可愛げがない男の特徴7つ

可愛げがない男の特徴7つ

子供の頃のいろいろなものを失ってしまったのでしょうか。

可愛げが全くない男性がいます。気持ちの自由さや、明るい笑顔などが見えません。

よっぽど大変な思いをしたのかと心配になってしまいますね。

でも、ある程度のイヤなことは誰にでもあることです。

挫折した時から、前を向いて成長していけるかどうかは自分次第です。

立ち上がって、何かを乗り越えた人だからこそ、自信を付けられるのです。

可愛げのない男性は、いつまでも自分を解放することができないで、どこか辛そうでもありますね。

可愛げがない男の特徴

素直になれない

可愛げのない男性は、素直ではありません。

無邪気に喜ぶことも、長い間していないのでしょう。

いつの間にか、本来の自分の心を閉ざしてしまっているようです。

彼自身ももどかしく感じているはずですが、それを周りの人が変えてあげることはできません。

自分から心の持ち方を変えようとしなければ、その状態が続きます。

素直になれないと、困ることが結構あります。

自分の気持ちを表現できないのも辛いですが、簡単なことを言うのも難しくなってしまいます。

「ありがとう」や「ごめんなさい」と言った簡単なことが伝えられないと、周りの人ともコミュニケーションが取れなくなります。

自分の好意を伝えたり、気持ちをわかってもらうには、言葉や態度で表すことが必要です。

一言多い

つい、余計な一言を言ってしまったり、わざとそうしている人もいるかもしれません。

相手が困ったり、怒る様子を見て楽しんでいるのです。

それは意地悪なことでもありますが、ちょっかいを出しているつもりなのでしょう。

相手の気持ちを変化させたことが目に見えて、自分が有能だと感じている部分も多少あります。

ちょっかいを出すことでコミュニケーションを取ろうとするのは、小学校などで男子が、好きな女の子にいたずらしているのと一緒ですね。

振り向いて、自分に構って欲しいのです。

素直に「こっちを向いて欲しい」と言えないので、相手に自分を印象付けようとすると、余計なことを言って、意地悪になってしまうのです。

融通がきかない

可愛げのない男性は、とても頑固です。

自分が折れることはしたくないので、柔軟な対応ができません。

表情も硬く、近づきづらい雰囲気をしています。

誰かのために目をつぶったり、ほんの少しでもルールを曲げることをしません。

そのことで頼み事をしてきた相手に怒られることもありますが、困っているかもしれない、と相手の気持ちに寄り添うことがないです。

ルールを守ることで、いつでも自分が幸せでいられるのではないと思いますが、本人はそういうことに興味がないのかもしれません。

たまにはルールを外れて、自分や誰かの感情を優先するのが人間らしさを感じさせますよね。

負けず嫌い

可愛げのない男性は、負けず嫌いです。

自分より誰かが優れているのは、許せないのです。

それは、自分に自信がないということでしょう。

自分に比べて、ある面で勝っている人も、自分より苦手なことがあるかもしれません。

自分も他人も、総合的に見ることができたら、何事もぶつかるばかりのアプローチにはならないはずです。

負けを認められるようになってから、成長できます。

次は勝てるようにしようという気持ちから始まっても、上達する工夫や努力をして、能力が伸びていくと、単なる勝ち負けにこだわらなくなります。

自分勝手

可愛げのない男性は、周りの人間に共感しようとしていません。

むしろ、周りに合わせる面倒さよりは孤独に進む方を選びます。

本当に困らない限り、自分本位で行動しようとします。

それでも、いつかは自分一人でできないことの壁に当たるかもしれません。

その時は、周りの人の協力が必要になります。

周りの人が力になろうとしてくれたら、初めて人の優しさを感じ、変わるきっかけになるでしょう。

勝手でいた自分を反省して、今度は周りの人に手を差し伸べられるようになると良いですね。

少しずつ素直になることができれば、人間的な可愛げもついてくるでしょう。

成功している人には否定的

可愛げがない男性は、プライドが高いです。

でも実は、自分に自信を持てることが少ないので、自分の周りにプライドの高い壁を作っているのでしょう。

成功している人のことがまぶしくて、うらやましい気持ちでいっぱいです。

自分もそうなりたいと考えているのですが、素直に教えてもらうことができません。

相手を落とすことで、自分のレベルが上がったという考え方です。間接的にも、直接的にも否定的です。

周りにグチや悪口を言ったり、変な噂を流すこともありそうです。

相手に直接伝える時は、なんだかトゲトゲしくなってしまいます。

思いやりがない

可愛げのない男性は、仕事や生活がどうというより、人柄に問題があると感じさせます。

一緒にいる機会ができたとしても、悪い気分になることが多いでしょう。

彼のペースだけで行動したり、余計なことを言われたり、何かと思いやりがありません。

そんな相手には、こちらからもなかなか心が開けなくなります。

お互いに楽しかったり、良い気持ちになれる人とでなければ、仲良くなることができませんね。

可愛げのない人は、「誰とも仲良くならなくて良い」と言うかもしれませんが、それは本心から言っているのかわからないです。

すぐに人と仲良くなれないのがわかっているから、強がっているのかもしれませんね。