噂好きな男の心理7つ

噂好きな男の心理7つ

どうしてか、女子顔負けに噂が好きな男性がいます。

噂を聞いて、噂を話すことも大好きです。噂は自分についての話題ではないので、気楽に話しています。

噂をしながら、自分と誰かを比べているのかもしれません。

誰かの噂をしている時は、好意的な話をしないでしょう。

それをやんわりと批判しながら、自分の方が良い人間だと主張しているようです。

ただし、噂の真偽は、本人に聞いてみないとわからないのに、夢中で話しているのはちょっと恥ずかしいですね。

噂好きな男の心理

話す内容がない

噂好きな男性は、自分のことを話題にして相手に話すことが見つからないのを、ごまかしています。

会って最初は自分の自慢がいくつかあるかもしれませんが、それ以外に詰まると、誰かの噂話が始まります。

誰かの噂は、良いようには話しません。

噂になる話題は、そもそもゴシップや失敗談など、目立つものでしょう。

そんな話を広めるのは、暗黙のうちに「自分はそんな人間ではない。」という優越感からですね。

本当かどうかわからない話をして得意げになっている彼は、自分のことでは大きく胸を張れないのです。

妬み

誰かの噂をしながら、その人の情報を集めているかもしれません。

「相手よりは自分の方がマシ」と言いたい割に、噂の話題を探そうとして、その人と同じレベルになっています。

でも、その人の噂をしようとして詮索するのは、その人よりレベルが高いと言えるかはわかりませんね。

噂をされる人は、誰に何を言われようと気にしていないかもしれません。

そんな相手のアラ探しをすることに一生懸命になる理由は、妬みでしょう。

相手の羨ましいと感じることを攻撃するのが、噂を流すことなのですね。

自信がない

噂好きな男性は、自分に自信がありません。

素の性格に胸を張れると思えることがわからなくて、自分の意見も言えないのです。

噂をしながら話したら、話している相手と意見交換ができます。

その時、意見が一致したら、内心はほっとしています。

嘘か本当かわからない噂話をして、そこに安心を求めるのは小心者と言えるかもしれません。

きっと、それまではあまり褒められた経験がないので、何をして良いのかわからないのでしょう。

ある程度若いなら許されたとしても、良いオトナになってきたら、成長して欲しいですね。

情報が早いアピール

たくさん噂を仕入れるには、アンテナを磨いておかないといけません。

その分、情報収集にかける時間も長いです。

その時間を勉強や趣味に使ったら、もっと彼自身が充実するはずなのですが、まだそれほど成長していないのでしょう。

噂をたくさん知っていることで、周りの人の知らないことを知っていて、優越感があるのです。

他の人の知らない情報ですが、噂はあくまで噂。

その話が本当か確かめられないのに、同じ話題を続けるのに限りがあるので、次々と新しい情報を見つけるのです。

自分の意見を言っているつもり

噂について話をしている時に、相手と話をしているつもりになります。

噂好きな男性は、情報を集める時に、他の人の意見にも目を通しているでしょう。

無意識に、多くの人の意見や、面白い意見を話すかもしれません。

まるで、自分だけが考えたように。

熱く話し合いができる自分や、鋭い見方をしていると相手にアピールできるように話しているのでしょう。

ただし、ニュースになっている話題や、周りで起こった話について意見を求められたら、はっきり話さなくなるかもしれません。

参考にできるモノがないと、意見は言えないのです。

向上心がない

何かと噂話ばかりしている男性は、向上心がありません。

その噂の内容を確かめたり、自分に反映させるつもりがないです。

「ダメだと思う」と言ったとしても、「だから自分はそうならないようにする」など、発展がないです。

噂好きな彼に魅力は感じられず、離れていく人がいれば、また別の人に噂話を始めるでしょう。

噂話が好きな人を見つけたら、気が合うから長い時間一緒に過ごすでしょう。

でも、その人が場を離れたら、悪口を言うかもしれません。

本当に信頼関係が作られた訳ではありません。

一時的な付き合いができたら良いのでしょう。

退屈しのぎ

自分一人だと、時間が余っていると感じてしまうから、つい噂を集めたり、話したくなる男性なのでしょう。

退屈しのぎとして、噂話をしているので、心から楽しんでいるのではありません。

それなのに、真剣になれるものが見つからないから、噂話をしてしまうのでしょう。

彼の心の中には、寂しさもあるのかもしれません。自分に満足しているか彼に聞いたら、していないと言うでしょう。

「それより、」と噂話をして、話をそらすかもしれません。

噂話が好きな人と長く過ごしても、楽しむことはきっとできないでしょう。

お付き合いは、ほどほどに。