バツイチ子持ちの男性が結婚しない理由は?

「バツイチ子持ち」という事情を抱える男性であれば、誰もが「再婚」について考えた事があるのではないでしょうか。

やはり、「子どもの為にも新しい母親が必要なのではないか」と悩む事もありますよね。

だからこそ、再婚に向けて婚活に挑む男性は大勢存在します。

しかし、中には一貫して「俺は再婚をしない」と独身を貫く男性も居るのです。

では、なぜそのような男性は頑なに結婚をしないのでしょうか。

バツイチ子持ちの男性が結婚しない理由

子どもが第一だから

バツイチ子持ちの男性にとって最も大切なものは、もちろん子どもの存在です。

やはり、親権を自分が持った以上、責任を持って子どもを育てる責任と義務を持っています。

だからこそ、子どもを立派に育て上げるまでは自分の再婚など考える事が出来ません。

「自分の新しい恋愛よりも子どもを優先させたい」という親心があるからこそ、そもそも「再婚をしたい」という考えを持つ事すら無いのです。

もう結婚は懲り懲りだから

好きな人との結婚を決めた時、人は誰しも「これから二人で幸せになる!」と気持ちを燃え上がらせますよね。

しかし、「いざ結婚してみたら苦痛でしか無かった」「結婚しなければ良かった」いうパターンを迎える夫婦は非常に多く存在します。

やはり、恋愛と結婚は大きく異なる為、残念ながら「結婚ってもっと幸せなものだと思っていた」と感じる人が後を絶たないのです。

だからこそ、一度離婚を経験した男性は「もう結婚は懲り懲りだ」という考えに陥りやすい傾向にあります。

一度失敗をしてしまったからこそ、「結婚は自分には向いてない」とネガティブに捉えてしまうのでしょう。

気力が無いから

「結婚する時よりも離婚する時の方が面倒臭い」と語る経験者が後を絶たないように、離婚には相当な気力を要します。

なんと、世の中には「離婚の面倒くささを理解しているからこそ離婚しない」という冷めきった夫婦も大勢存在するのです。

だからこそ、そんな面倒くささを覚悟してでも離婚をした夫婦の大半は、「もう結婚も離婚もする気力が無い」という状況に陥ります。

離婚後にそれなりの月日が経って気持ちの整理が付くまでは、再婚をしようという気力すらわかないのです。

前の妻を引きずっているから

バツイチ子持ちの男性がそもそもなぜ離婚してしまったのかというと、そこには様々な理由があります。

そして、人それぞれ深い事情を抱えている事は明白ですが、中には「妻の浮気が原因で別れた」「妻が出て行った」という男性も存在します。

このような男性の場合、妻から一方的に離婚を突き付けられたパターンである事も多く、前の妻を引きずっている事も珍しくありません。

その為、いくらバツイチになったからといって、新しい女性を好きになろうという気にならないのです。

そうして前の妻を引きずり続けているからこそ、彼らにとっては結婚など視野にも入れていません。

また失敗するのが怖いから

「幸せな結婚生活を送れると思っていた」「絶対に離婚などしないと思っていた」という男性の場合、「もう二度と離婚したくない」という考えに陥りやすい傾向にあります。

人は誰しも「自分達はいつか離婚するだろう」と思いながら結婚する事はありませんよね。

彼らは、「絶対に幸せになる!」と意気込んで決めた結婚を失敗させてしまったからこそ、結婚に恐怖心を抱いてしまっています。

だからこそ、仮に気になる女性が出来たとしても、「また結婚して失敗したくない」と尻込みしてしまい、結局新しい人生を歩む事が出来ません。

彼らは、ある意味結婚がトラウマになってしまっているからこそ、異常なほど失敗を恐れてしまうのです。

周囲から白い目で見られたくないから

「バツイチ子持ち」という条件はただでさえ周囲から好奇の目で見られやすく、あらぬ噂を立てられる事も日常茶飯事です。

そんな周囲からの自分に対する目をよく理解している男性は、「再婚する事でまた何か言われるのが嫌だ」という考えを持ち、出来るだけ波風を立てない人生を送ろうとします。

それは、もしも再婚を決めた場合、周囲から「子どもが可哀想」「また失敗するんじゃない?」などと言われる事が分かり切っているからです。

特に、体裁を気にする男性や子どもを大切に思っている男性ほど、周囲の目を異常に気にしながら生活しています。

やはり、親である以上は誰しも「自分は良いけど、子どもが悪く言われるのは耐えられない」という親心を持つもので、だからこそ周囲の目はどうしても気になってしまうのです。

自分に自信が無いから

こちらは、「再婚したいという気はあるけど、自信が無い」というタイプの男性です。

このタイプの男性の場合、再婚の意思はあるものの、「バツイチ子持ち」という条件を抱えた自分に自信が無く、一歩踏み出せないでいます。

さらには、一度結婚に失敗してしまった事で「俺は駄目な男だ」とネガティブな考えを持っている事も多く、女性自体にトラウマを抱いてしまっている事も多いのです。

だからこそ、彼らは「こんな自分に好意を寄せてくれる女性なんて居るはずない」「自分のせいでまた女性の人生を壊すのは懲り懲り」という後ろ向きな考えを持ちながら生活しています。

彼らの場合、離婚を経験した事で自分への自信を異常に失っている為、新しい恋愛自体に恐怖を感じてしまっているのです。

彼らは「結婚=自分には到底関係無い」と言ってどこか逃げ腰で居るからこそ、新しい恋愛のチャンスを自ら捨ててしまっているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA