告白して友達のままでいたいと言われても再告白する時のポイントは?

告白して友達のままでいたいと言われても再告白する時のポイントは?

好きな人に告白をしたものの、残念ながら「友達のままでいたい」と言われてしまった経験のある人は多いのではないでしょうか。

しかし、「大好きだから恋人になってほしい」という気持ちを持って告白をしている以上、そんな断り方をされてもなかなか諦めが付かない事もありますよね。

だからこそ、「一度振られたけど、また告白したい」と考える人も多いでしょう。

そこで今回は、「告白を友達でいたいと言われたけれど、再告白をしたい」という場合に押さえておきたいポイントを紹介します。

告白して友達のままでいたいと言われても再告白する時のポイント

本気度をアピールする

好きな人に再告白をする場合、二回目の告白では「いかに相手の事を本気で想っているか」を伝える事こそが最も重要です。

やはり、一度振られると諦めてしまう人がほとんどの中で、「もう一度告白をする」という事はなかなか出来る事ではありません。

そんなあなたの勇気には、相手も「そんなに自分を想ってくれているんだ」と強く感じるでしょう。

だからこそ、二回目の告白では一回目以上に自分の想いを強く伝え、「相手へどれだけ自分の本気度がアピール出来るか」が勝負なのです。

そんなあなたの熱量が伝われば、「そんなに想ってくれているなら」と告白をOKされる確率もグッと高まります。

「重い」と感じさせる言動は取らない

好きな人に何度も告白をする上では、「相手から見た自分がどう映っているか」という事は、常に忘れないようにしましょう。

自分から見れば「好きな人だからもう一度告白したい」と感じますが、相手から見た自分は「断ったのにしつこくしてくる人」という存在である可能性もあるのです。

その為、一度告白を断られたにも関わらず、懲りずに何度も連絡を取ったり、しつこくアピールする事は逆効果です。

そんな行動を取れば、相手はあなたに「重い」「ストーカーじゃん」などと、最悪な印象を持ってしまうでしょう。

だからこそ、一度振られた後はなるべくしつこく接触する事は避け、出来るだけ相手への負担にならない事を心掛けましょう。

一回目の告白とはなるべく期間を空ける

一回目の告白が失敗したからといってすぐには諦めず、「また告白すればいいし!」「諦めないし!」と前向きな姿勢を見せる事は非常に素晴らしい事です。

しかし、だからといって「頻繁に何度も告白する」という事は逆効果になってしまう為、細心の注意が必要です。

頻繁な告白は真剣味が薄れるだけでなく、相手に「しつこい」「迷惑」と感じさせてしまう可能性が高い為、二回目の告白まではなるべく期間を空ける事が大切です。

また、一回目の告白と二回目の告白にある程度の期間を空けるからこそ、相手は「まだ好きで居てくれたんだ」と好印象を抱き、告白が成功する確率も高くなるのです。

気まずい態度は見せない

一回目の告白が失敗した後に「もう一度告白する」と決意をしたのなら、そこからは「絶対に気まずい態度を見せない」という心掛けが大切です。

やはり、告白を断られるとひどく落ち込んでしまいますが、相手からしても「申し訳ない事をした」と負い目を感じているものなのです。

ましてや「友達でいたい」と言われてしまっている以上、自分が気まずい態度を取り続けていれば、相手も困ってしまうでしょう。

だからこそ、二人の間にある関係性になるべく深い傷を入れない為にも、「なるべく気丈に振る舞う」「出来るだけいつも通りにする」という事が大切です。

そんなあなたの姿を見ると、相手は「気を遣ってくれている」と好印象を抱き、出来るだけ関係性を崩すことなく維持する事が出来るのです。

自分磨きや自分の行いを見直す

「絶対にもう一度告白するんだ!」と決意した以上、次の告白こそは成功させたいですよね。

だからこそ今から出来る事は、「自分磨きをする」「自分の行いを見直す」などの努力です。

そうして努力を重ねて魅力的な自分に変われば変わるほど、相手から見れば「最近変わったな」「前より魅力的だな」と特別な印象を抱きます。

二回目の告白で相手に「やっぱり付き合いたい」と感じさせる為にも、限りあるチャンスを最大限に活かす為にも、出来る限りの努力をしてから告白に挑みましょう。

「これで最後」と伝える

「二回目の告白をしたら、さすがに諦めよう」という意思がある場合は、相手にその思いを伝えてみる事も有効です。

「これで最後にします」という言葉は相手の心に残りやすく、さらには「本当にこの告白を断っていいのか」と、返答をじっくり考える機会を与える事が出来ます。

また、「最後」という言葉にあなたの覚悟や本気度が全て込められている為、万が一また振られてしまった場合でも、相手の中であなたはいつまでも印象深い存在となるでしょう。

その為、相手から時間差で「やっぱり付き合ってほしい」と言われるチャンスも高まります。

このように、「どれだけ自分を強く印象付けられるか」という事こそが、二回目の告白では最重要となるのです。

「これからも好きで居ていいか」と聞く

一回目の告白が失敗に終わり、さらには二回目の告白も失敗に終わってしまった場合、「もう無理かも」と心が折れそうになりますよね。

しかし、告白が失敗した理由は、必ずしも自分に問題があるわけではないかもしれません。

相手が告白を断る理由が「今は恋人を作る気がない」「他に好きな人が居る」などの場合は、実はまだまだチャンスはあるのです。

場合によっては、相手が「やっぱりあの人と付き合えば良かった」「あの人ってあんなに自分を想ってくれていたんだ」と、あなたを失って初めて自分の気持ちに気付く事があるのです。

そのチャンスに賭ける為にも、「これからも好きで居ていいか」と相手に尋ね、「今後もあなたの事が好き」とアピールしておく事が大切です。

そうする事で、数ヶ月後や数年後、相手の方からあなたにコンタクトを取ってくれたり、「やっぱり付き合ってほしい」と言われる可能性がグッと高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA