感情的にならない女性の特徴7つ

感情的にならない女性の特徴7つ

いつもほんわかしている女性は、あまり怒っているイメージが湧きませんね。

意識的に、怒りの感情は抑えているのかもしれません。

取り乱して自分を見失うこともないでしょう。

周りに見えるよりも、深い感情があるのでしょうか。

感情的にならない女性は、どこかミステリアスでもありますね。

感情的にならない女性の特徴

言葉で伝える

感情的になって、声の大きさや態度で気持ちを表現しようとする人がいます。

うまく表現できなくて、余計に苛立つこともあるかもしれません。

感情的にならない女性は、その代わりに、感じたことを言葉で表現しようとします。

その方が、相手にきちんと伝わるのではないかと思えるのでしょう。

言葉で伝えても誤解されることはありますが、伝えない方が誤解が生まれやすいです。

その時は冷静になっていない人に伝わらないかもしれませんが、後で落ち着いて考えたら、しっくりくる言葉もあるのではないでしょうか。

行動も落ち着いている

感情的にならない女性は、行動も落ち着いています。

パニックになったら騒ぎを大きくしないように、怒っていても相手をムダに刺激することがないようにします。

騒いでも状況は良くならないだろうなと感じたら、表面的には落ち着くのです。

「何も感じていないの?」と、その態度を責められることもありますが、彼女から周りの人にくってかかることはありません。

血気盛んな人を見守っていて、少し幼稚でもあるなと考えながら、いつも通りのテンションに戻ろうとします。

落ち着いてから、自分のペースで行動を決めたいのです。

怒ったら表情が消える

めったに怒らない女性ですが、本当に怒らせた時は実はそれがわかります。

いつもより、表情が少なくなります。

そして、目を合わせる頻度が変わります。

目を合わせないようにするか、多く合わせてきます。

その時の視線の強さに、驚く人もいると思います。

でも、気が付いた時にはきっともう遅くなっています。

その視線で心まで刺し抜かれるように、静かに攻撃されるでしょう。

それまでは彼女も抑えていたのかもしれませんが、厳しいことを言ってきます。

口調が変わるのではありません。

内容がきつくなります。

触れないでおきたかったことを持ち出して、核心に迫ります。

そこまで怒ったら、彼女は後戻りしようとしていない証拠です。

何が起こるかわからないので、怒らせたら怖いですね。

感情の爆発を抑える

感情的にならない女性は、普段から自分の感情をコントロールしています。

リラックスや気分転換を多くして、負の感情が溜まらないように心を掃除しています。

もちろんそれは、他の人に見えないところでします。

その人のせいではないのに怒ることがイヤなのです。

感情を露わにして怒るかどうかは自分の気持ちの問題です。

一時的にはすっきりしても、そのせいで失うことが多かったら、長い目でみると、感情的にならない方が得です。

自分の心から要らないものをこまめに捨てられるように、一人で過ごしたい時間は長いかもしれません。

周りに流されない

感情的にならない女性は、良くも悪くも周りに流されることがありません。

大切だと考えていることに関しては、譲らないでしょう。自分がしっかりしています。

彼女の傍にいると、安定感があります。

近くに来る人には、彼女の安定感が頼り甲斐あって好きだと言う人もいるかもしれません。

周りに流されることがない人は、近くにいる人たちより、自分に向ける視線が多いです。

ストイックに自己管理をしていることや、自分のテリトリーにしていることや、ルールもあるかもしれません。

気軽に近づくのは良いのですが、怒らない彼女に甘えて、あまり彼女のテリトリーを乱すことがないように気をつけましょう。

冷静に計算をしている

彼女が感情的にならないのは、よく計算しているからではないでしょうか。

何かが起こっても、広い視点を持って、いろいろな可能性を考えます。

その場面で一番優先したいことを叶えるために、自分の気持ちをガマンすることがあります。

大きな目的のための小さな犠牲です。自分の気持ちを犠牲にすることは良くあります。

なぜなら、感情を抑えない人間は、我が強くて、態度や行動を変えてくれないことが多いからです。

「前もこんなことがありましたが、」と前置きをして相手に伝えたり、改善してもらうように言う時間がムダです。

感情的な相手には理不尽に気持ちをぶつけられることもありますが、それが目上の人や、後で面倒になりそうな相手なら、言い返すこともありません。

ストレスが溜まりやすい

感情的にならない女性は、自分で抑えている気持ちも多いでしょう。

そのため、ストレスが溜まりやすい性格だと言えます。

自分で気が付くくらいストレスが育つ前に、こまめに対策すると良いですね。

好きなことをして、気分転換したり、リラックスするのもおすすめです。

考え事をたくさんしているので、頭をからっぽにして楽しめることも良いかもしれません。

そんな女性は、自分を抑えがちですが、一人でいる時くらい、もっとわがままになって、自分の好きなことをたくさんすると気が晴れてきます。