異性として見れない人と結婚する心理7つ

異性として見れない人と結婚する心理7つ

結婚は大好きな人とする事が一般的ですが、時には違う人もいます。

付き合っていても時間と共に異性として見えなってしまう事もあります。

しかし、そこで別々の道には進まず、そのまま結婚に至るケースもあります。

では異性として見えない人と結婚する心理にはどのようなことがあるでしょうか。

異性として見れない人と結婚する心理

情が芽生えている

お付き合いをしてある程度時間が経つと、付き合いたて当初のようにラブラブとしている恋愛から遠ざかる傾向があります。

そして相手のことは人としては良いが、次第に異性として思っているのかと疑問に感じている人もいます。

しかし、そのように思いつつも長くお付き合いをしていると相手に対して情が湧いてきます。

決して嫌いではありません。

異性として見えてないだけです。

しかしながら、相手が自分のことを好きでいてくれるのであれば、その気持ちが嬉しい事から結婚の話を進めてしまいます。

申し訳なさも感じてしまいます。

嫌いではないので、情が湧いてしまうとなかなかお互いが違う道へ進むことができません。

フリーになりたくない

付き合っていて異性として見えなくても、他の人と結婚するには今の人とお別れをして次の人を見つける人必要があります。

その為、恋人がいない期間が出来てしまいます。

フリーになるのが怖くてなかなか別れる決断ができない人もたくさんいます。

自分の中でどうすればいいかのかがわからずモヤモヤしているうちに次第にゴールインと向かってしまいます。

今まで常に恋人がいて、恋人を作ることに自信がある人はこのような傾向はありませんが、今まであまり恋人がいた経験がない人は尚更フリーになるのが怖く感じてしまいます。

今後の人生で、もし運命の人と出会うことが出来なければ、結婚が出来なくなってしまうと思ってしまいます。

それが怖くて、結局今の相手と結婚を決めてしまうケースです。

次の人を探す事が面倒臭い

多くの人が結婚を望んでいます。

世の中にはたくさんの人がいますがその中で自分と合う人はほんの僅かです。

自分の運命の人は限られた人しかいません。

現在、異性として見えなくても相手がいるのであれば、その状況に満足をしてしまい新たな恋を始めることが億劫になってしまいます。

恋愛は時には一瞬で始まることもありますが、恋愛を始めるまでに時間がかかる場合もあります。

仕事や交友関係が落ち着いていれば、なかなか新しい出会いはありません。

異性として見なくても今の人が自分にとって良いと思える人であれば新しい恋人を探すのが面倒臭いと思ってしまいます。

相手の条件が魅力

結婚するまで好きと言う事はとても大切ですが、女性の場合相手を条件で選んでしまうこともあります。

結婚すれば将来をその人とずっと一緒にいます。

将来の自分の生活の質がその人の条件によって大きく異なってきます。

収入が良い人と結婚をすれば、自分は働く必要もありません。

好きな事にお金を使えます。

収入が多ければ自分が楽をすることが出来ます。

その為、相手の収入が良いまたは将来性があるなどの場合には異性として見ていなくても結婚をする女性は多くいます。

好きと言う気持ちより今後の人生の豊かさを重視して結婚をします。

人柄は良い

異性としては見えていなくても、人柄が良いと言うことで、結婚をする場合もあります。

結婚すると相手といる時間がとても長くなります。

いくら自分の好みの顔をしていても中身の性格がとても悪ければ結婚して生活が成り立ちません。

結婚になれば生活です。

相手のさまざまな部分を目にします。

中身が自分にとって良い人でなければ結婚生活はなかなか続けることが出来ません。

その為、相手のことを異性として見ていなくても人が良い、または自分がこの人と一緒に居て気持ちが楽であれば結婚を決めます。

自分の自由になる

結婚後に自分の自由が無くなってしまう人もたくさんいます。

その事が要因となり結婚から遠ざかっている人もたくさんいます。

まだまだ遊びたい人の場合は結婚になかなか話が進みません。

結婚して愛する人との生活より、自分の自由度の方を優先する場合です。

しかし、相手からのアプローチがありその人が自分の自由に結婚後もさせてくれるようであれば結婚を決めてしまう人も思います。

結婚すれば自分の自由な時間が減るのが一般的ですが、結婚後も自分の良いようにさせてくれることに魅力を感じている場合です。

結婚して中には様々なことで制限をかけられて自分の自由が全くない人もいます。

そのような人は近くにいる場合はなおさら自由になる人を探し求めています。

出会いの諦め

年齢が進むにつれて次第に出会いの場も減ってきます。

年齢が若いうちはまだまだ色々な人に出会うと信じており、今お付き合いをしている人以外にも相手がいると信じています。

しかしある程度の年齢になってくると周りも結婚し始め、今後の自分に運命の人と出会えることがあるのだろうかと言う不安も過ぎってしまいます。

今の人と比べて良い人と出会える可能性も分かりません。

その為、今いるパートナーが例え異性として見なくても相手からのアプローチがあれば今後の将来の諦めを含めて、今の人でも良いと思って結婚をする場合があります。