温室育ちな男性の特徴7つ

温室育ちな男性の特徴7つ

あなたの普段の生活では目にすることが少なくても、温室育ちの男性は確実にいます。

もし、出会うことがあったら、仲良くなったら楽しい体験ができるでしょう。

あなたにとっても、相手にとっても、非日常の体験ができて、一緒に共有することで絆ができるかもしれません。

温室育ちな男性の特徴

優しすぎる

温室育ちの男性は、優しいという以上に、優しすぎることもあるかもしれません。

彼自身、周りにいる人たちに大切に扱われてきたので、彼は丁寧に誰かに接するでしょう。

いつも譲ってくれたり、少しでもあなたが気持ちを害したのではないかと心配したりする繊細な彼といると、少し物足りなく感じることもあるかもしれません。

でも、そこまでの優しさをあなたに見せてくれる人は少ないでしょう。

自分のことを置いておいて、誰かに優しくあろうとするのは彼の性格の良いところだと考えてあげましょう。

綺麗なものが好き

彼は、自分の心と波長が合うような、綺麗で整っているものや、和やかな気持ちにしてくれるものを好みます。

荒々しい人と会ったり、荒んだ社会を見たり、心が疲れることがあれば、平和な彼の世界に戻りたくなるのでしょう。

そこでは、あまり感情が高ぶることはないかもしれません。

エステやマッサージを受けるときなど、お店の中に流れている音楽を聴くとリラックスするように、彼が普段いる世界では、あなたもくつろぐことができるでしょう。

人は環境に影響を受けるものです。

綺麗なものに囲まれて過ごしていると、自然と彼の心も穏やかさに満ちていることでしょう。

穏やか

気持ちに余裕があるから、彼の態度はいつも穏やかです。

失礼な接し方をしてくる相手にも、平気な顔で対応できるでしょう。

彼の育った温室のような環境にいると、人の悪意を感じることはあまりないでしょう。

そのため、相手にも優しく接するので、気持ちが少しずつ和やかになった相手も、彼に心を開いた接し方をするようになるかもしれません。

敵意を感じない相手には、警戒心が薄れるものです。

意識しないで相手の警戒心を下げられるのは、多くの人と仲良くなりやすい得な性格です。

打たれ弱い

温室育ちの男性にありがちですが、精神的にもろいところがあります。

心を鍛えるには、良くも悪くも、多くの経験をしないといけません。

でも、彼の周りにいた大人たちや、見守っていた人たちが彼のことを過保護にしていたなら、彼の心は強くなりません。

守ろうとすることで、いろいろな経験をして、心を育てることから遠ざけてきたのです。

「可愛い子には旅をさせよ」ということわざがありますね。

本当に彼のことを大切に思っているのなら、早いうちに多くの経験をさせて、心を鍛える手伝いをしないといけませんね。

おおらか

温室育ちの男性は、何かに強くこだわることがないでしょう。

何かを自分で一人占めしなくても、似たようなものや、もっとグレードの高いものなどが与えられたので、ものが巡って来ることを知っているのです。

本当は、新しいものや、別のものを手に入れるには、お金や別の人の努力が必要ですが、温室育ちの男性はそれを知らないかもしれませんね。

そのつもりで生きていると、何かを欲しがる気持ちも減るでしょう。

ただ、特別な相手など、欲しくなったものができた時に、自分の手に入れたいという気持ちに戸惑う可能性もあります。

何かを欲しくなるのは自然な気持ちなので、自分の変化をちゃんと受け入れると、一つ成長できるでしょう。

苦労知らず

温室育ちの男性は、経済的にも恵まれて、過ごしやすい環境で暮らしています。

考えつくものも揃っていて、欲しいものも簡単に手に入ります。

素直な人なら大丈夫ですが、いつの間にか傲慢になってしまう人もいるでしょう。

自分では手に入るものに見合う努力はしていないのに、手に入れることができたことは自分の能力のおかげなのだと勘違いするかもしれません。

それで、得意げに振る舞っても、周りの人は内心で笑っているでしょう。

今までの経験であまり苦労してこなかったので、何か思いがけないハプニングがあったら、対処にも戸惑います。

自分の予期していることと違うことが起こるのは慣れていなくて、予想外のものに立ち向かうのは苦手です。

体が弱い

体には、自然に備わった免疫力があります。

小さい傷ができたり、変なものを食べてしまったり、変わったことをすることで免疫が刺激されます。

温室育ちの男性は、細心の注意を払った環境を整えられています。

本人のせいでは全くありませんが、まだ外の世界の刺激に対しては体が十分に育っていません。

過剰に反応してしまったり、ちょっとしたことで体調を崩したりします。

具合が悪くなると、完璧に寝込んだりして、少しでも無理をして出かけることもないかもしれません。

彼の育った温室のような環境では、体調を管理したり、看病してくれる人がいるのも当たり前でしたが、一人で暮らしているときに体調を崩したら、心細くなるでしょう。