バツイチ子持ちの彼女から別れを告げられる理由は?

「バツイチ子持ちの彼女から別れを告げられたけど、理由が分からない」という場合、「自分の何が駄目だったんだろう?」とモヤモヤしてしまいますよね。

その理由がはっきり分からない限り、自分も前に進む事が出来ません。

しかし、相手は「バツイチ子持ち」という複雑な事情を抱えている以上、別れの理由をはっきり明言しない事も多いのです。

では、バツイチ子持ちの彼女が恋人に別れを告げる理由とは、一体何なのでしょうか。

バツイチ子持ちの彼女から別れを告げられる理由

相手に迷惑を掛ける事が辛くなった

バツイチ子持ちの女性は、自分が抱えている事情を引け目に感じている場合が多いです。

現代でこそ「バツイチ子持ちの女性」という存在は珍しくありませんが、それでも世間における自分の肩身の狭さは重々理解しています。

そんな自分だからこそ、時には「恋人に迷惑を掛けているのが申し訳ない」と感じる瞬間があるのです。

自分の事情を理解して一緒に居てもらったり、子どもの事まで気にかけてもらったり、「自分に合わせてもらっている事」があまりにも多い為、どうしても申し訳無さを感じてしまいます。

だからこそ、そんな現状に耐え切れなくなり、「もう迷惑を掛けたくないから別れる」という考えに至るのです。

相手の生活リズムに合わせる事に疲れた

女手一つで子どもを育てながら家事をする自分と、独身で比較的時間のある恋人とでは、生活リズムに大きなズレがある事は明白です。

そもそも、バツイチ子持ちの女性は仕事・家事・子育てを一人で担っている為、一日の中で自由になれる時間はごく僅かです。

そして、そんな目まぐるしい毎日を過ごしているからこそ、恋人と会う時間を上手く捻出出来ない事も多いのです。

自分が自由になれる時間には相手は仕事をしていたり、はたまたその逆もある為、お互いのスケジュールを合わせる事は簡単ではありません。

そうこうしているうちに気持ちが疲れ、次第に「楽になりたい」と感じるようになるのです。

相手との価値観が合わないと感じた

バツイチ子持ちの自分と、一度も結婚をした事が無い独身の恋人では、結婚や人生に関する価値観は大きく異なります。

バツイチ同士の恋愛ならまだ良いものの、バツイチ子持ち×独身という組み合わせでは、価値観がほとんど真逆と言っても過言ではありません。

そもそも、結婚経験が無い男性は、バツイチだからこそ分かる「結婚生活の現実」「苦労や辛さ」を知りません。

だからこそ、ちょっとした喧嘩の際に「俺と結婚してもまた失敗するんじゃない?」「何で上手くやれなかったの?」などと無神経な発言をされると、「あなたに何が分かるの?」と苛立ちを覚えます。

お互いが生きてきた環境が異なりすぎているからこそ、その価値観のズレに疲れ切ってしまう事もあるのです。

子どもが相手を嫌っている

独り者同士の恋愛であれば余計な事は何も考えなくても良いものの、子どもが居るとなると話は大きく変わってきます。

バツイチである以上、いくら恋人を作る事は自由だからといって、子どもの気持ちを無視していては順調な交際は出来ません。

特に、子どもが思春期真っただ中であったり多感な時期であるほど、恋人に対する理解を得られなかったり、時には反対されてしまう事もあるのです。

また、自分がお腹を痛めて産んだ子どもである以上、やはり子どもこそが最も大切な存在です。

だからこそ、そんな大切な子どもに「恋人と付き合うのをやめてほしい」「あの人の事嫌い」と交際を否定されると、親としては何も言えなくなってしまいます。

そして、そんな反対を受け続けた結果、「子どもの気持ちを優先したい」という考えに至るのです。

単純に愛情が無くなった

こちらは、バツイチ子持ちだから云々ではなく、普通の恋愛と同じように「単純に愛情が無くなった」というパターンです。

その為、彼女に別れを告げられたからといって、そこに特別な理由があるわけではありません。

バツイチ子持ちの彼女から別れを告げられると、「自分が至らなかったのか」「引け目でも感じているのか」などとモヤモヤしてしまいますが、単純に気持ちが冷めただけの場合もあるのです。

やはり、「バツイチ子持ち」という事情があろうとも、彼女も一人の女性である為、その女性心は普通の女性と何ら変わりません。

バツイチ子持ちの彼女が別れを考える理由には、単純な「気持ちの消滅」のパターンも、もちろんあるのです。

今は子どもを優先させたいと思った

日々忙しく過ごすバツイチ子持ちの女性にとって、「再婚したい」「恋人が欲しい」と感じるのは当然の心理です。

やはり、女手一つで家庭を守る生活にほとほと疲れ、時には「頑張ってるね!」と褒めてもらいたい時もあるのです。

また、シングルマザーとして子どもを育てる上では莫大なお金が必要である為、「再婚して楽になりたい」と思うのもまた事実です。

しかし、だからこそ恋人を作ったり、時には突然恋に落ちる事もあるものの、実際に恋人が出来ると「こんなもんなんだ…」と感じる事もあるのです。

恋人が居ない時はあんなに「彼氏が欲しい!」と願っていたのに、いざ恋人が出来ると様々な価値観のズレがある事に気付き、ストレスが溜まる事も多々あります。

そうしたストレスを抱え続けた結果、「やっぱり今は子どもを優先させたい」「今は恋人を作る時ではない」と目が覚めるのです。

周囲の目に耐えられなくなった

最後は「周囲からの偏見の目に耐えられなくなった」というパターンです。

やはり、バツイチ子持ちという複雑な条件である自分と独身の男性との恋愛では、圧倒的に自分の方がマイナスな要因を持っている事は分かり切っています。

だからこそ、たとえ彼氏が出来た際でも、周囲に「恋人作ってる場合なの?」「子どもが可哀想」と批判をされる事も多々あるのです。

そんな周囲の声を初めこそ「そんなの関係無いじゃん!」と無視していても、あまりにも同じ事を言われ続けると、その声に耐えきれなくなってしまいます。

そうして限界が来た結果、相手の為にも自分がストレスから解放される為にも、泣く泣く別れを選ぶのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA