心が狭い女の特徴は?

心が狭い女の特徴は?

あなたは自分のことを心が広いと思いますか?

それとも心が狭い人間と反省しますか?

自分に余裕がない時は、人のことまで考えられず心が狭くなってしまうものですよね。

今回は、心が狭い女の特徴についてご紹介していきます。

心が狭い女の特徴

人の幸せが喜べない

心が狭い女はすぐに嫉妬心を燃やします。

「友人に彼氏が出来た時には、口では祝福の言葉を述べますが、実際には心から喜ぶことが出来ないのです。こんな私は心が狭いですか?」と悩んでいる女性も少なくないようですが、答えは「YES」です。

友達と言っておきながら、心が狭いから自分より他の人が幸せになることが許せないのです。

他にも、自分よりも仕事をの評価が高い女性に対して嫉妬心を燃やしてやっかんだり、長期休暇に海外旅行によく行く友人のことを密かに妬ましく思ってしまったり、
街でスカウトマンに声をかけられたなんて話を聞いて心の中に黒い気持ちが渦巻くのでしょう。

人相が悪い

心の優しい人は、優しく穏やかな表情をしていることが多く、意地の悪い人は、意地悪な顔つきをしていることが多いのです。

人は見た目で判断してはいけないと言う人もいますが、実際には内面は外見に表れるものなのです。

顔立ちが整っているかどうかではなく、心の狭い人はいつもしかめっ面をしていたり、眉を潜めていたり、口を尖らせていたり、とっつきにくい雰囲気を醸し出しています。

普段はいい人でも、嫌なことが続いている時や、悪いことを企んでいる時には嫌な顔をしているものです。

最近、友人や家族など親しい人から顔つきが険しくなっていると指摘されたら、ストレスが溜まっていて心が狭くなっているのかも知れません。

人の悪口ばかり言う

悪口が大好きで、口を開けば悪口が始まる性格の悪い女はどこにでもいますよね。

何かとつけて人のことをすぐ悪く言うのは心の狭い女の典型的な行動でしょう。

気に入らない人の悪いところを見つけては、人に言いふらして、周囲にも共感を求めるのです。

今までに何人もこんな女を見てきたのではないでしょうか?

そういう女と親しくしていると、いつ自分も悪く言われるか分かりません。

親しくしているつもりでも、心の狭い女の間に触る行動をしてご機嫌を損ねたらすぐにターゲットにされてしまいます。

仲良く話している間にも、あなたの粗を探して誰に話してやろうか考えているのでしょう。

やたらと悪口を言う女には、必要以上に近づかないのが正解です。

孤独感を感じている

心が狭くなってしまう原因は、愛情不足が大きな原因でしょう。

家族との仲が悪かったり、男性から愛された経験があまりなかったり、友達がうまく作れなかったり、人から大切にされた経験がないと、人に優しく接することは出来ないのです。

優しくされたくても、誰も自分に優しくしてくれない…。

と、ひがみ根性を持っていると、更に人は周囲から離れていき、ただただ孤独感に苛まれるという悪循環に陥ってしまいます。

心が狭い女性を魅力的だと思う人はいないでしょう。

心が狭いから、人から大切にされず、人から大切にされないからますます心が狭くなっていってしまうのです。

他人のミスに厳しい

心の狭い女は他人の行動に目を光らせています。

他人がミスをしようものなら、キッと目を引きつらせて睨み付けたり、すかさず注意しに行くでしょう。

しかし、そういう女に限って自分のミスには甘々なのです。

自分のことは棚に上げて、人のミスばかりに執着して怒りを表す嫌な女は完全に周囲から嫌われてしまうでしょう。

きっと上司もそんな女の本性を見抜いているはずです。

そんな事ばかりしているから社内での評価も低いものにとどまってしまうのでしょう。

能力もないのに口出しばかりする女には誰も付いてきてはくれません。

自分の思い通りにならないとすぐに怒こりだす

感情的になりやすく、自分の思い通りにならないとすぐカットなる女は心が狭いのでしょう。

そもそも社会に出て自分の思い通りに行くことなんてそんなにあるはずがありません。

右に行きたい人もいれば、左に行きたい人もいる。

赤が好きな人もいれば、青が好きな人も、白が好きな人も、黒が好きな人もいる中で、自分の意見が通ることが当たり前だと思っていることが間違いなのです。

他人の価値観を受け入れられず、自分の価値観を押し通そうとするわがままな心がどんどん心を狭めてしまっているのでしょう。

人を見下す癖がある

心が広い人は、偏見を持ったり、差別的な物の見方をしません。

誰と接する時も、平等に接することを心がけているのです。

しかし心が狭い人は、人のの足元を見たり、自分より下の立場の人だと踏むと見下してかかるのです。

自分に自信がないから、自分よりも生活水準の低い人や、容姿が劣っている人、能力の低い人、を見つけて自分を安心させたいのでしょう。

そうでもしないと、自分が可哀想でやっていられないのです。

本当は自分に取り柄がないことを誰よりも自覚しているのでしょう。

人を見下さなければ生きていけないなんて、本当に可哀想な女です。