男性をキープする女性心理7つ

男性をキープする女性心理7つ

付き合っている彼氏が居るというのに、何故か「キープ的な存在の男性」を複数人持つ女性。

彼女達は、何故恋人が居るにも関わらず、男性をキープするのでしょうか。

その理由を深堀りしてみると、普通の人にはにわかに理解しがたい様々な理由がありました。

今回は、そんな「男性をキープする女性」の心理を紹介します。

男性をキープする女性心理

彼氏を途切れさせたくない

男性をキープする女性は、彼氏と破局したとしても、すぐにキープしている男性の中から新しい恋人を選出しますよね。

このように、男性をキープする女性の最大の特徴は、なんといっても「彼氏が途切れない事」です。

彼女達は、現在の恋人と別れた場合の未来を見据え、常に先回りしてキープを用意しています。

その理由は、ずばり「日頃から代打の男性を揃えておけば、いざという時にも困らないから」です。

彼女達は「恋人を途切れさせたくない」という強いこだわりがあるゆえ、このような行動に出るのです。

その行動には、つい「そこまでして恋人を途切れさせたくないものか?」と感じてしまいますが、彼女達にとって恋人とは絶対に欠かせない存在であるようです。

寂しがりや

「男性をキープする女性」と聞くと一見マイナスなイメージを持ちますが、実は彼女達には「寂しがりや」という意外な特徴もあるのです。

彼女達は「常に男性に囲まれていないと不安」「承認欲求を満たしてほしい」「いつでも甘えられる相手が常に居てほしい」という潜在意識が働いている為、キープを作らずにはいられません。

最も、「その寂しさは本来男性ではなく他の物で埋めるべきなのでは?」と感じてしまいますが、それは出来ないようです。

ある意味男性という存在に依存している彼女達は、沢山の男性に囲まれる事でしか寂しさを埋められません。

また、寂しがりやで構ってちゃんな性格ゆえ、彼氏だけを一途に想う事が出来ず、浮気をしてしまう事も多々あるのです。

ちやほやされたい・モテたい

彼女達は「男性にちやほやされたい」「モテたい」、そんな気持ちが強すぎるあまり、常に自分の周りに男性を従えさせようとします。

彼氏一人の存在だけでは満たされない為、「常に大勢の男性好かれている自分でありたい」という意識が高く、何人ものキープを作る事がやめられないのです。

また、彼女達には「好意を持たれる事にステータスを感じる」という特徴がある為、自分に気のある男性の事をうまく利用します。

とは言っても、「自分に好意に持った男性に釣った魚に餌はやらない」という厄介さも持ち合わせている為、キープされている側からすればたまったものではありません。

また、その行動が彼氏にバレた場合は「何を考えてるの?」「意味が分からない」と怒りを買ってしまう為、彼女達の自由奔放な行動に振り回されている人は少なくないのです。

困った時に頼れる男性が欲しい

「誰かと食事に行きたい気分の時は〇〇くん」「送り迎えしてほしい時は〇〇くん」など、用途に応じて男性を使い分けている女性が存在します。

彼女達は、困った時に彼氏に頼るのではなく、目的に応じてキープの男性を利用するのです。

そんなある意味効率の良い生き方には感服せざるを得ませんが、周囲から見れば「理解出来ない」「都合が良すぎる」と感じてしまいます。

しかし、当の本人達は「困った時は適当に誰かを呼べば良いや」とあっけらかんとしている為、どうにも出来ないようです。

それぞれに良い所があり選べない

彼氏が居るにも関わらず沢山のキープを持つ彼女達は、「彼氏の事は好きだけど皆の事も好き」という斜め上の発言をします。

確かに彼氏の事は好きであるものの、キープしている男性陣にもそれぞれ良い所がある為、そんなこんなでキープを大量発生させてしまうのです。

その為、「一応本命は彼氏だけど、他の皆を切る事は出来ない」という考えに行き着き、器用に男性を使い分ける生活を送ります。

彼女達は気分に応じてデートをする相手を変えてはその生活を楽しんでいるのです。

言うなれば、彼氏の事を本気で愛してはいないからこそ、このような行動を取る事が出来るのでしょう。

来る者拒まず去る者追わずな性格

男性をキープする女性は、そもそも「男好き」である事がほとんどです。

その為、男性に対して壁を作らず、男性であればどんな相手にも積極的に近付きます。

そんな生活を送っていると、「今度遊びに行かない?」「LINE交換しない?」と誘ってくる男性も多く出現します。

そんな時、彼女達はそれを迷わず喜んで受け入れる為、気付けばキープが沢山居るという状況になるのです。

このような「来る者拒まず去る者追わず」という性格をしている為、なんとも中途半端な人間関係を築いているのです。

彼氏との関係に潮時を感じている

恋人が居る女性であれば、誰しもが「彼氏とそろそろ別れようかな」「そろそろ潮時かな」と感じる瞬間がありますよね。

男性をキープする女性は、そんな状況を瞬時に察知し、すぐさま「次の恋人候補を探さなければ!」と素早く行動するのです。

そして、彼氏との関係の潮時さを感じれば感じるほど、キープの男性の数も増えていきます。

このようなタイプの女性達はある意味効率の良い生き方をしている為、彼氏と潮時になった際、すぐに気持ちを切り替えて恋人を探す事が出来ます。

しかし、普通の人から見れば「潮時なら早く別れたら良いのに」「そこまでして必死になる意味はあるの?」と否定的に感じてしまいます。