コミュ障な男性の恋愛傾向7つ

コミュ障な男性の恋愛傾向7つ

コミュ障な男性は、好き嫌いは別として人と接することが得意ではありません。

そのために、対人関係に支障をきたしてしまいます。

そんなコミュ障な男性も恋をしますが、どのような恋愛になるのでしょうか。

それではコミュ障な男性の恋愛傾向について詳しくみていきましょう。

コミュ障な男性の恋愛傾向

ひたすら受け身になる

コミュ障な男性の恋愛傾向に、ひたすら受け身になることがあげられます。

コミュ障な男性は、恋愛のみならず交遊関係や職場などの人間関係でも苦労しています。

そのため、好きな人が出来たからといっても自らアクションを起こすことは困難です。

ですから、好きな人が出来ても積極的にアプローチするということはなく、ひたすら受け身になってしまうのです。

好きな人に話しかけたり、アプローチすることは誰でも緊張してしまいます。

しかし、アクションを起こさなければ気持ちを伝えたり距離を縮めるのは難しいと言えます。

そのため、ひたすら受け身になってしまうコミュ障の男性の恋は、前途多難なものが多いのです。

恋愛に積極的になれない

コミュ障な男性は、積極的になれないという恋愛傾向にあります。

コミュ障な男性はあまり自分に自信がない人が多く、好きな人が出来ても何もせずに終わってしまいがちです。

いくらモテる人でも、好きな人にフラれてしまったり、失恋してしまうということは経験しているものです。

しかし、失恋や失敗があっても、恋愛の楽しさや素晴らしさを経験している人は、また次の恋愛に向かっていきます。

しかしコミュ障な男性はそういった経験が乏しいため、恋愛に対する熱意も生まれてきません。

失恋や失恋がトラウマとなり、傷つきたくないあまり恋愛から遠ざかったままになってしまうのです。

そうなると、必然的に恋愛の経験も乏しくなり、余計に自信がなくなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

コミュ障の男性は自分に自信がなく、恋愛経験も乏しいため、恋愛に積極的になれない傾向があるのです。

草食系だと思われる

コミュ障の男性は、草食系だと思われる恋愛傾向にあります。

コミュ障の男性は、あまり恋愛経験が豊富なタイプではありません。

しかし、だからといって草食系という訳でもないのです。

コミュ障の男性は気持ちの伝え方が下手くそであったり、スマートに女性を誘うことが出来ません。

そのため、恋愛に対して腰が重いことが多いのですが、恋愛感情や恋愛を求める気持ちが乏しい訳ではありません。

一度告白すると決めたら、好きな人にラブレターを送ったり人伝に告白したり、直接ではなくてもアプローチをします。

コミュ障の男性は見た目や態度が大人しく見える人が多く、恋愛に興味が薄かったり奥手なように見えます。

そのため、アプローチを受けた女性はイメージと違う態度を意外に感じて、良くも悪くも驚いてしまいます。

コミュ障の男性は気持ちを伝えるのが得意でなく、大人しく見えるため、草食系だと思われてしまうのです。

相手との距離感を間違える

コミュ障の男性は、相手との距離感を間違えるという恋愛傾向があります。

コミュ障の男性は、人間関係を上手く構築することが出来ません。

コミュ障のタイプを大きく分けると、そもそも人が好きでないタイプと、人が好きなのに人間関係が上手くいかないタイプに分けられます。

そもそも人が好きでないタイプは、人との距離感が遠すぎて、相手も親しみを覚えません。

そのため、恋愛においても中々距離が縮まらず、上手くいかないのです。

人が好きだけど人間関係が上手くいかないタイプも、人との距離感を間違えていることが多いです。

急に馴れ馴れしくしたり、相手と仲が深まる前にアプローチをして引かれてしまったり、嫌われてないかと心配しすぎてチャンスを逃したりします。

コミュ障な男性は、相手との距離感を間違える恋愛傾向にあるため、思うように距離が縮まらないのです。

好きになったら一直線

コミュ障の男性は、好きになったら一直線になる恋愛傾向にあります。

コミュ障の男性はいわゆる草食系と呼ばれるような、恋愛にあまり積極的ではないタイプも少なくはありません。

しかし、実際には恋愛に対して憧れを持っていたり、好きな人に対して内心では距離を縮めたいと思っています。

コミュ障の男性は女好きというタイプは多くなく、恋愛をする時は一人の女性に夢中になる傾向にあります。

恋愛そのものに中毒的になるような恋愛体質とは違うのですが、一度好きになるとその人のことしか見えなくなるのです。

コミュ障の男性は好きになったら一直線なため、その真っ直ぐな一途さが、良くも悪くも相手にギャップを感じさせるのです。

相互理解が困難

コミュ障な男性は、相互理解が困難という恋愛傾向があります。

コミュ障な男性は、人とのコミニュケーションに問題を抱えていて、自分の気持ちを伝えるのがあまり上手くはありません。

そのため、いくら言葉を尽くしたつもりでも、相手に自分の本当の気持ちを伝えられないことが多く、中々相手と分かり合えません。

また、自分の気持ちを伝えるだけでなく、相手の気持ちを解釈することもあまり上手くはありません。

そのため、自分だけでなく、相手の気持ちを誤解してしまうことも多くなるのです。

コミュ障の男性は気持ちを伝えるのも解釈するのも得意ではありません。

そのためお互いに相手のことを理解することが難しく、相互理解が困難な恋愛傾向になってしまうのです。

相手への理想が高い

コミュ障の男性は、相手への理想が高いという恋愛傾向があります。

コミュ障の男性はあまり恋愛経験が豊富なタイプではないのですが、その分恋愛に対して潔癖であったり、強い憧れを持っています。

恋愛の経験を重ねると、自分の理想と現実というものを段々と理解して、相手に対してあまりにも高い理想をもつことはなくなってきます。

また、恋愛だけでなくとも、普段から性別に関わらず様々な人とコミニュケーションを取っていると、理想があまりにも現実とかけ離れてしまうことも少なくなるものです。

しかし、コミュ障の男性は、そもそも人との関わりが上手くはありません。

そのため、人の考えや感性に触れる機会が減ってしまい、自分の考えや理想が凝り固まってしまいがちです。

結果的に相手への理想が高くなってしまうという恋愛傾向になり、現実とギャップが生じてしまうのです。