シャイな彼氏の分かりにくい愛情表現は?

シャイな彼氏の分かりにくい愛情表現は?

シャイな彼氏は、自己主張はしません。彼の愛情表現はとても分かりにくいですね。

でも、自分の好みを相手に押し付けないようにして、彼女の好きなようにさせてあげたいと感じています。

自分の好きなことではなくてもガマンして、相手が喜ぶことを大切にしたいのです。

でも、それは彼女に伝わることはないでしょう。

二人でいても彼が黙っているから、彼女が提案するということに彼女は疲れてくるのかもしれません。

ほどよくリードしてあげられると良いのですが、愛情表現を上手にしきれていないのです。

シャイな彼氏の分かりにくい愛情表現

そばにいる

何も言わなくても、一緒の時間を過ごそうとするのは愛情の一つです。

隣にいたり、視界に入るところにいるのが相手に安心感を与えるのではないかと感じているのでしょう。

もし、一緒にいない時に相手が何をしているのかわからないと不安になるのかもしれません。

「自分がそうだから相手もそう」と考えるのは、共感力が高いのですね。

でも、少し甘えん坊というか、寂しがり屋の考え方です。

自分一人で過ごす時間が好きな人がいます。

彼女が一人で過ごすのも結構好きなら、シャイな彼がただそばにいるのはストレスに感じることもあるでしょう。

お菓子をくれる

シャイな彼氏が何かとお菓子をくれるのは、彼女に対するコミュニケーションの一つです。

彼女としては、そんなにお菓子はいらないと思うかもしれませんが、それが目に見える形としての彼の愛情だとわかったら、暖かい気持ちになるのではないでしょうか。

でも、たまにはお花やちょっとしたアクセサリーなど、女性としてときめくプレゼントもして欲しいのが女心ですよね。

良い風に考えるなら、女性にプレゼントするのが慣れているような、良く遊んでいる男性ではないのが彼の良さかもしれません。

そのプレゼントを喜ばなくなったら、きっと彼もがっかりしてしまいます。

彼女の好きなものを覚えている

いつも似たようなことをして、同じようなものをくれて、変わらない彼に彼女は飽き始めているかもしれません。

彼女としては、たまには新しい刺激が欲しいところですよね。

でも、それは彼女が自分でもそんな行動をして、同じようなものを手に入れているかもしれません。

それは彼の好みではないかもしれませんが、彼女の好みだから、それを彼女に感じて欲しくて、行動している結果なのでしょう。

好きなものに囲まれると、幸せを感じるでしょう。

その当たり前の感覚は、慣れてしまうと幸せを見えなくさせてしまいますね。

たまには、彼がいなくなったことを想像して、感謝の気持ちを思い出してみると良いでしょう。

休みの日は良く会おうとする

仕事が休みの日は、気持ちがリラックスして、楽しみなものですよね。

そんな日に会いたいのは、緊張する相手や苦手な相手ではなく、好きな人でしょう。

だから、シャイな彼が休日に彼女に会いたいと感じるのは、好きだという証拠です。

一緒に行動した方が良い用事があると、内心では喜んでいます。

彼女と過ごしていても、嬉しいことは顔に表さないかもしれませんが、十分幸せと感じているのかもしれません。

ただ、シャイな彼氏も同じように、彼女がそばにいてくれる幸せに慣れてしまって、何となく一緒にいるのが当たり前と感じているなら、たまには彼女に対する感謝の気持ちを思い出して欲しいですね。

誘ってこなくても、予定は空けてある

シャイな彼氏は用事がなければ、自分の好きなように過ごすでしょう。

ただ、彼女から誘われたらすぐにその予定を入れます。

彼女から誘われたら、いつでも応えたいと思って予定は空けてあるのかもしれません。

でも、彼女のことを誘う気がないように感じられて、分かりにく過ぎる愛情表現ですね。

客観的には、もう少し積極的になった方が良いと感じられても、シャイな彼には言葉で言わないと彼は変わらないですよ。

本人はそれがベストと考えているのではないでしょうか?

彼女のことをそんなに大切に思っているなら、言葉で伝えてあげるときっと喜ばれるはずなので、頑張って欲しいですね。

お誘いしたら一緒に出かける

ちょっとしたことでも声をかけたら、彼はすぐ来てくれるタイプでしょうか?

仕事で疲れていたり、体調が少し悪かったり、彼もいつでも体調は万全ではないかもしれません。

それでもわざわざ来てくれるのは、彼女が声をかけてくれたことが嬉しかったのでしょう。

少し時間がかかっても、彼女の顔を見に来るのは、それだけで愛情表現です。

彼女の気持ちを面倒がらずに、軽く思っていないからこその行動です。

どうでも良いと思っている相手なら、お誘いがあっても迷わずに断る人も多いのではないでしょうか。

彼女の提案に合わせる

一緒にデートしても、いつもしたいことや行きたいところを提案するのは自分ばかりで疲れる・・・。

彼女がそんな風に感じることがあっても、逆の立場ならと一度は考えてみて欲しいです。

彼氏が好きなことをしたり、好きな場所に行くのは、合わせるのは大変ではないでしょうか?

自分と似た趣味の相手でも、自分の好きなストライクゾーンとは少し違いがあるかもしれません。

それでも、彼女の気持ちを優先してくれている、彼氏の愛情表現ではないでしょうか。

好きだから、相手のことを受け入れるというのは、分かりにくいのですが、大きな愛情表現ですね。