陰険な男の特徴や性格7つ

陰険な男の特徴や性格7つ

あなたの周りに性格の悪い男がいて困ったことはないでしょうか?

自己中でワガママな男、無責任で頼りない男、意地悪で陰険な男、大人気ない行動に呆れてしまいます。

今回は、最も厄介な陰険な男の特徴や性格についてご紹介します。

陰険な男の特徴や性格

自分の利益の為に人を貶める

陰険な男は、計算高く、常に損得勘定で行動します。

自分に得をもたらしてくれそうな人には、良い顔をしていますが、得をもたらさない人には見向きもせず、損をさせられそうな人には近づかないか、潰す勢いで貶めてくることがあるでしょう。

自分の手柄を誰かに取られそうな時には、先手を打って阻止しますし、あわよくば他の人の手柄まで横取りできないだろうかと、企んでいるのです。

陰険な男は、冷静な顔をして隙が出来るその時を狙っています。

自分の出世の為、意中の女性を手に入れる為、手段は選びません。

人をおとしめてでも自分の欲を満たそうとするでしょう。

自分の言うことを聞かない人は容赦なく攻撃する

陰険な男の根底には、強い支配欲があります。

誰かを従えたい、自分の言うことを聞かせないという気持ちが強く、力づくでも自分の意見に従わせようとするでしょう。

もしも、自分の言うことを聞かない人がいたら、職権を濫用して嫌がらせをしたり、卑怯な手段を使うことも厭わないのです。

自分に権力がない場合は、執拗につきまとったり、ストーカー化する恐れもあるでしょう。

陰湿な男はとても執念深いので、一度心に火がついてしまうと、容赦なく攻撃を仕掛けてきます。

普通の人では理解できないくらい執着してくるので、本当に怖い存在です。

急に手の平を返す

陰険な男の何が1番恐ろしいかと言うと、激しい二面性を持ち、天使と悪魔が1人の人間の中に混在しているかのような厄介さがあります。

いつも親身に相談に乗ってあげ、何度も飲みにも連れて行ってあげていて、さっきまで一緒に笑い合っていた仲間だと思っていたのに、たった今敵になっていることがあるのです。

陰険な男が手の平を返す時は、本当に急で、手の平を返された方は唖然としてしまうでしょう。

実は仲良くしていた時から、あなたを信頼していたわけではなく、あなたが油断するその時を狙っていたのです。

陰険な男には実質、信頼できる人が1人もいないのでしょう。

サイコパスな気質がある

何故に平気で人を裏切ったり、卑怯な真似が出来るかというと、根本的にサイコパスな気質が備わっているのでしょう。

人を欺いて、出し抜くことが何故悪いことなのか、執拗に人を追い詰めるとどうなるのかがきちんと理解できないまま、大人になってしまったのです。

先天的にサイコパスな要素が備わっていた可能性もありますし、幼少期の家庭環境が複雑で、肯定的にサイコパスな要素が育った可能性もあります。

いずれにしても、普通の感性が育っていない可能性が高く、悪の概念が一般的ではないのでしょう。

プライドが高い

陰険な事をしてしまう男は、非常にプライドが高く、自分のプライドが傷つけられた時、攻撃的になり牙を剥きます。

一旦心に火がつくと、怒りのパワーは凄まじく、自分ではブレーキがかけられない状態になってしまうのです。

自分を傷つけた相手を、絶対に許さない。

何としてでも後悔させてやる。という気持ちに駆られて、陰険な方法で復讐へと向かうのです。

復讐を考えているうちに、最早自分が傷ついた事はどうでも良くなり、相手を傷つけることへと目的がすり替わってしまうことが多いのですが、事の発端はやはり、高いプライドを傷つけられたことにあるようです。

沸点が低くキレやすい

陰険な性格だからと言って、四六時中陰険なことを考えているわけではないでしょう。

ただ、普通の人よりも怒りの沸点がとても低くキレやすいのが特徴です。

ちょっとしたことで怒りのスイッチが入ってしまい、自分では制御できなくなってしますのです。

最近の若者は、キレやすい人が多いと言われていますが、親も子供をあまり叱らない、学校の先生も生徒を叱れない環境で育ってきた若者たちは、ちょっと叱られただけでも心が潰れてしまったり、激昂するような心が不安定な人が多く目立ちます。

時代の流れの変化もあり、学校でのイジメはどんどん陰湿化しているのがその証拠で、そのような子供が大人になると、社会に出ても陰険な行為を繰り返してしまうのです。

自分に自信がない

自分に自信がある人は、陰険なことを考える発想にも至りません。

ただ自分を信じ、自分のやりたい事に突き進むことをポジティブに考えるのです。

自分に自信があれば、周囲の様子もクリアに捉えることが出来、自然と感謝の気持ちが生まれ、人に優しくする余裕もあるでしょう。

陰険なことをする男は、自分に自信がないのです。

ただ、プライドばかりが高いので、頭で考える理想と現実、そして心のバランスがグチャグチャになってしまい、そのモヤモヤを解消しようと他人に牙を向けるのです。

陰険な男が本当に嫌いなのは、他の誰でもなく、自分自身なのでしょう。