シャイな男性の分かりにくいアピールの仕方は?

シャイな男性の分かりにくいアピールの仕方は?

シャイな男性は一途なタイプが多く、異性にあまり慣れていないところが誠実な印象を与えるため、とても魅力的です。

しかし、奥手であまり積極的に恋愛をリードするタイプではなく、アピールも分かりにくく上手くないので中々恋愛が進展しません。

ここでは、そんなシャイな男性の分かりにくいアピールの仕方を詳しく見ていきましょう。

シャイな男性の分かりにくいアピールの仕方

欠かさず挨拶をする

シャイな男性の分かりにくいアピールの仕方に、欠かさず挨拶をするというものがあげられます。

挨拶をするというのは、人間関係における最低限のマナーです。

そのため、挨拶をすることだけで男性のアピールだと考えるのは、通常であれば誤解を生んでしまいます。

しかし、シャイな男性の場合は、そもそも欠かさず挨拶をするということ自体が非常に珍しいことです。

シャイな男性は人間関係を積極的に深めたり、簡単に人に心を開くことは殆どありません。

もちろん、既に仲が良い友達関係になったのなら挨拶をするのは当然ですが、苦手な人には近付こうとはしません。

あまり仲が良くないのに毎日欠かさず挨拶をするのであれば、シャイな人にとっては非常に勇気を振り絞ったアピールである可能性が高いのです。

笑顔を見せる

シャイな男性の分かりにくいアピールの仕方に、笑顔を見せるということがあげられます。

シャイな男性はあまり自分に自信がないタイプが多く、傷つくことを避ける傾向があります。

その結果、自分の感情を隠そうと無愛想になったり、感情を態度に出さないようにしてしまいます。

シャイな男性にとって、自分の感情を素直に出すということ自体が非常に勇気の要ることです。

それなのに笑顔を見せるというのは、相手に心を開いていて、距離を縮めたいという意思を表しているのです。

自分を攻撃してきそうな人はもちろん、好きではない人に心を開くことはないため無愛想な振るまいが多く、笑顔を見せません。

連絡先を聞く

シャイな男性の分かりにくいアピールの仕方に、連絡先を聞くということがあげられます。

異性に連絡先を聞くことはシャイな男性でなくとも勇気が要ることで、それだけで好意のアピールになることもありますよね。

しかし、必要に迫られて連絡先を聞く場合や、仲が良くなってきたときに連絡先を聞くのはアピールとは言い切れないので注意が必要です。

もし連絡先を知らなくても困らないような間柄であれば、アピールである可能性が高くなります。

シャイな人はあまり感情を外に出しませんが、喜んで応じれば笑顔を見せたり思わず態度に出ることがあります。

アピールかどうか判断するためには、反応を良く観察して見極めましょう。

共感してくれる

シャイな男性の分かりにくいアピールの仕方に、共感してくれるということがあげられます。

シャイな男性は積極的に自分をアピールするのはあまり得意ではないので、気になる異性に対して自己主張ばかりすることはありません。

もちろん、シャイな男性もお互いの距離が縮まってからは自分の考えを話したり、理解してほしいという気持ちが強まっていきます。

しかし、まだあまり距離が縮まっていない段階では、相手のことを理解したいという気持ちが強いため、聞き役に徹していることが圧倒的に多いのです。

とは言え、シャイな男性はしっかりと自分の考えを持っている人が多いので、好きでもない相手に共感を示す訳ではありません。

そのため、話を聞いてくれて共感してくれるという場合は、相手に好感を持っているというアピールである可能性が高いのです。

理想の恋愛の話をする

シャイな男性の分かりにくいアピールの仕方に、理想の恋愛の話をするということがあげられます。

シャイな男性は滅多に自分のことを話しません。

これは人の気持ちを敏感に察知するため、相手に否定されたり攻撃されることを避けようという心理が働くためです。

そんなシャイな男性が理想の恋愛の話をするのは、相手にどうしても知ってもらいたい、理解してもらいたいと強く思っているからです。

もちろん、興味がない異性には自分のことを話そうとしません。

このため、滅多に自分の話をしないシャイな男性から理想の恋愛の話をされたときは、高い確率でアピールであると考えられます。

遊びに誘う

シャイな男性の分かりにくいアピールの仕方に、遊びに誘うということがあげられます。

社交的な人にとっては、異性を遊びに誘うことは友達関係で良くあることであり、好きな人へのアピールとは言えませんよね。

しかし、シャイな男性にとっては非常に積極的なアピール法として使われる傾向があり、告白と同義であるケースも多く見られます。

誘われた人は、遊びに誘われただけでは中々そこまではっきりとした好意なのか分かりにくいものです。

しかし、シャイな男性は、滅多に異性を誘い出すことがありません。

そのため、遊びに誘うことは殆ど告白と同義で、それに応じるかどうかは、そのまま告白の可否だと言っても過言ではないのです。

シャイな男性にとって、遊びに誘うことは非常に勇気の要るアピールですから、両思いなら必ずOKしましょう。

頻繁に連絡してくる

シャイな男性の分かりにくいアピールの仕方に、頻繁に連絡してくることがあげられます。

マメな連絡をするだけで100%アピールだとは言い切れませんが、普通の男性でも好きな人によくやる方法ですよね。

しかし、シャイな男性は恋愛に関して非常に奥手で、滅多に自分からアクションを起こすことはありません。

そんなシャイな男性が頻繁に連絡してくるというのは、普段の慎重さやブレーキがなくなるほど相手に夢中になっているときです。

相手にどう思われているかよりも、相手とコミュニケーションを取りたいという気持ちが強く、相手への好きだという気持ちも完全に固まっています。

もしあまり積極的で面倒だな、と思っても返事はしっかりと返してあげましょう。

シャイな男性は傷つきやすいので、連絡が返ってこないと嫌われたかもしれないと不安になり、殻に閉じこもってしまいます。