帰国子女の特徴は?

帰国子女の特徴

長い人生を過ごす中で、ごく稀に出会う「帰国子女の人」。

帰国子女の人は、文化が異なる異国の地で生活をしていたからこそ、日本ではどこか異色のオーラを放っています。

また、帰国子女ならではの独特な特徴を持ち合わせている為、時には周囲の反感を買ってしまう事も少なくありません。

今回は、そんな「帰国子女の特徴」をまとめてみました。

帰国子女の特徴

お金持ちで高飛車

「帰国子女」と聞くと、「お金持ちなのではないか」とイメージする人は多いのではないでしょうか。

その通り、帰国子女のほとんどは裕福な家庭に生まれており、その金銭的余裕から海外で生活を送るパターンが多いのです。

そして、生まれながらに恵まれた人生を送っている為、甘やかされて育っている事も多く、それゆえ成長と共に高飛車な性格に育ちがちです。

もちろん、一言にお金持ちの人と言っても、謙虚な人も沢山存在します。

しかし、海外に移住出来るほどのお金持ちである場合、変に勘違いをして育ってしまう人が多いのです。

その為、結果的に高飛車な性格になってしまい、「だから帰国子女は」と反感を買ってしまう事も少なくありません。

他人を見下しがち

裕福な家庭で育ったからこその高飛車な性格は、「他人を見下す」という言動を引き起こします。

さらに、自分が「実家がお金持ち」「恵まれた暮らしをしている」「帰国子女である」というハイスペックな存在である事を鼻にかけ、周囲を馬鹿にする事も多々あるのです。

このタイプの人は、「自分のライフスタイルこそが物事の基準」である為、収入の低い人や海外旅行の経験が無い人などを鼻で笑い、見下すような態度を取るのです。

そして、「帰国子女だから普通の人とは話が合わない」「自分が最も優れている」という捻くれた考えを持っているばかりに、他人と対等に接する事が馬鹿らしく感じます。

確かに、お金持ちである事や帰国子女である事は立派な個性ではありますが、そんな態度には周囲はうんざりしまう他ありません。

関連記事はこちら▽ 人を小馬鹿にする人の心理|小馬鹿にしてくる人への対処法とは 人を小馬鹿にする人の心理|小馬鹿にしてくる人への対処法とは

日本語が拙い

海外での生活が長かった人ほど、現地で話していた言葉が抜けていない事が多いです。

特に、「子どもの頃から海外に居た」という人にとっては、もはや日本語を使う方が苦手に感じるのです。

それゆえ帰国子女の人は、日本語を話していても会話に英語が混じってしまったり、どこかたどたどしい言葉使いになってしまいます。

本人達は無意識であるものの、会話の端々に日本語の拙さを感じてしまう為、帰国子女である事はすぐに察知できます。

その為、仮に帰国子女である事を周囲に隠していたとしても、必ず「話し方おかしくない?」「海外から帰国したばかりなのかな?」と、バレてしまう事は時間の問題です。

人の目を気にしない

日本人には、「人の目を気にしすぎる」という特徴があります。

その為、集団心理が働き、「何でも人に合わせる」「常に人の顔色を伺っている」「人が怖い」と感じている人も多いのです。

しかし、日本人のそんな性格は海外では異質に移り、「なぜ日本人はいつもビクビクしているのだろう?」と疑問を持たれる事も多々あります。

それほど海外では「自分らしく生きる」という事が当たり前である為、海外での滞在経験がある人は、多くの場合はその海外特有のライフスタイルに影響を受けています。

その為、帰国子女の人は「人の目を気にせず堂々と生きる」という癖が付いているものの、日本では少し変わった存在に映ってしまいます。

テンションが高い

「人の目を気にしない」「自分らしく生きる」そんなライフスタイルが当たり前の海外では、人々が非常に明るく堂々と暮らしています。

そして、日本人のように堅い考えをせず、どこか気楽に物事を捉えるからこそ、その性格は非常に明るく前向きです。

その為、海外の人は日本人に比べてもテンションが高い人が多く、そのテンションの高さには思わず圧倒されるほどです。

そんな海外特有の特徴に、帰国子女の人も少なからず影響を受けている為、周囲と比べてもどこかテンションが高く前向きな印象を受けます。

また、帰国子女の人にとってはそれが当たり前になってある為、「日本人はみんな暗い」「みんな下を向いている」と感じてしまう事も多いのです。

ファッションが個性的

海外特有の自由なライフスタイルには、ファッションにも大きな影響を及ぼします。

日本人は互いに互いの目を気にし合っている為、個性的なファッションをしている人を馬鹿にしたり、「あんな服装出来るなんて信じられない」と口を出す事も多々あります。

その為、「好きな服を着たいけど、悪口を言われたら嫌だ」「すれ違う人に変な目で見られるのではないか」という葛藤を抱えている人は少なくありません。

しかし、海外ではうって変わって「良い意味で他人に興味が無い」為、堂々と自分の好きなファッションに身を包んでいる人が多いのです。

帰国子女の人はそんな海外での生活に強く影響を受けている為、日本で生活する上でも個性的なファッションを貫き通し、「何か文句を言ってくる方がおかしい」という強気な姿勢を見せながら生活しています。

細かい事を気にしない

比較的フリーダムな国での滞在経験がある人は、どこかあっけらかんとした性格になりがちです。

そもそも、日本人には「細かい事を気にしすぎる」という特徴がありますが、そんな性格は、海外では「しょうもない事に気を揉んでいる」という印象を持たれます。

それほど人々が自由ままに生きている海外で生活していると、元々の性格に関係なく影響を受け、誰しもが「細かい事は気にしないフリーダムな性格」に変わるのです。

しかし、そんな性格は海外でこそ違和感無く馴染む事が出来ますが、日本では「自由すぎる」「わがまま」「協調性が無い」と批判を買ってしまう事も珍しくありません。

この事からも、日本で周囲と馴染む為には、やはり日本人特有の集団心理や謙虚さが無ければならないという事が分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA