雄々しい女の特徴7つ

雄々しい女の特徴7つ

雄々しい人というのは、男性的で力強かったり、性格的に潔くさっぱりとした人のことです。

こうしたタイプは今や男でもそんなに多くはありませんが、厳しい時代を生き抜く雄々しい女というのも少なからずいます。

それでは、そんな雄々しい女の特徴を詳しくみていきましょう。

雄々しい女の特徴

頼りがいがある

頼りがいがあるのも、雄々しい女の特徴です。

雄々しい女は弱音を吐かず、仕事にもプライベートにも打ち込みます。

いつ見ても生き生きとしており、見ているだけでも元気になるような人です。

アクティブでタフなので、困ったことがあるとつい頼りたくなってしまうのです。

明るいタイプが多いので、悩みや愚痴も気持ち良くさっぱりとした態度で聞いてくれます。

また、仕事面でも頼りになるため、人からの相談もよくされるのです。

親しい人などは、その仕事ぶりや生活のハードさに、いつ休んでいるのだろうと不安になるくらいです。

雄々しい女は明るくタフで、能力も高いため、とても頼りがいがあるのです。

仕事が出来る

雄々しい女の特徴として、仕事が出来ることがあげられます。

雄々しい女はメンタル面でも安定しており、タフに見えるため人から頼りにされます。

メンタル面のみならず実際の仕事能力が高いのも特徴なのです。

仕事に対するプライドや責任感も人一倍強く、任せられたこと以上の成果を出します。

自分に対してとても厳しいので、辛い仕事も投げ出さず最後までやり遂げます。

雄々しい女は男でも音を上げてしまうような難しい仕事やハードな仕事もこなすため、周囲から信頼され一目おかれています。

長身でカッコいい

雄々しい女は、長身でカッコいいという特徴をもちます。

雄々しいというのは内面的な評価が主で、長身な女性が全てがそうと言うわけではありません。

しかし、外見的な特徴や傾向というものも少なからずあります。

日本人はもともとあまり身長が高くなく、長身なだけでも注目を浴びることも少なくありません。

目立ちたがるタイプとは違い、自然と人からの注目を浴びる人というのは、人目を意識せざるを得ません。

そうなると、自分を批判的に見ることが出来て内面的な成熟も進みます。

自分を客観視出来るため、人から見た自分というものもしっかりとイメージすることが出来ます。

日本では良くも悪くも長身という特徴は目立つことが多いです。

女性は女性らしくという意識も根強く、長身な女性をらしいと思わないような人も少なくありません。

そのため、長身な女は女性らしくふるまうことをせず、女性的でなくカッコいいという人からのイメージを演じることが多いのです。

そのため、雄々しい女は長身でカッコいいタイプが多くなるのです。

学歴が高く能力が高い

雄々しい女は学歴が高く能力が高いという特徴があります。

雄々しい女は何事にも積極的で責任感も強く、プライベートはもちろん、若い頃から勉強や部活動なども精一杯打ち込みます。

そのため、学歴が高い場合が多いのです。

勉強や部活動などに打ち込んできた人は少なくありませんが、雄々しい女の良いところは、プライベートにも手を抜かないところです。

友達も多く、人間関係を上手に構築したり、トラブルを解決する力にも長けています。

仕事というのは、純粋に仕事だけしていれば良いという訳ではなく、人間関係のトラブルや雑務など面倒なことも含まれるのです。

そのため、頭は良くても仕事が出来ないといった人も出てきてしまいます。

しかし、雄々しい女は若い頃から何事にも精力的なために、学力以外にも様々な能力が高く仕事も上手くいくのです。

気取らずさっぱりとしている

雄々しい女は気取らずさっぱりとしているという特徴があります。

雄々しい人は、女々しい人とは正反対です。

雄々しい女は、小さいことにくよくよしたり、引きずったりしません。

カラッとした人が多く、多少のことはすぐに水に流します。

気取ってないので、初対面の人からも好感を得られやすく、付き合いが長い人からも気持ちのいい人柄が高い評価をされます。

辛いことや苦しいこと、過去の嫌だったことなどは誰にでもありますが、雄々しい人はそういったことに目を向けません。

常に前を見て、自分のすべきことに邁進していきます。

はっきりと物を言う

雄々しい女は、はっきりと物を言うという特徴があります。

雄々しい女は小さいことにこだわらない気持ちのいい人です。

そのぶん、曖昧なことを嫌う傾向があり、物事をはっきり白黒つけるタイプです。

良くないと思ったことはきっぱりと否定したり、人の欠点を指摘することもあります。

そのため、時々人を傷付けてしまうということもあります。

また、分かりにくい人や、納得いかないことに対してはかなりはっきりと物を言うため、時には人とぶつかることもあるのです。

しかし、雄々しい女は筋の通らないことはしないので、たとえ人とぶつかっても嫌われることは滅多にません。

ユーモアのセンスがある

雄々しい女は、ユーモアのセンスがあるのも特徴です。

雄々しい女は豪快ではっきりとした物いいを好みますが、嫌われることはありません。

その要因として、ふるまいや言葉に筋が通っているということもあります。

それに加えて雄々しい女はユーモアがあるタイプが多いため、恨まれないというところも大きいと言えます。

雄々しい女はきっぱりと他者を批判したり欠点を指摘することもあるのですが、そのことをいつまでも責めたりはしません。

たとえ批判した相手でも気まずくならず、持ち前のユーモアで笑わせることが出来るのです。

そのため、キツいことを言われた時に相手が傷ついても、一緒にいるうちに明るく楽しい気持ちにさせられるのです。

雄々しい女はユーモアのセンスがあるので、人から恨まれたり嫌われたりしないのです。