華奢な体格の男性の魅力7つ

華奢な体格の男性の魅力7つ

世の中の女性達には、「がっちりした体格の男性が好き!」というタイプも居れば、「細身の体格の男性じゃないと無理!」というタイプも居ます。

そんな中でも、「華奢な男性が大好き!」という比較的少数派の女性が存在することをご存知でしょうか。

華奢な体格の男性は、人によっては「ナヨナヨしてる」「頼りない」とも言われてしまうものの、実はそこには沢山の魅力があるのです。

今回は、そんな「華奢な男性の魅力」を紹介します。

華奢な体格の男性の魅力

可愛らしく見える

華奢な体格の男性は、全体的に身体の線が細い為、何となく幼さや少年っぽさを残した体型をしています。

また、そこに「小柄」という要素が加わると、さらに「可愛らしい」という印象が強くなります。

とは言っても、本人からすればそんな体格にコンプレックスを持っている場合も多く、見る人によっては「細すぎる」「子供みたい」と感じる人も居ます。

しかし、そんな体格を好む女性は意外にも多く、「守ってあげたい!」「可愛い!」などと、彼らに対して「たまらない可愛さ」を感じているのです。

顔つきが童顔であればさらに可愛さが増大し、女性達は「可愛すぎる!」と身悶えるのです。

スキニーデニムが似合う

華奢な体格の男性を好む女性に話を聞くと、「スキニーデニムが似合う所がたまらない」という声が多く挙がります。

スキニーデニムは、本当に脚の細い人でないと着こなす事が出来ない、男女共に着こなしが難しいアイテムですよね。

その為、そんなスキニーデニムを華麗に着こなしている男性にキュンとする女性は多く、「スキニーデニムフェチ」を豪語する女性も一定数居るのです。

彼女達は、「スキニーデニムが似合うだけで恋に落ちかける」という独自の嗜好を持っている為、華奢な体格の男性にはたまらないドキドキを感じます。

スキニーデニムを履きこなす細く伸びた脚に、彼女達はこの上無い魅力を感じるのです。

全体のスタイルが良く見える

華奢な体格の最大の魅力は、やはり「スタイルがよく見える事」でしょう。

特に、身長が高い場合は「まるでモデルみたい」と感じるほどにスラッとした体型をしている為、お洒落なファッションも非常に映えます。

「太ってる男性は許せない」「ムダな肉を見るとイライラする」という女性にとっては、華奢な体格の男性こそ至高なのです。

華奢な体格はどんな洋服も綺麗に見える上、遠くから見てもずば抜けたオーラを発する事も出来る為、これほどに見栄えの良い体型はありません。

儚い

華奢な体格の男性を好む女性の中には、「色白であれば尚良い」という好みを持つ女性が存在します。

そして、華奢な体格×色白の両方を伏せ持った男性は、女性にも引けを取らないほどの「どこか儚い雰囲気」を放ちます。

この「儚さ」に魅力を感じる女性は多く、異性としてというよりも「造形美」として彼らの美しさを支持します。

このタイプの女性は「男らしすぎる男性は苦手」「ヤンキーみたいな人が苦手」という傾向が非常に高く、「ジェンダーレス的要素」を持った男性に弱いのです。

見る人によっては「女みたい」と感じてしまうその部分が、彼女達にとっては最大の魅力であるのです。

自分も意識が上がる

生きていれば「自分よりも細い男性」に出会う事は度々ありますが、そんな時に「自分よりも細いなんて無理、有り得ない!」と感じる女性も居れば、「羨ましい!ダイエットに精が出る!」と感じる女性も居ます。

後者の女性は、「自分よりも細い男性が居るとやる気を貰える」という意識の高いタイプである為、華奢な体格の男性を見ると「いいなあ!」「あれくらい細くなりたい!」と、憧れにも似た感情を持ちます。

その為、彼女達は「華奢な体格の彼氏」もウェルカムなのです。

そして、実際に華奢な体格の男性と交際している女性からは、「彼氏と居ると意識が上がるから助かる!」「やる気を貰ううちに本当に痩せた!」という声も多く、「華奢な男性の存在は意識が上がるから最高」という女性は少なくないようです。

面倒を見たくなる

華奢でどこか弱々しくも見える男性に対し、「私が面倒を見てあげたい!」「ご飯を食べさせたい!」と感じる女性は少なくありません。

特に「年下男子が好きな女性」にこの傾向は高く、華奢な体格の男性を見ると、まるで弟の面倒でも見るかのようについつい気にかけてしまうのです。

彼女達には「守ってあげたい」という母性や包容力が強い為、華奢な体格の男性は非常にたまらない存在です。

華奢であればあるほどその感情は強くなり、「ああ〜、弟みたいで可愛すぎる!」と感じてしまうのです。

ギャップが引き立つ

彼らは体格が華奢だからと言って、人柄や性格まで大人しいわけでは決してありません。

そして、一見「力が無さそう」「女の子みたい」「可愛い」というイメージを持ちやすい彼らですが、それでも男性としての力はしっかりあるのです。

その為、「重い物を運んでいたら、軽々と持ってくれた」「力仕事を代わりにやってくれた」という些細な事だけで「意外に男らしいじゃん!」と感動しやすくなります。

また、そんな可愛らしい外見に反して、時に男らしい表情や行動を見せると、女性はギャップによるドキドキを感じやすいのです。

やはり、「普段は男らしくない印象で通っている」という男性であればあるほど、二面性やギャップをより引き立たせる事が出来るのでしょう。