甲斐性なしな女の特徴7つ

甲斐性なしな女の特徴7つ

甲斐性なしという文句は、昔から稼ぎの良くない人や、生活能力のない男性を揶揄する時に用いられてきました。

しかし今や男女平等です。

経済力や生活能力のない女性も甲斐性なしと言われて、厳しい評価をされます。

そんな甲斐性なしな女の特徴を、具体的にあげていきましょう。

甲斐性なしな女の特徴

体力がない

甲斐性なしな女の特徴として、体力がないことがあげられます。

仕事が出来る人と言うのは、ほとんどの場合能力だけでなく体力もあります。

男性に比べて、女性は体力が劣るのはある程度仕方ないことだとも言えます。

しかし、人並み以上に仕事や勉強で結果を残すには、やはり体力は重要な要素です。

もし能力が高くても重要な場面で体調を崩してしまったり、時間が差し迫っている場面で踏ん張りがきかなければ、チャンスを逃してしまいます。

遠方に出向いて仕事をしなければいけないとしたら、移動だけでも疲労し、パフォーマンスが鈍るということも考えられます。

体力の有無は仕事の質や量に影響し、甲斐性なしな女は体力がない傾向があるのです。

向上心に欠ける

甲斐性なしな女は、向上心に欠けるところがあります。

甲斐性のある人は、向上心をもって小さなことからコツコツと努力したり、忍耐でどんどん成長していきます。

しかし、甲斐性なしの女は向上心がなく、高みを目指して努力や忍耐で成長することはありません。

能力が高くて体力があっても、向上心に欠ける人間は結果を出し続けたり、より良い成果を目指すことはありません。

甲斐性なしな女は何事にも意欲に欠けて、更なる高みを目指して努力したり、困難な場面で諦めずに粘ることが出来ません。

そのため、仕事でもプライベートでも成長がなく、甲斐性なしになってしまうのです。

出世を望まない

甲斐性なしな女の特徴に、出世を望まないことがあります。

出世をするということは、地位や収入が上がるため、とても名誉なことです。

しかし、仕事が増えたり責任が増したりと、良いことだけではなく大変なこともあります。

甲斐性なしな女はそういった大変な面を気にかけてしまい、仕事で重要なポストにつくことは嫌がります。

女性は男性に比べると体力的に恵まれなかったり、人と競争することを苦手とする人も少なくありません。

また、女性は仕事結婚や出産、その後の子育てなどの重要なライフプランもあります。

そのため、能力的に優秀でも出世を望まないという人もいます。

仕事をするからといっても、必ずしも出世を目指さなくてはならないわけではありません。

しかし、責任が増すことや、仕事が増えることを漠然と嫌がって出世を望まないと、何かを得ることは出来ません。

そのため出世を望まない女性は、年齢を重ねても収入も地位も低いままの甲斐性なしな女になってしまう傾向があるのです。

仕事に対する熱意がない

甲斐性なしな女は、仕事に対する熱意がないという特徴をもちます。

甲斐性なしな女は、仕事は生活していくためのものだという認識で、仕事そのものに対しては熱意も興味もありません。

熱意を持って仕事に取り組めば、誰も成し遂げなかった成果を勝ち取ったり、質の高い仕事をすることにも繋がります。

仕事に対してやる気がなかったり真面目に取り組まないと、成果が出なかったりミスがふえたりもします。

仕事は生きていく上で必要不可欠なものであり、好き嫌いでやるものではありません。

しかし、熱意もなく取り組むと、仕事の質は落ちてしまいます。

常に熱意を持つのは、難しいことではあります。

しかし、あまりにも熱意に欠けた仕事を続けると、甲斐性なしな女になってしまうのです。

野心がない

甲斐性なしな女は、野心がないという特徴があります。

甲斐性があるというのは、単純に能力が高いというケースもありますが、意欲や行動力などの積極性も大切な要素です。

甲斐性なしな女は積極性に乏しく、最低限の仕事しかしません。

体力もあまりない傾向がありますが、積極的になれない原因のほとんどは、精神的な部分に問題があります。

甲斐性なしの女は野心がなく、夢や確固たる目標を持つことが出来ません。

そのために何事も意欲や行動力などの積極性に欠け、人と競争したり、自分を高めるようなアクションも取らないのです。

甲斐性なしな女は野心がないため、意欲や行動力が低く、成果を得られないのです。

男性に依存している

甲斐性なしな女は、男性に依存しているという特徴をもちます。

甲斐性がある人は、性別に関わらず自分の夢や目標に向かって忠実に取り組み、異性に依存しません。

異性に依存するどころか、相手を支える傾向があります。

誰かを支えるということは、その分重い責任や重圧がかかります。

大変な生き方ですが、自分自身の能力を伸ばしたり、精神的にも成長することが出来ます。

一方で、甲斐性のない女は、自分の夢や目標もなく、自分自身の事も自分では決められず、努力もしません。

自分のことも自分ではやりきれないため、誰かに依存した生活を望む傾向があります。

男性に依存した生き方は楽ですが、自分で成長したり何かを得たりすることは出来ません。

甲斐性なしな女は男性に依存しているため、自分自身の成長や成功から遠のいてしまうのです。

仕事の能力が低い

甲斐性なしな女は、仕事の能力が低いことが特徴です。

甲斐性がある人というのは、意欲的な態度や行動力に加えて、仕事能力が高い傾向があります。

もちろん、意欲的な態度や行動力は仕事において大切なものです。

それに加えて、現代社会は仕事に求められる知識やレベルが高くなってきています。

シビアなようですが、いくら意欲があっても知識や経験など含めて実際の仕事能力がなければ評価されません。

そのため、意欲や積極性などを抜きにして、仕事能力が低い女性は、甲斐性なしな女という評価になってしまうのです。