金食い虫な旦那の特徴7つ

金食い虫な旦那の特徴7つ

幸せになれると思って結婚したのに、いつもお金がなくて辛いという女性は少なくありません。

特に、収入があっても全部使ってしまうような金食い虫な旦那の妻は、ほとほと困っているものです。

そんな金食い虫な旦那の特徴を、詳しく見ていきましょう。

金食い虫な旦那の特徴

経済観念が確立していない

金食い虫な旦那の特徴として、経済観念が確立していないことがあげられます。

結婚する年頃になっても金食い虫になっている人というのは、人として未熟なところがあると言わざるを得ません。

節約や我慢が嫌いでも、お金を使うことが嫌いだという人はあまりいません。

美味しいものを食べたり、旅行したり、趣味に没頭したりと、お金が素晴らしい体験をもたらしてくれるのは事実です。

しかし、結婚すれば家族の生活や将来のためにお金を使わなければいけません。

金食い虫な旦那は、考えが未熟で経済観念が確立していないため、自分のために使ってしまったりお金を浪費してしまうのです。

妻を母親だと思っている

妻を母親だと思っているのも、金食い虫な旦那の特徴です。

母の愛は無償の愛と言われ、母親は子供に対して献身的に支えます。

金食い虫な旦那は、母親に依存した子供時代を過ごしている人も多く、妻を母親だと思っているところがあるのです。

そのため、好きなことにばかりお金を使ってしまい、生活の全てを妻に任せてしまいます。

しかし、結婚というのは子供のように相手に甘えてばかりはいられません。

相手と対等の立場になって、家庭と家族を支えていかなければならないからです。

金食い虫な旦那は、妻を母親扱いしていつまでも甘えるため、経済的にも全く頼りにならないのです。

大人になりきれていない

金食い虫な旦那の特徴として、大人になりきれていないことがあげられます。

結婚というのは、幸せなことも沢山ありますが、心が子供のままでは生活が破綻してしまいます。

子供のように好きなことだけしていては収入が得られませんし、生活にかかるお金や、将来のことを考えなければ家庭は成り立ちません。

しかし、金食い虫な旦那は大人になりきれていないので、お金の使い方に問題が出ます。

生活に必要なお金がいくらなのかなど具体的に考えておらず、将来のことも考えていません。

お金ばかりがかかって将来が不安になってしまうため、妻には金食い虫な旦那だなと思われてしまうのです。

独身時代の金銭感覚を変えられない

金食い虫な旦那の特徴として、独身時代の金銭感覚を変えられないということがあげられます。

金食い虫な旦那のタイプには、大きく分けて育ちに問題がある場合と、自己コントロールに問題がある場合に分けられます。

育ちに問題がある場合は親を見れば分かりますが、しっかりとした家庭で育ってきたのに金食い虫になってしまう男もいるのです。

特に、良い教育を受けて高収入な人にも、自己コントロール出来ずに金食い虫な旦那になる人がいます。

その多くは、独身時代の金銭感覚を変えられないためです。

独身時代は収入の全てを自分に使うことが出来ますが、家庭を持てばそうはいきません。

様々な出費が増えますから、自分で意識改革をしなければ、お金が足りなくなってしまうのです。

そのため、金食い虫な旦那は独身時代の金銭感覚を変えられないという人が多いのです。

子供時代に我が儘だった

金食い虫な旦那の特徴として、子供時代に我が儘だったことがあげられます。

子供のころの習慣というのは、年を重ねても中々変えられないものです。

子供時代に何でも好きなものを買ってもらったり、お小遣いをねだって沢山もらったという我が儘なタイプは、金食い虫になる傾向が極めて高いです。

お金を得るには、その分の働きや見返りを差し出すほかありません。

しかし、子供時代に我が儘だったタイプは、見返りとしてお手伝いをしたり、将来立派になろうなどとは考えず、駄々をこねて物やお金を得てきています。

大人になれば、自然とそれが恥ずかしいことだと思うので、そんな行動はしないものです。

しかし、子供時代に我が儘だった人は感覚が麻痺してしまい、大人になっても我が儘が直らない金食い虫な旦那になってしまうのです。

親のお金をあてにしている

金食い虫な旦那の特徴として、親のお金をあてにしていることがあげられます。

金食い虫の旦那かどうかというのは、結婚してみないと分かりません。

しかし、出来れば結婚前に知りたいというのが女性の正直な気持ちですよね。

そんなときは、彼の親に対する態度をチェックするのがおすすめです。

金食い虫な旦那は、妻など人のお金をあてにするのですが、男性の多くは妻の前ではかっこつけたいものです。

そのため、妻に依存するのは最終手段であり、妻や彼女の前に高い確率で親に頼ります。

ことあるごとに親にお金を借りたり、親のお金を平気で使う男性は、金食い虫な旦那になる可能性が極めて高いです。

実際に、金食い虫な旦那は妻のみならず、親のお金をあてにしています。

現時点で金食い虫な旦那ではないなと思っても、親のお金を貰えなくなった時に金食い虫な旦那になる要素があります。

親のお金をあてにしている旦那には、経済観念をしっかりと叩き込みましょう。

仕事で大きなストレスを抱えている

金食い虫な旦那の特徴として、仕事で大きなストレスを抱えていることがあげられます。

金食い虫な旦那は、育ってきた環境や習慣といったものが主な原因になっています。

しかし、いけないと分かっていても自分を止められないで苦しんでいる人も多いのです。

いけないと分かっていても止められない原因は、仕事で大きなストレスを抱えているという可能性が高いのです。

大きなストレスを抱えている男は、仕事が終わった瞬間、強いストレスをどこに発散させて良いか分からなくなってしまいます。

そんなどうしようもないストレスを発散するために、発作的に浪費したりお金を無駄に使ってしまいます。

いけないと分かっているため、罪悪感に苛まれるのですが、抱えきれないストレスのために同じことを繰り返してしまいます。

金食い虫な旦那は仕事で大きなストレスを抱えている人も多く、浪費をやめさせるためには家族の理解や支えが必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA