男性とすれ違う時にわかる好意のサインとは?脈なしサインも紹介!

男性とすれ違う時にわかる好意のサインとは?脈なしサインも紹介!

「好きな男性が自分のことをどう思ってるか知りたい」
そう思った時は、すれ違った時の彼の態度や言動に注目すれば、あなたに好意を持っているかどうか判断することができます。
今回は、男性とすれ違う時にわかる好意のサインと、好意ではないサインを解説していきます。
また、好きな女性とすれ違う時の男性心理や、すれ違う時に脈ありか脈なしか確認する方法も紹介していきますので、チェックしてみてください。

男性とすれ違う時にわかる好意のサイン

男性は、好きな女性とすれ違う時に様々な好意のサインを出しています。
たとえクールなタイプの男性であっても、無意識に好きの気持ちを表してしまっているものなのです。
ここでは、すれ違う時に分かる男性の好意のサインを「挨拶編」「体の向き編」「言動編」以上3つのパターン別に解説していきます。

すれ違う時にわかる男性の好意のサイン【挨拶編】

挨拶の時じっと見つめる

男性は好きな女性に挨拶する時、すれ違いざまであっても相手のことをじっと見つめる傾向があります。
「少しでも姿を目に焼き付けたい」「今日も可愛い」そんな思いが溢れて、目が離せなくなるのでしょう。
また、好きな女性に夢中になっている時は、すれ違った後も後姿をずっと見つめてしまうのです。

会話を続けようとする

男性は好きな女性とすれ違った時、挨拶だけでは物足りなくてそのまま会話を続けようとします。
「今日いい天気だね」「最近調子どう?」など、他愛のない話題を投げかけて、少しでも会話の時間を伸ばそうとするのです。
女性はこの行動に「お喋り好きな男性なんだな」と思ってしまいがちですが、そうではなく実は好意のサインなのです。

遠くにいても駆け寄って挨拶する

男性は好きな女性と少しでも会話するために、遠くにいても駆け寄ってすれ違いざまに挨拶するという健気な行動に出ることもあります。
職場でデスクが遠いのに、いつもすれ違って挨拶してくれる…このような男性があなたに身近にいるのであれば、その人は確実にあなたに好意を持っていると言えます。

満面の笑みを見せる

男性は好きな女性に挨拶する時、たとえ一瞬すれ違っただけだとしても満面の笑みを見せる傾向があります。
好きな人が目の前にいることが嬉しくて、無意識のうちに笑みがこぼれるのでしょう。
また、笑顔を向けることは、「あなたのことが大好き」という男性からのさりげないアプローチでもあるのです。

待ち伏せして挨拶する

好きな女性と少しでも会話したくて待ち伏せし、たまたますれ違ったことを装って挨拶する…そんな行動をとる男性も、実は少なくありません。
待ち伏せと聞くと「気持ち悪い」「怖い」と思う女性は多いでしょう。しかし、好きな女性とどうしても関わり合いを持ちたくて、悪気なくそのような行動をとってしまう場合もあるのです。


すれ違う時にわかる男性の好意のサイン【体の向き編】

体全体を相手に向ける

男性が好きな女性とすれ違う時は、体全体を相手に向けるというのが典型的なスタイルでしょう。
体全体を相手に向けるのは、「親しくなりたい」「自分に注目してほしい」というサインです。つまり、好意を表していると言えるでしょう。
また、体全体を相手に向け自分の存在をアピールすれば、「話しかけてもらえるかも」と期待しているとも考えられます。

顔を相手に向ける

好きな女性とすれ違う時に、男性が顔だけを相手に向けている状態も好意のサインだと考えられます。
好きな女性とすれ違う時、言葉はかわさなくても思わず相手のことを凝視してしまうという男性は多いです。
通り過ぎるまでずっと相手に顔を向け続けるため、周りの人達には「見すぎ」「絶対気がある」と思われているでしょう。

相手の前に立つ

好きな女性とすれ違う時に、相手に体全体を向けるだけでなく、相手の前に立ちまるで通せんぼしてるような状態を作ってしまう男性もいるでしょう。
積極的なタイプの男性は、ただすれ違うだけでは満足できず、「会話したい」「顔をちゃんと見たい」という気持ちが強すぎて、相手の前に立ってしまうのです。
これは、女性から「うっとおしい」と思われかねない行動と言えます。

姿勢が良くなる

男性は好きな女性とすれ違う時、相手に体や顔を向けるのと同時に、いつもよりピシッと姿勢が良くなるのも特徴的です。
姿勢が良くなるのは、「少しでもかっこいいと思われたい」という気持ちの表れなのです。
また、好きな女性を目の前にすると緊張してしまい、無意識に背筋がピンと伸びるということも考えられます。

距離感が近い

好きな人とすれ違う時、体や顔を向けつつ無意識に距離感を近づけてしまう…そんな男性も多いです。
女性からすると、「やたら近いな…」と不快に思えてしまう場合もあるでしょう。
しかし、男性はいつも好きな女性に対して「近づきたい」「触れてみたい」と考えているため、悪気なく密着しようとするのです。


すれ違う時にわかる男性の好意のサイン【言動編】

褒め言葉を言う

すれ違いざまに「今日も可愛いね」「今日の髪型似合ってる」このようなことを言うのは、かなり分かりやすい男性からの好意のサインです。
男性は好きな女性のことを、心の中では常に「可愛い」「綺麗」と思っています。積極的な男性はその気持ちを抑えきれずに、すぐに言葉に出してしまうのでしょう。

チラチラ見る

男性は好きな女性とすれ違う時、思わずチラチラ見てしまう傾向があります。
特にシャイな男性の場合は、すれ違う時に見つめ合うのは照れくさいので、目が合わないようにチラチラと見て自分の気持ちを満たそうとします。
目が合いそうになったら慌ててそらすので、周りから見るとかなり不自然な動きになっているのが特徴的です。

声が大きくなる

誰かと会話している時に好きな女性とすれ違ったら、つい声が大きくなってしまう…これは、実は男性の好意のサインなのです。
声が大きくなるのは、好きな女性に「自分の存在に気づいてほしい」「注目してほしい」という気持ちの表れでしょう。
好きな女性が少しでも自分のことを見てくれたら、男性はそれだけで満足するのです。

あたふたする

すれ違う時にわかる男性の好意のサインとして、あたふたするというものも挙げられます。
特に、ボーっとしている時に突然好きな女性が目の前に現れたら、すれ違いざまに「声をかけるべきか?でも何を話せば…」などと考えあたふたしてしまうのです。
そんな風にあたふたしている自分が恥ずかしく思えて、更に不自然な動きをしてしまう男性もいるでしょう。

顔を赤らめる

すれ違う時に顔を赤らめるのは、間違いなく男性からの好意のサインです。
好きな女性が至近距離にいるとドキドキして、思わず顔が赤くなってしまう男性は少なくありません。
また、顔が赤くなってしまうほど内気な男性は、好きな女性とすれ違った時になかなか自分から声をかけることができないのも特徴的です。


すれ違う時にわかる男性の好意ではないサイン

男性があなたに好意を持っていない場合も、すれ違う時にその気持ちはしっかりと表れています。
明らかに冷たい・そっけないと感じるのであれば、間違いなく好意を持っていないということなのです。
ここでは、すれ違う時にわかる男性の好意ではないサインについて解説していきます。

背を向ける

男性がすれ違う時に背を向けるのは、相手に好意を持っていない証拠です。
背を向けるという行動に隠された心理として考えられるのは、ただ単純に異性として興味を持っていないということと、相手に対して苦手意識を持っているということです。
関わり合いを持つ気がないから、たとえ挨拶を交わしたとしても背を向け続けてしまうのでしょう。

一切声をかけない

すれ違う時にわかる男性の好意ではないサインとして、相手に一切声をかけないというものも挙げられます。
相手から挨拶されたり話しかけられたら返事をするけど、自分から一切声をかけようとしないのは、「会話する必要性がない」と思っているからです。つまり、相手と親しい関係になりたいとは全く思っていないということでしょう。
ただ、本当は好きだけど照れくさくて声をかけられないという場合もあるので、相手の表情や態度を見てから判断してください。

表情に変化がない

好きではない女性とすれ違った時、男性の表情には変化が見られません。
好きな女性とすれ違った場合なら、笑顔になったり顔を赤らめるなど、男性の表情には何かしらの変化があります。
しかし、興味のない女性とすれ違った場合は、何も感じていないので当然真顔で通り過ぎていってしまうのです。

睨みつける

すれ違った時の男性の好意ではないサインとして、相手を睨みつけるというものも挙げられます。
これは好意を持っていないのはもちろんで、反対に相手に対してかなり嫌悪感を持っているからこその行動であると言えます。
すれ違いざまに睨みつけるくらいなのですから、過去に相手に何か不愉快なことをされた経験でもあるのでしょう。

一切見ない

男性は好きではない女性とすれ違った時は、相手のことを一切見ようとしません。
これは、興味がないからただ単に視界に入っていないという場合と、嫌いだから視界に入れたくないと思っている場合があります。
酷い場合は、相手が挨拶してきても一切見ずに、無視して通り過ぎてしまうこともあるでしょう。


好きな女性とすれ違う時の男性心理

好きな女性とすれ違う時の男性の気持ちは、その人の性格によってそれぞれ違います。
素直な男性なら喜びを感じますが、シャイな男性は恥ずかしさや緊張感を感じてしまうのです。
では、好きな女性とすれ違う時の男性心理を詳しく解説していきます。

会話できるチャンスだと思う

好きな女性とすれ違う時、積極的な男性は「会話できるチャンスだ」と思います。
恋愛に積極的な男性は、好きな女性を振り向かせるには会話を重ねることが大切だと考えています。
そのため、偶然すれ違う瞬間は待ちに待ったチャンスの時間で、相手を引きとめてでも会話を続けたいと考えるのです。

嬉しい気持ちになる

好きな女性とすれ違う時、多くの男性は単純にとても嬉しい気持ちになるでしょう。
好きな女性が近くにいるだけで、男性は喜びを感じるものです。
たとえ勇気がなくて話しかけることはできなくても、「今日近くで姿を見れた」それだけで一日頑張れる人もいるのです。

照れくさくなってしまう

好きな女性とすれ違う時、嬉しい気持ちよりも照れくささが勝ってしまう男性もいます。
照れくさくなるのは、相手のことを過剰に意識してしまうからです。
特に、好きな女性と手を繋いだり、抱き合うなどの妄想をよくしている男性は、本人を目の前にすると急激に照れくさくなって「逃げ出したい」とさえ思う傾向があります。

「話しかけてほしい」と望む

好きな女性とすれ違う時に、「話しかけてほしい」と望む男性も少なくありません。
特に、自分から積極的にアプローチできないタイプの男性は、このような他力本願な思考に陥ってしまいがちです。
相手が話しかけてくれることを期待するばかりで、結局恋のチャンスを掴めないことが多いでしょう。

緊張してしまう

好きな女性とすれ違う時、どうしても緊張してしまうという男性もいます。
緊張してしまうのは、自意識過剰で自分に自信がないからでしょう。
「変なヤツと思われたらどうしよう…」「話しかけたいけどつまらないヤツと思われるのは嫌だ…」そんなことを考えたら緊張してしまい、結局何もできないまま通り過ぎてしまうのです。


すれ違う時に脈ありか脈なしか確認する方法

好きな男性とすれ違う時、相手の表情・態度・行動に注目すれば、脈ありか脈なしかを確認することができます。
チェックポイントをしっかりと抑えて見極めましょう。
ここでは、すれ違う時に脈ありか脈なしか確認する方法を紹介していきます。

自分から挨拶した時の反応を見る

好きな男性とすれ違った時、あなたから挨拶をしてみてください。その時の彼の反応を見れば、脈ありか脈なしか判断することが可能です。
あなたから挨拶した時、しっかりと対応してくれる・「元気?」などと言葉を掛けてくれるのであれば、完全に脈ありです。
反対に、冷たく会釈だけしてくるなど、そっけない対応をされた時は残念ながら脈なしでしょう。

相手の体の向きや目線をチェックする

好きな男性から好意を持たれてるかどうか確認したい時は、すれ違った時の相手の体の向き・目線も大切なチェック項目です。
すれ違う時、体を向けてくれてバッチリ目も合う…これは、男性が好きな人とすれ違う時の行動の典型的なパターンです。よって、この場合脈ありなのは確実です。
反対に、あなたから背を向けるばかりで目も合わせようとしないのであれば、脈なしと判断できます。

相手の表情に動きがあるか

好きな男性とすれ違う時は、相手の表情に動きがあるかどうかもしっかり確認してみてください。
少しでも口角が上がったり、明らかに照れくさそうな表情をした場合は、脈ありの可能性が高いです。
全く表情に変化が見られずずっと真顔なのは、あなたに興味がないというサインです。

動揺している様子が見られるか

すれ違う時に脈ありか脈なしか判断するには、動揺している様子が見られるかも確認してみてください。
あなたとすれ違った時、明らかに彼がドタバタし始めたら、それは好きすぎて心がざわついている証拠です。
全くの平常心でリラックスしている様子であれば、あなたのことを特別視はしていないのでしょう。

すれ違った時話しかけてくれるか

すれ違った時彼からあなたに話しかけてくれるかどうかも、脈あり・脈なしの重要な判断材料です。
毎回彼の方から元気に挨拶してくれたり、何かと話題を提供してくれるのであれば、脈ありなのは確実でしょう。
彼から挨拶してくることも、話しかけてくれることも一切ないのであれば、今後関係が進展することは期待できません。


男性は好きな女性とすれ違う時必ず好意のサインを出す

実は男性は好きな女性とすれ違う時、必ずと言っていいほど好意のサインを出しています。好きな女性との距離感が近いと嬉しさや緊張感が高まって、自分でも無意識のうちに好意を表してしまうのでしょう。
気になる彼があなたに好意を持っているかどうかを、すれ違いざまにしっかりとチェックしてみてください。もし脈ありだと分かったら、あなたからも彼に好意を示してあげましょう。そうすればすぐに仲は深まり、恋は実ります。