知らんぷりする人の心理や性格の特徴|知らんぷりする人への対処法とは

知らんぷりする人について、紹介します。
あなたの周りにも、知らんぷりする人はいませんか。
本当は知ってるはずなのに知らないフリをしたり、休日に会っても気づかないフリをする知らんぷりする人。
ここでは、そんな知らんぷりする人について特徴や心理、対処法を見ていきたいと思います。
知らんぷりする人について知りたい、対応に困っているという方は、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

知らんぷりする人の特徴や性格

まずは、知らんぷりする人の特徴や性格について紹介します。
冒頭で触れたように、知ってるはずなのに知らないフリをしたり、休日に会っても気づかないフリをする知らんぷりする人には、具体的にどんな特徴があるのでしょうか。
知らんぷりする人の特徴や性格は、こちらです。

効率重視

知らんぷりする人の特徴や性格には、効率重視なことが挙げられます。
知らんぷりする人は、仕事などではとにかく効率を求めるタイプ。
自分が今やるべきこと、やっていることの手を止めてまで、他人に付き合うつもりはありません。
だからこそ、本当は知っていても効率が悪くなるのが嫌なので、知らんぷりしてしまうのです。

話しかけるのが苦手

知らんぷりする人の特徴や性格には、話しかけるのが苦手なことが挙げられます。
休日にどこかで会っても知らんぷりする人は、話しかけるのが苦手なだけかもしれません。
仕事なら声をかけるものの、プライベートだと何を話していいのか分からなくなり、話しかけることができません。

自分優先

知らんぷりする人の特徴や性格には、自分優先であることが挙げられます。
知らんぷりする人は、相手が困っていても自分のやりたいことを優先するなど、自分優先な性格をしています。
自分の仕事の手を止めたくないから知らんぷりをするなどは、まさに自分優先にしている結果ですよね。

オンとオフの切り替えがうまい

知らんぷりする人の特徴や性格には、オンとオフの切り替えがうまいことが挙げられます。
知らんぷりする人は、仕事とプライベートなどオンとオフの切り替えが非常にうまい人でもあります。
オンとオフをしっかり切り替えるので、仕事の人とプライベートで会っても知らんぷりをするのです。
自分の時間を大切にしたい気持ちの表れだと言えるでしょう。

自信が無い

知らんぷりする人の特徴や性格には、自信が無いことが挙げられます。
知らんぷりする人は、自信の無い人が非常に多いと言えるでしょう。
街中で会っても『本人か自信がない』ため話しかけられずに知らんぷりしてしまうなど、何につけても自信がありません。
もし間違えて責められたら…と、色々考えてしまうのでしょうね。

知らん顔する人の心理

続いて、知らん顔する人の心理について紹介します。
知らんぷりする人の特徴については先程紹介したとおりですが、知らん顔する人は一体どんなことを考えているのでしょうか。
知らん顔する人の心理には、以下のようなものが挙げられます。

面倒事に巻き込まれたくない

知らん顔する人の心理には、面倒事に巻き込まれたくないというものが挙げられます。
知らん顔する人の大半は、『面倒事に巻き込まれたくない』という気持ちから知らんぷりしてしまいます。
ここで本当のことを言ったら色々とめんどくさいだろうな、と想像してしまうからこそ、本当のことを知っていても知らんぷりするわけです。

関わりたくない

知らん顔する人の心理には、関わりたくないというものが挙げられます。
知らん顔する人は、面倒事に巻き込まれたくないという気持ちがあるように、色々なことに関わりたくないという気持ちが強いです。
特に仕事関連の人とプライベートでは関わりたくないという気持ちが強いので、仕事関連の人と外で会っても高確率で知らんぷりをするでしょう。

時間がもったいない

知らん顔する人の心理には、時間がもったいないというものが挙げられます。
知らん顔する人は、自分の時間を大切にしているので、プライベートで他人と関わることを『無駄な時間』だと感じています。
自分の時間がもったいないと感じるからこそ、知っていることも知らんぷりしてしまうのでしょう。

人違いかもしれない

知らん顔する人の心理には、人違いかもしれないというものが挙げられます。
知らん顔する人は、街中で知り合いに会っても声をかけることができません。
それは自信がなく、『本人かどうか分からない』『人違いかもしれない』と考えてしまうから。
間違ったら恥ずかしい気持ちもあり、知らんぷりしてしまいます。

プライベートを知られたくない

知らん顔する人の心理には、プライベートを知られたくないというものが挙げられます。
知らん顔する人はオンとオフの切り替えがちゃんとできる人なので、仕事の人にむやみにプライベートを知られたくないと思っています。
自分がどこに行って何をしている、ということを他人に知られたくないため、知らんぷりしてしまうのでしょうね。

知らんぷりする人への対処法

最後に、知らんぷりする人への対処法について紹介します。
身近なところに知らんぷりする人がいるときは、どう対処すれば良いのでしょうか。
事実を知ってるはずなのに知らんぷりされたり、プライベートで会っても知らんぷりされるのは、メンタル的にもキツいもの。
そんなときは、以下の方法で対処していきましょう。

そういう人なんだと割り切る

知らんぷりする人への対処法には、そういう人なんだと割り切ることが挙げられます。
知らんぷりする人にも、色々な心理や考えがあるわけですから、深く考えても仕方がないことはあるでしょう。
知らんぷりする人のことは、そういう人なんだと割り切ってしまうのが一番かもしれません。

挨拶は欠かさずする

知らんぷりする人への対処法には、挨拶は欠かさずすることが挙げられます。
知らんぷりされることが続くと、『嫌われてるのかも』と思ってしまいますよね。
そうなると、なんとなく自分も相手を無視してしまうものですが、それはNG。
たとえ相手が常に知らんぷりしてきたとしても、仕事では挨拶は必ずするようにしてください。

言い逃れできない状況を作る

知らんぷりする人への対処法には、言い逃れできない状況を作ることが挙げられます。
職場で何かトラブルがあり、その張本人であるのに知らんぷりする場合は、その人が言い逃れできない状況を作りましょう。
周りから話を聞いたり証拠を集めるなどして、言い逃れできない状況を作ってください。

理由を聞く

知らんぷりする人への対処法には、理由を聞くことが挙げられます。
知らんぷりする人が言い逃れできない状況を作ったら、なぜ知らんぷりするのかその理由を聞いてみましょう。
あなたとその人の関係性によってはパワハラなどと言われる恐れもあるので、責めるような言い方はしないように気をつけてください。

放っておき相手にしない

知らんぷりする人への対処法には、放っておき相手にしないことが挙げられます。
知らんぷりする人がいても、仕事に支障がないのであればあえて気にする必要はありません。
割り切ることと似ていますが、知らんぷりする人のことなど放っておきましょう。
仕事の話ができるのであれば、相手にしないのも正解です。

まとめ:知らんぷりする人にも理由がある!適切な対応をしよう

知らんぷりする人について、特徴や心理、知らんぷりされたときの対処法を紹介しました。
知らんぷりされるというのは、あまり良い気分ではありません。
しかし、知らんぷりする人にも様々な理由があるということは理解してあげましょう。
誰だって面倒事に巻き込まれたくないわけですし、状況次第では知らんぷりするのも仕方ないもの。
知らんぷりする理由も考慮し、適切な対応をしていくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA