に逃げ道を作るなんて、情けない男性ですね。

だから、シャイな彼氏には自分から言わせた方が良いです。

じれったくなるかもしれませんが、それは彼女にとっても考えるチャンスかもしれません。

なぜなら、結婚した後もその性格の彼と付き合って行けるか試されているようなものですから。

人の性格は簡単に変わりません。

大切な場面でも、彼は考え込んで、彼女をじれったくさせることが想像できます。

結婚するまでの期間を決める

結婚するまで、彼の気持ちが固まるまで待ってあげるのも大切ですが、その期限を決めておいた方が良いです。

そうしないと、延々と彼の気が向くまで待たないといけなくなります。

彼待ちの人生は、ストレスが溜まりそうです。

自由に過ごせるはずなのに、仕事のことや引っ越しのことなど、思い切ることができません。

結婚もタイミングです。

彼女がもっと活動したいのに彼とタイミングが合わないのも、微妙にご縁がないのでしょう。

ある程度の期間と決めて、その時に結婚が決まらなければ、無理して待たずに違う選択をする方が賢いです。

外堀から埋める

シャイな男性は、感情表現が得意ではなくて、一人で考え事をしている方が慣れています。

考え事をする時は誰かのアドバイスを聞かずに、自分の独断で考えていることがあります。

プライドも変に高いので、そんな彼に意見できる人は限られています。

彼が悩んだり、マイペースに考えているのに任せると、いつまでもずるずるします。

でも、彼は不思議とお父さんの意見を聞くことがありそうです。

困った時には、彼のご両親の力を借りるのも良いでしょう。

もしかすると、「結婚は考えているか?彼女をあまり待たせたらかわいそうじゃないか?」と意見を言ってくれるかもしれません。

彼女としては、心強い味方です。

どこに住むか

結婚してから、二人で一緒に住むのが自然ですね。

彼の家か、彼女の家に同居する、または引っ越しが必要です。

どちらにしても、準備や、今の部屋の片付けをしなければいけませんね。

どこに住むにしても、荷物が整理できている方が身軽に行動できます。

あなたの分だけでも片付けを始めておくと良いでしょう。

彼が全く、荷物を整理したり、結婚を考えている様子がなかったら、直接本人に聞いてみると良いですね。

「結婚したら、どこに住む?」という簡単な質問ですが、十分にどきっとします。

生活力

結婚して、引っ越ししたら、職場を変えることになるかもしれません。

もしかすると、結婚と同時に仕事を止め、出産に専念する女性もいるでしょう。

その時、彼氏は頼りになりそうでしょうか?

いくら性格がシャイだからと言っても、あまりに頼りなかったら困ります。

「頼りになる」のは経済面と精神面ですね。

経済的に余裕がなかったら、心にも余裕が生まれないでしょう。

お金のことが原因でケンカになることも多いです。

それと、精神的にも強くなって欲しいですよね。

新しい生活に一緒に向き合っていけるメンタルの強さがないと、結婚から逃げ出して、成長もしなさそうです。

愛情が大切

結婚するなら、いろいろなことを考えて、最終的な決め手になるのは愛情です。

お互いに悪い面や、思っていたより頼りないところが見えたり、思い通りにならないことがあっても、その人と一緒なら頑張れるものです。

心の中でためらいがあるなら、その直感は無視しないでください。

結婚はできないと感じたら、相手に誠実に謝るというのも、思いやりの一つです。

結婚はしたけれど、裏ではパートナーの悪口ばかり言ったり、家に帰っても落ち着かないと感じるなら、悲しいですよね。

多くの人が、自分らしくて幸せな結婚ができますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA