バツイチ子持ちの彼女と別れたい理由と別れ方は?

バツイチ子持ちの彼女と別れたい理由と別れ方

バツイチ子持ちの女性と付き合って、別れを考え始めたとき、彼女の子供と一緒に過ごした分、情が移ってなかなか言い出せなかったり、どうすれば深く傷つけないで済むか色々と考えてしまいますよね。

今回は、バツイチ子持ちの彼女と別れたい理由と別れ方についてご紹介していきます。

バツイチ子持ちの彼女と別れたい理由

想像していた恋愛と違っていた

美人で魅力的なバツイチ子持ち女性に惹かれて、深く考えないままにアプローチをしてしまうと、想像とは違うお付き合いに後悔してしまうかもしれません。

自分の彼女とラブラブな時間を過ごせると思って情熱的なアプローチをしたのかもしれませんが、バツイチ子持ち女性の生活の中心にはいつも、彼女の子供の存在があります。

デートするにしても、子供の預け先が見つからなければデートの予定が立てられなかったり、しょっちゅうデートに子供がついてくることも。

子供中心のお付き合いになることを覚悟していれば納得できるでしょうが、彼女のことを、子なし女性と同じように考えていては、お付き合いに嫌気がさしてしまうでしょう。

彼女の子供がなついてくれなかった

バツイチ子持ちの彼女と付き合う前は、子供なんて、優しく接して一緒に遊べばすぐに仲良くなれると簡単に考えていた人もいるでしょう。

子育ての事はよく分からなくても、誠心誠意向き合えばきっと彼女の子供も心を開いてくれると真剣に彼女と、その子供の事を思ってお付き合いを決意した人も、見事にその期待を裏切られる場合もあります。

人間ですからどうしても、相性の良し悪しがあり、彼女との相性は良くても、彼女の子供と相性が良くなくて、居心地の良い関係を作れないこともあるのです。

精神的に未熟な男は、「彼女に子供さえいなければ…。」なんて幼稚な考えが頭に浮かんでくるでしょう。

真面目な男性は、「どうしたら彼女の子供は僕に心を開いてくれるのだろう…。」も頭を悩ませる日々が続き、別れが頭をよぎるでしょう。

彼女と子供の将来を背負う自信がなくなった

子育ての大変さに直面して、彼女と子供を幸せにする自信がなくなってしまう男性もいます。

「彼女のことを愛していれば、当然、彼女が産んだ子供のことは愛せる!」

「バツイチ子持ちであることをなんて、障害でも何でもない!」

と、強気だった男性も、彼女が自分より子供を優先していることに嫉妬にも似た感情抱いたり、大人げなく、彼女の子供と張り合って言い争いをした際には、「自分は何やってるんだ…。」

自由な恋愛をしてみたくなった

バツイチ子持ちの彼女と付き合うようになってから、デートと言えばもっぱら家でゆっくり過ごすか、家族連れの多いショッピングモールで買い物するか、時々子供たちを連れて子供が楽しめるテーマパークに出かける日になり、付き合い自体が退屈に感じてしまって別れを考える男性も多いようです。

たまにはお洒落なバーに行ってお酒を飲んだり、ドキドキする刺激的な体験を求めたくなるのでしょう。

想像力不足で、子供がいる生活がどんな流れなのかをイメージできないままバツイチ子持ち女性とお付き合いしてしまうと、自分自身も辛くなりますし、相手の女性たち家族も傷つけてしまうことになります。

バツイチ子持ちの彼女との別れ方

正直に彼女に自分の気持ちを打ち明ける

バツイチ子持ちの彼女と別れたくなった時、けなげに頑張る彼女をそばで見てきたから余計に別れを告げることが残酷に思えて心が痛むかもしれません。

しかし、彼女や、子供たちを傷つけたくないからといって、別れの理由をうやむやにしたり、嘘の理由をつけて別れることはお勧め出来ません。

別れを切り出して険悪な雰囲気になったとしても、何故別れたいと思ったのか正直に自分の気持ちを彼女に伝えましょう。

その時には大きく傷ついてしまうかもしれませんが、別れの理由をはっきり言われたほうが、気持ちが切り替えやすく、早く前を向いて立ち直ることができるのです。

徐々に接触頻度を減らす

別れを考え始めてすぐに別れ話を切り出すと、彼女も子供たちも混乱してしまうかもしれません。

昨日まで笑って一緒に過ごしていたのに、明日からお別れなんて簡単には納得できないでしょう。

特に、自分と彼女2人だけの問題ではなく、子供を巻き込んだ付き合いをしてきたので、彼女の子供たちにも心の準備をする時間を与える事は必要です。

今まで週に1回会っていた関係なら、2週間に1回、3週間に1回と徐々に接触回数を減らして、何となく別れを考うているニュアンスを匂わせておきましょう。

察しの良い彼女は、別れを受け入れる心の準備を整えておくでしょう。

感謝の気持ちを伝える

彼女に対する想いに嘘はなく、彼女の子供たちも含めて守っていこうと心に決めてお付き合いをしたけれど、結果的にお別れを選ぶことになったとき、最後に彼女や彼女の家族に対する感謝の気持ちを伝えてお別れしましょう。

綺麗に別れようと目論んで、別れの理由を誤魔化すよりも、別れ話の最後に今まで一緒に過ごした彼女や子供たちに感謝の言葉を伝える方が、よっぽど綺麗で円満な別れになるはずです。

バツイチ子持ち女性とお付き合いをするときも、幸せな恋をする決意を持って一歩を踏み出したことでしょう。

一緒に過ごしてきた幸せな日々を噛み締めて、今度は別々の道で幸せになる決意を持って一歩を踏み出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA