異性として見れない友達の特徴7つ

異性として見れない友達の特徴7つ

友達としてお付き合いはあっても、それ以上に仲良くなることが考えられない相手がいます。

お互いに、いろいろな面がわかっているほど長く知り合っているかもしれません。

気が付けば、長い付き合いになっているかもしれませんね。

それでも、自然に距離が近づくのではなくて、友達のままでいる2人は、それなりの理由があるはずです。

2人が友達関係を続けているのには、いくつか理由があるでしょう。

異性として見れない友達の特徴

好きなタイプではない

まず、相手か自分の好きなタイプに当てはまらないことが考えられます。

好きなタイプであれば、いつか好きになってしまって、意識しているでしょう。

アプローチしている人もいるかもしれません。

人間的には好きでも、異性として好きになれない相手には、それとなく「好きなタイプではない」と伝えておくことで恋愛の壁を作っておくことができます。

誰かを好きになるのは偶然のことですが、生理的に惹かれない相手には、恋をすることはほとんどないでしょう。

理屈で説明できるものではありませんが、少なくとも自分が好きにならなさそうなことはわかります。

リードしてくれない

友達と一緒にいる時、次は何をしてみようか、どこへ行こうかなどの提案はどちらがすることが多いでしょうか。

意見がすれ違わないのは、それはそれで楽なようですが、いつでも片方がリードしているなら、リードしている側が疲れてきます。

新しいことを考えて、興味あることを自分から提案しているようでも、友達の好みの範囲に合わせるから、思い切り自分の好きなように行動できません。

友達を楽しませられるように、自分が機嫌を取っているかのように感じてきます。

そんな風に、自分から何かセッティングしてあげないといけない相手は、恋愛対象になる魅力が感じられません。

異性を感じさせない

友達にときめかないのは、異性として感じられないからかもしれません。

男女の特徴が現れていないから、人間性で繋がっています。

子供の頃に男女仲良く遊んでいた延長のようです。

リラックスし過ぎて、家族のように近い存在になっているのかもしれませんね。

優しくて好きだなと感じても、異性としての気持ちではありませんね。

自分にとって、近い存在になっているので、恋愛につながるような雰囲気になることもありません。

他の異性にとっても、恋愛対象にならないでしょう。

ずっとフリーのままでいる彼や彼女は、友達どまりの人ですね。

みんなに同じ態度

あなたの友達を眺めていると、接する人全員に同じ態度を取っているのではないでしょうか。

親しい友人も、知り合ったばかりの人も、男女関わらずに親しく接するのは良いことです。

でも、家族に対してのような接し方をしているのかもしれませんね。

それは、自分を良く見せようとはしていませんが、あまり気遣いのない態度でもあるでしょう。

異性を感じる相手は、多少は自分で意識して態度を変えているはずです。

誰に対しても優しいという意味で、みんなに同じ態度をする人の中でも、生き物に対する広い愛を持っていて、あまり異性らしくない人もいますね。

性格に嫌いな部分がある

人間は完璧ではないとわかっているので、認めたくない部分があっても友達付き合いを続けるものです。

良くない部分を正直に言い合えるのが親友だったりします。

ただ、あなたにとって、どうしてもイヤな部分があったら異性として好きになれませんよね。

異性として意識するかどうかで、恋愛対象になるか決まります。

恋愛対象になる人は、お付き合いする可能性もありますが、嫌いな部分があるとお付き合いすることは考えられません。

例えば、愚痴っぽかったり、怒りっぽかったりすると、友達ではいられても、異性としては見たくないという心理になるかもしれません。

親友のように心を許している

性別としては異性ですが、とても気が合う親友だと、異性として考えられなくなります。

同性同士のように、一緒に遊んではしゃいだり、素顔を見せられますが、この関係が最高だと感じていると、それ以上を求めなくなります。

友達でいることが満足で、その状態をキープしたくなるのです。

好きな気持ちはありますが、プラトニックな友情でしかありません。

心を許しているから、異性として相手を意識することがないのかもしれません。

ただ、相手が誰か別の人と恋愛のお付き合いを始めてから、異性として意識するようになることがあります。

それまでは、相手をどれだけ大切に思っていたか気がつかなかったかもしれません。

距離を壊したくない

友達を異性として見られないのは、相手が大切だから、今の距離感でいたい場合もあります。

お互いに深く性格をわかっているから、安心して話せる相手で、格好悪いところもたくさん見せた相手かもしれません。

特別な存在でもありますが、あくまでもそれは友達としてです。

困った時にも、ずっと変わらない距離にいて欲しいので、友達というカテゴリーのままでいて欲しいのです。

異性として見て、バランスが崩れたら、今までとは変わってぎくしゃくしてしまうかもしれないので、このまま友達でいた方が無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA