京都女性の特徴は?

京都女性の特徴は?

男性が好きな女性の方言第1位は、みなさんご存知の京都弁です。

はんなりとした京言葉で話す女性は、おっとりとした印象でとても可愛らしいですよね。

今回は、そんな京都女性の特徴について詳しくご紹介していきます。

京都女性の特徴

気配り上手

京都女性と接してみて分かるのは、思いやりがあり、とても気配りができる女性だということです。

京都の女性は、若い女性でも感心するほど良く気遣いが出来るので、一緒に居てとても癒されるのです。

穏やかではんなりしているかと思いきや、しっかり周囲の状況を把握しています。

いつも周囲の様子を気遣っているので、友達が困っている様子だとサッと救いの手を差し伸べられるのです。

寒い日の待ち合わせでは温かい飲み物を買って待っていてくれるなど、女性らしく細やかな京都女性の気遣いに癒されることでしょう。

日本有数の観光地という土地柄、京都女性の心の中には、いつもおもてなしの心遣いがいきづているのです。

和の文化に関心が高い

お寺や舞妓、和菓子にお茶など、京都には昔ながらの和の文化が受け継がれてきました。

京都に生まれ育った女性は、幼い頃から日本の文化に慣れ親しんでいるので、日本の文化をもっと知りたい!という人は是非、京都生まれ、京都育ちの女性と親しくなるのがオススメです。

上手なお寺巡りのしかたや、京都の街の歩き方丁寧に教えてくれるでしょう。

京都の女性はなかなか料理上手な人も多いようです。

家庭的で料理上手な京都の女性は慣れ親しんだ京都の和食を作っておもてなしくれてくれるでしょう。

本音と建て前の使い分けが上手い

礼節を重んじる文化がいきづいた京都で暮らす女性は、本音と建て前を上手に使い分けてコミニケーションをはかります。

自分がよくお世話を使って話すからこそ、人の言うお世話にはすぐに気付いてしまいます。

普段からお世話にはお世話で返したりと、難なく上辺の付き合いをこなしているので、恋愛ではストレートに愛の言葉をぶつけて欲しいと願っているのです。

京都女性と本気で仲良くなりたければ、勇気を持って腹を割って話してみましょう。

京都女性に恋した時も、駆け引きはせずに男らしく真正面から素直な気持ちを伝えていきましょう。

おしとやかで品がある

なんといっても京都女性の魅力は気品溢れる気高さでしょう。

気高いと言っても、自分優位で出しゃばるような女性は少なく、おしとやかで正に大和撫子と言う言葉がピッタリでしょう。

気遣いが出来る京都の女性は、男性を立てることを忘れません。

家族の前では、自由に振る舞っていても、1歩外に出れば、父親や、兄、夫など、男性陣をしっかり立てて自分は後ろに1歩下がります。

初めて京都女性に接した他の都市出身の男性はは、「なんて奥ゆかしい女性なんだろう…。」と心を打たれるに違いありません。

お上品でおしとやかな雅な女性の振る舞いにメロメロになってしまうことでしょう。

プライドが高い

優雅な雰囲気の漂う京都女性たちは、自分に誇りを持っており、プライドが高い傾向があります。

おしとやかで、頷きながら人の話をよく聞いてくれるのですが、命令口調で支持されたり、横柄な態度を取られるとへそを曲げて口も聞いてくれなくなってしまうかもしれません。

特別扱いやお姫様扱いされないわけでは決してありませんが、京都女性のヘソを曲げさせない為には常識的な振る舞いを心掛けて下さい。

京都女性は、一度でも失礼な態度を取られプライドを傷つけてきた相手のことをおすれません。

また、初対面から馴れ馴れしくされるのも好きではない為、適度な距離感を保つようにしましょう。

芯が強い

京都の女性には凛とした美しさがあります。

大人しそうに見えていても、実は芯が強く、一度決めた事は徹底して貫き通します。

子供の頃に抱いた夢に向かってまっしぐらに突き進み、なりたかった自分を叶えていくでしょう。

ですから、お付き合いすると決めたら、他の男性にフラフラしたり、浮気をする事は無いのでご安心ください。

ただし、芯の強い京都の女性は、「もうやり直せない!」と一旦思ってしまったら、もう二度と気持ちが戻る事はないので、復活愛の希望は限りなく薄いでしょう。

彼女を本気で怒らせてしまったら、友情も恋も今まで築き上げてきた絆がゼロになってしまいます。

とは言え、普段は温厚な京都女性ですから、過度に心配する必要はありません。

自然体でフレンドリーに接してあげましょう。

自立心がある

京都に住む人たちは、精神性が高く、男性も女性も大人な価値観を持っています。

早くから親元で離れ、自分の力で生きていく自立心を持っているのです。

実家に住めば生活費もあまりかからないというメリットもありますが、そんなメリットよりも、自分一人で自分のことをやっていくという意識が強い人たちなのです。

結婚しても、旦那さんの収入だけで生活しようと思う人はあまりいないようです。

夫からお小遣いをもらってやりくりするのは京都女性の性には合わないようで、自分自身も仕事をして、自分で稼いだお金で好きな洋服を買ったりたまにはランチを楽しんだり誰にも気を使うことなく自由にお金を使いたいと思っているのでしょう。

京都女性のお金の管理や、使い方はとてもスマートで見習うべきところがたくさんあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA