気を持たせる女の特徴7つ

気を持たせる女の特徴7つ

あなたの周りに、男性をその気にさせるのが上手い小悪魔的な女性はいないでしょうか?

普通の女性は、その気がないくせに男性の気を引こうとする意味が分かりませんよね。

今回は、気を持たせる女の特徴についてご紹介していきます。

気を持たせる女の特徴

自分のことを可愛いと思っている

気を持たせる発言や行動をするには、少なからず自分に自信がないとできることではありません。

同性から見るとナルシストでぶりっこな面が癪に障りますが、多くの男性は女性の可愛らしい振る舞いにまんまと心を奪われてしまうのでしょう。

しかし、女性の見立て通り、全ての行動は計算づくめで、自分の可愛さを知っての行動なのです。

男性可愛いと思ってもらえることや、男性からの「可愛い」の言葉が何よりも、自分へのご褒美になっているのでしょう。

男性に気に入られる事ばかりに夢中になると、男性の前と女性の前だと明らかに態度が違ってきて、女性陣から総スカンを喰らうことになるのは言うまでもありません。

ボディータッチが激しい

小悪魔女子が男性の気を引こうとと、ベタベタボディータッチするのは常套手段です。

その男性に好意がなくても、サラッとそういう事が出来てしまうのは、普通の女性からしたら信じられないでしょう。

男性も、会話の途中、可愛い女子からさりげなくタッチされたら気になってしまいますよね。

気を持たせる女は、あっちの男性にも、こっちの男性にもタッチして、あたかも好意があるように見せかけて男性を惑わせていくので、気安く触られて自分だけにそうしていると浮かれていると、あとで傷つくのは純粋に信じた男性です。

露出の多い服を着る

胸元が大きく開いた服や、肩が出るオフショルダー、ミニスカートなど、露出の多い服を頻繁に来ている女性は、モテたい願望が強く、男性の目を意識しているのでしょう。

手っ取り早く男性の興味を引こうと思ったら、露出度を上げて、視覚からアプローチするのが一番簡単だからです。

露出の多い服を着て外に出かければ、大抵期待通り、多くの男性からのお誘いはあるでしょう。

ただ、寄ってくるのは体目当ての男ばかりで、いくら気を持たせても、本気の恋愛に発展しそうな気配はありません。

けれども、今までこのような方法で、色気を使ってしか男性を落としたことがない女は、懲りずに色気を使って男性を落とすことしか頭に浮かばないのです。

カラオケではモテ歌ばかり選曲する

男性の気を引くことに夢中な女とカラオケに行くと、決まって歌うのは、恋の歌や、しっとりバラードのモテ歌ばかりです。

わいわいみんなで楽しく歌えるような弾けるナンバーは選択しません。

女同士でカラオケに行った時にもモテ歌を歌うのは、男性の前で歌うための練習なのではないでしょうか?

いざ合コンでカラオケに行った時には、日頃の練習が発揮されます。

可愛く両手でマイクを握り、お決まりのモテ歌を披露すると、男性たちからは「可愛い〜!」の嵐です。

「そんなことないよ!」と照れてみるも、狙い通りに男性のハートを掴めたことにご満悦の表情を浮かべています。

彼氏がいても他の男性に甘える

気を持たせる女は、基本的に甘えん坊で甘え上手です。

お付き合いしている彼氏がいたとしても、その場に彼がいない時には、他の男性にも肩に寄りかかったり、上目遣いで見つめたり、甘えたがります。

気を持たせる女は、聞かれれば彼氏がいる事を答えるかもしれませんが、聞かれない限り彼氏の存在を伝えないまま、他の男性に甘えることが多いようです。

彼女の誘惑にハマってしまった男性は、あとになって周囲から、彼女のが彼氏持ちだという真実を聞いて激しく落ち込むことでしょう。

そんなことは御構いなしで、自分の気分次第で男性の気持ちを弄ぶのです。

女としての価値を確かめたい

男性に気を持たせるのはある種のゲームのように考えているのでしょう。

男性に好かれるイコール女としての価値が高いという風に、自分の中で勝手に決めつけているのです。

ですから、男性が居る場所は、自分の価値を確かめられる格好の場であり、あの手のこの手で自分の魅力をアピールしていきます。

いつもそんなことばかりやっているので、男性を見ただけで、どのようなアプローチが効果的か分かってしまいます。

気を持たせる女は、ファーストインプレッションは完璧で、初めて彼女に会った男性は、魅力的な女性を見つけたと勘違いしてしまうでしょう。

男性を味方につけたい

男性に気を持たせておくのは何の為かというと、大抵の女は、男性好意を持たせておけばいざと言う時に自分の味方になってくれるからと考えているからでしょう。

確かに、いざという時に味方になってくれる人がいれば、精神的にもとても安心できます。

既に社内にも、1人、2人絶対に自分を裏切らない男性を味方に付けて自分の立場を守っているのでしょう。

趣味の仲間内でもそう、同級生の中にも、とりあえず自分が置かれている集団の中の男性に気を持たせておいて、自分が居心地良く活動できるように畑を耕しているのです。