女性の垢抜けない顔の特徴7つ

女性の垢抜けない顔の特徴7つ

垢抜けない女性は化粧や身なりが洗練されておらず、ある意味素朴な人が多い傾向があります。

しかし、垢抜けない原因は化粧やファッションだけではなく、顔の特徴にも大きく左右されます。

そんな女性の垢抜けない顔の特徴をあげていきます。

女性の垢抜けない顔の特徴

髪型が流行おくれ

女性の垢抜けない顔の特徴として、髪型が流行おくれになっていることがあげられます。

髪型と顔は直接の関係がないように見えます。

しかし、髪型がお洒落かどうかで、垢抜けているかどうかの印象を左右するほど、強く影響を与えます。

垢抜けている人は、さりげなく流行を取り入れた髪型にしているので都会的で洗練された印象を持たれます。

髪型が流行遅れだと、それだけで野暮ったく見えてしまいます。

いくらファッションやメイクにはこだわっても、髪型の流行を抑えていないと一気に垢抜けない印象になるのです。

また、髪型によっては顔の特徴をカバーしたり引き立ててくれるので、髪型はとても重要なのです。

ヘアメイクのスタイリングが拙い

女性の垢抜けない顔の特徴として、ヘアメイクのスタイリングが拙いことがあげられます。

いくら生まれつきの美女でも、ヘアスタイルのセットやメイクなしで垢抜けるのは至難の業です。

垢抜けた洗練された印象を与えるには、ヘアスタイルとメイクは必須といえます。

しかし、あまりにスタイリングが拙いと垢抜けない野暮ったい印象になります。

ヘアメイクのスタイリングが拙い人が髪をひっつめて仕事用の地味なメイクをすると、垢抜けない印象になるのは目に見えています。

しかし、ヘアメイクのスキルが高い女性は、おなじようにセットしても垢抜けて見えるものなのです。

髪型のセットやメイクに不馴れだったり拙いセットをすると、野暮ったく垢抜けない顔になってしまうのです。

眉毛の形や色が似合っていない

女性の垢抜けない顔の特徴として、眉毛の形や色が似合っていないことがあげられます。

もし一つのパーツのみしかメイク出来ないとしたら、眉毛をメイクするという女性も多く、眉毛のメイクは化粧の基本でもあり重要なパーツです。

眉毛の形や色は流行によって細くなったり太くなったり、角度が変わったりと大きな違いがあります。

そのため、ひとたび流行から取り残されると垢抜けないダサさが出てしまいます。

もちろん流行をおさえただけでなく、自分に似合う眉毛の色や形にしなければ垢抜けることは出来ません。

眉毛のメイクが上手くなかったり色や形が似合わなかったりすると、一気に野暮ったく垢抜けない印象になってしまいます。

顔の無駄毛の処理が不十分

女性の垢抜けない顔の特徴として、顔の無駄毛の処理が不十分であることがあげられます。

いくら女性の体毛が男性よりも薄いとしても、顔の無駄毛がそのままになっていると悪い意味で人の目にとまってしまいます。

濃い毛の生える眉毛の無駄毛は特にしっかりと整えなければいけません。

他の部分はもちろん個人差もありますが、口の周りの産毛や頬の毛なども案外人に見られているものです。

ましてや、鼻毛が見えたりすれば垢抜けるどころではありません。

垢抜けている人は、必ずしも派手なメイクや格好をしている訳ではなく、欠点や粗が少ないのも特徴なのです。

もちろん、こういった無駄毛など気になるところもしっかり手入れしているのです。

顔の無駄毛の処理が不十分な女性は野暮ったく、垢抜けない印象になってしまうのです。

唇の色や形が似合っていない

女性の垢抜けない顔の特徴として、唇の色や形が似合っていないことがあげられます。

似合ったリップをまとった、ぽってりとした唇は魅力的なものです。

しかし、メイクのバランスが悪いと唇だけが浮いて垢抜けない印象を与えることがあります。

たとえば濃いリップカラーが流行りだからといって、何も考えないで安易に取り入れると野暮ったくなってしまうこともあるのです。

メイク全体から見てバランスが悪かったり、自分の唇の形に似合わなかったりすると、リップメイクが悪目立ちしてセンスが悪く見えるのです。

もちろん、唇の色や形は生まれつきのものもありますが、メイクでキレイに整えることが出来ます。

唇の色や形が似合っていない女性は、垢抜けない印象になってしまうのです。

アイメイクのセンスが悪い

女性の垢抜けない顔の特徴として、アイメイクのセンスが悪いことがあげられます。

日本人の若い世代では約半数が一重まぶたとも言われており、いわゆる醤油顔と言われる彫りの浅い顔立ちが多いのです。

彼女たちはメイクによっていかに目元を華やかで美しくするか日々研究しているのです。

特にコンプレックスがなくてもお洒落のためや、綺麗になりたいという向上心から、濃かったり派手なアイメイクをする人もとても多くいます。

しかし自分の顔立ちに合ってなかったり派手すぎるような、センスの悪いアイメイクをするとかえって野暮ったく見えてしまいます。

メイクのせいて品がなくなったり、不自然だったりとかえって魅力が損なわれるのです。

センスの悪いアイメイクは、女性の顔を垢抜けない印象にしてしまいます。

肌が荒れている

女性の垢抜けない顔の特徴として、肌が荒れていることがあげられます。

垢抜けた女性は、全ての人が美形という訳ではありません。

清潔感やセンスの良さが滲み出ることで、洗練されている垢抜けた印象を抱かせるのです。

肌は顔立ちとは違うので、垢抜けているか否かに一見関係がないように思えます。

しかし荒れていない綺麗な肌はそれだけで清潔感があり、センスの良さやその人の長所をより引き立ててくれます。

いくら顔立ちに恵まれていても、肌が荒れているとやはり気になってしまうものです。

そうなると、芋づる式に顔の欠点や粗が目立ってきてしまいます。

そのため肌が荒れている女性は、垢抜けない印象になってしまうのです。