告白して友達のままがいいと言う心理と言われた時の対処法は?

告白して友達のままがいいと言う心理と言われた時の対処法は?

勇気を出して告白した答えが「友達のままがいい」「友達でお願いします」だった時、あなたならすんなり受け入れられますか。

なんだか不完全燃焼で、どうせならハッキリ振ってもらった方が気持ちいいですよね。

今回は、告白して「友達がいい」と言う心理と対処法についてご紹介します。

告白して友達がいいと言う心理と言われた時の対処法

全く恋愛対象ではない

「友達がいい」と言われてしまった時は、相手なりに気を遣ってくれたと考えた方が良いでしょう。

オブラートに包まずに言ってしまうなら、

「あなたのこと異性として見ることができません。」

「あなたに好意はありません。」

という気持ちなのでしょう。

しかし、自分が悪者になりたくないので一生懸命気持ちをオブラートに包んだ結果「友達」というワードを使ってくるのです。

本当に優しい人は、相手に未練が残らないような振り方をしてくれるものです。

中途半端な優しさはかえって人を傷つけてしまいます。

あなたの為を思ってやんわりと振ってくれたと言うよりも、自分自身が可愛いので酷い人にならないように「友達で」と言ったのでしょう。

とりあえずキープしておきたい

恋人になりたいわけではないけれど、突き放してしまうのは惜しいと考えているのかも知れません。

完全に拒絶するほど嫌いでもなく、一緒にいることでメリットもあるので何かしらのつながりは持っていたいのです。

あなたを手放してしまったら、ありのままを見せられる人が1人も残らなかったり、チヤホヤされずに寂しい思いをするかも知れないと思うと、それはそれで嫌だし、でも付き合いたいと思えないのでしょう。

優柔不断でずる賢い人は「友達」というフレーズを都合よく使って、とりあえず自分に好意を抱いてくれる人をキープしておこうとするのです。

友達としては好きな部類

恋人同士になって2人きりでデートをしたり、手を繋いだり、抱き合ったり、キスをするのには抵抗があるけれど、あなたの事を人として好きな気持ちは本物なのかもしれません。

今まで過ごしたあなたとの関係が心地良く、あなたの人としての魅力も理解していて、友達としては好きな部類に入っているのでしょう。

友達で良ければ、この先もずっと付き合っていっても良いと思ってくれているのですが、どうしても恋人としてのイメージが湧かないのです。

あなたが自分を異性と見ていたことに驚きや、違和感を感じているのではないでしょうか。

相手を傷つけたくない

恋人になることは出来ないけれど、自分に好意を持ってくれたことは有難いと感じているのでしょう。

だからあなたの事を極力傷つけない言葉を必死で探した結果、「友達がいい」と中途半端な答えを発してしまったのです。

告白を断ったのだから、気まずい雰囲気になってしまい、当然この先は今までの関係性よりも付き合いにくくなるでしょう。

そこに「友達」という言葉を添えることで、これからの関係性が悪くなることを少しでも回避しようと考えているのです。

友達と言いつつも、これ以上親密にならないように距離を保ちつつ、自分を諦めてくれる機会を見計らおうと思っているのでしょう。

「友達」という言葉に期待しない

では告白の返事が、「友達がいい」だった場合、どう対処したら良いのでしょうか。

まず、「友達がいい」と言われた時点で振られてしまったことは確定です。

8割から9割は恋人に昇格することはないと思った方が良いでしょう。

それでも想い続けるのか、潔く諦めるのか
はあなたの自由です。

ただし、友達から恋人に上り詰めるにはかなり険しい道だということを覚悟した方が良いでしょう。

「友達」と言ってくれたからまだ望みはあるんだと、期待を強く持っていると、諦め時を逃して、若くて良い時間を無駄にし兼ねません。

片思いを続ける道を選んだら、期待をせずひそやかに想い続けましょう。

他の異性に目を向けてみると、意外と素敵な発見があるかもしれません。

恋心を隠して友達として付き合う

恋い焦がれていた人に、「友達で」と言われて「はい、そうですか。」とすぐに気持ちを切り替えられるわけではありません。

告白が失敗した後は振られた方も、降った方もお互いに気まずさが残ってしまいます。

それでも相手のことが諦められない場合には、せめて気まずさを解消することに努めましょう。

あなた自身が、気まずい雰囲気を醸し出していれば、振った相手は罪悪感に駆られもっと気まずさを感じてしまいます。

そこはあえて、振られたショックを隠し、何事もなかったかのように明るく振る舞いましょう。

友達だなんて思えなくても、友達だと思っている素ぶりを見せなくてはいけません。

異性として見られる努力をする

なぜ相手が「友達がいい」と言ったのか、どうして異性として見てもらえなかったのか理由を探してみましょう。

あなたが相手の理想からかけ離れているだけなのか、あなた自身に異性としての魅力が足りなかったのか、なんとなく思い当たる節があるのではないでしょうか。

今、異性として見てもらえていないと言う現実をしっかりと受け止め、そこから変わる努力をしなくては何も前に進みません。

見た目を変えようとダイエットにはげんだり、精神力を鍛えるような趣味を持ったり異性として見られる努力をしていきましょう。

たとえ、振られてしまった相手を振り向かせることができなくても、その努力は決して無駄にはなりません。

努力をした後のあなたを素敵だと思ってくれる他の異性が現れる可能性もあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA