器用な男性の恋愛の特徴7つ

器用な男性の恋愛の特徴7つ

仕事も出来て、人付き合いも上手で、何もかもスムーズに出来てしまう器用な男性が世の中にはいるものですよね。

そういう男性は、恋愛でも器用さを発揮して、幸せな恋愛を育んでいます。

今回は、器用な男性の恋愛の特徴についご紹介していきます。

器用な男性の恋愛の特徴

連絡先をスマートに交換できる

器用な男性は、人と接する時にも、人の警戒心を解きほぐすのがとても上手で、すぐに知り合った人と良い関係を築くことができます。

プライベートでも仕事でも、まずは相手の連絡先をゲット出来れば、これからの関係性をより深める近道となりますよね。

相手が異性となれば、連絡先を聞くのを躊躇ってしまうという男性も多いようですが、器用な男性は、いとも簡単に女性と連絡先の交換ができてしまいます。

ポイントは、連絡先が交換できそうな雰囲気を察っしたら、そのチャンスを探さないことです。

爽やかに言葉を交わした後で、あくまでも自然に連絡先を聞くので、女性から警戒心を持たれる事はありません。

女性の好みが偏っていない

理想が高く、女性に求める条件が多い男性や、マニアックなフェチがあるとどうしても、恋愛が始めにくくなります。

その点、器用に恋愛を楽しんでいる男性は、女性の好みが偏っていないので、出会う女性に対して偏見がなく、素敵な女性と巡り会うチャンスを掴みやすいのです。

歴代の彼女を振り返ってみても、あまり共通点が見当たらない場合が多く、「好きになった人がタイプ」という恋愛観を持っているのでしょう。

年代によって、異性の好みが変わっていくというのは至って健全で、人生経験を重ねてきたからこそ、成熟したものの見方ができるようになった証でもあります。

器用な男性は、いつまでも、女性の容姿だけに囚われず、内面の美しさや、その人の付加価値に惹かれていくのでしょう。

失恋してもすぐに彼女ができる

器用な男性の恋愛をトータル的に見ると、当然浮き沈みもありますが、沈んだ時からの挽回が早いのも特徴です。

器用な男性は、女性から見ても魅力的に見えるので、女性からはかなりモテるタイプです。

今まで友達として付き合っていた女性も、実は「彼のように何でも出来ちゃう人と付き合ってみたいな。」なんてことを密かに思いながら友達関係を続けていたという人もいるでしょう。

器用な男性が失恋するのを待機している人も少なくありません。

失恋の傷を癒そうと、女友達と食事に行ったり、会社の打ち上げで飲み会に参加した時に、新たな恋人候補が出現して、あっという間にに新しい恋が始まるパターンが結構あります。

女性の方からデートの誘いが来る

器用にいろいろできてしまうと、女性から尊敬の眼差しを向けられることも多く、嬉しいことに女性の方からデートのお誘いがあったりします。

不器用な男性からすると、かなり羨ましいですよね。

普段から、女性の信頼を獲得していると、

「仕事の相談に乗ってくれませんか?」

「ワインの美味しいお店を知っていたら連れて行ってくれませんか?」

なんて、女性の方から積極的に誘ってくれるのです。

直接的に女性を口説くテクニックを磨くよりも、まずは知識を深めたり、仕事に情熱を注いで、女性から信頼される男性になることを目指してみましょう。

とにかく、器用な男性は女性からモテるので、器用な男性とお付き合いした時は、ライバルがたくさん居ることを覚悟しておいた方が良さそうです。

恋愛が仕事に影響しない

恋愛も上手くいかないと、仕事も上手くいかなくなってしまう男性もいますよね。

女性ならともかく、男性が恋愛如きで仕事をおろそかにするなんて、みっともなくて仕方がありません。

器用な男性は、例え恋人と喧嘩中だろうが、恋の悩みがあろうが、失恋直後であろうが、仕事は仕事と割り切って、仕事に私情をを挟むことはありません。

後から、実は恋愛がうまくいっていないと聞かされて、周囲は驚くことでしょう。

辛い状況に置かれていても、やるべき事はきちんとこなし、バシッと決めてしまうところが、多くの女性たちのハートをつかむのです。

時々女性に弱みを見せる

完璧な姿ばかり見せられては、尊敬や憧れは抱くものの、親近感を感じられず、恋愛対象には思えません。

器用な男性は、自分の優れた面とダメなところを絶妙に見せるので、女性たちが夢中になってしまうのです。

実際に、男性が自分に弱いところを見せてくれると嬉しいという女性はたくさんいます。

いつも泣き言ばかり言っている弱い男性は論外ですが、出来る男が自分の前だけで弱みを見せてくれたら、そのギャップにイチコロになってしまいますし、母性本能が刺激されて、守ってあげたいと思うでしょう。

そんなこんなで、器用な男性は、女性の心を上手にコントロールして離さないのです。

結婚適齢期に結婚する

恋愛観と、結婚観は別物なのかも知れませんが、器用な男性たちを見ていると、うまい具合に、恋愛と結婚のバランスを取って、結婚適齢期には生涯の伴侶と巡り合い、結婚して幸せな家庭を築いています。

幸せな人生を送るために、自分の人生の中に、きちんと恋愛を組み込んでいるのでしょう。

結婚適齢期をのがせば、どんなにモテてきた男性でもそのうち女性を選べる立場ではなくなってしまいます。

そうなる前に、しっかりと素敵な女性を見定めて捕まえておくのが器用な男性の恋愛の仕方なのです。