話しかけた時の反応で分かる男性の脈アリサインとは?反応が良くなる話しかけ方も紹介!

話しかけた時の反応で分かる男性の脈アリサインとは?反応が良くなる話しかけ方も紹介!

好きな男性が自分のことをどう思っているのか…恋する女性なら誰もが気になることでしょう。脈アリなのか、それとも脈なしなのか、それは話しかけた時の男性の反応で見分けることもできるのです。
今回は、話しかけた時の反応で分かる男性心理について紹介していきます。
話しかけた時の態度と表情で分かる男性の脈アリ・脈なしサインと、男性の反応が良くなる上手な話しかけ方も解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

話しかけた時の反応で分かる男性の脈アリサイン【態度編】

好きな女性から話しかけられた時と、興味のない女性に話しかけられた時とでは、男性の態度には違いが生じます。しっかりと話を聞く姿勢をとったり、明らかに動揺している様子になるなど、脈アリサインには様々なものがあります。
ここでは、話しかけた時の態度で分かる男性の脈アリサインについて詳しく紹介していきます。

距離を縮めてくる

話しかけた時に男性が自ら距離を詰めてくる場合、あなたに好意を持っていると考えられます。
男性は、自分の好みのタイプの女性や好きな女性と「近づきたい」「もっと至近距離で顔を見たい」と思っているので、相手を目の前にすると無意識に距離を詰めてしまう傾向があるのです。

しっかり向かい合ってくれる

話しかけた時にしっかりとあなたの方に顔や体を向けてくれるという場合も、脈アリと判断できます。
向かい合う姿勢をとってくれるのは、それほどあなたの話に興味があるという証拠です。あなたのことが好きだからこそ「どんな話でも聞いてあげたい」と思うのでしょう。

慌てる

話しかけた時にあたふたと慌てた様子を見せる場合も、あなたのことを異性として意識している可能性が高いです。
奥手な男性は、好きな女性に話しかけられた時にどうしても緊張してしまいます。その結果、周りから見ると挙動不審に映る言動をとってしまうのでしょう。

会話を続けようとする

用事があって話しかけただけなのに、相手が別な話題を持ち出してきて何とか会話を続けようとしてくるのは、間違いなくあなたのことが好きだというサインでしょう。
例えば職場で、仕事について質問した後に全く関係のないプライベートな質問を投げかけてくる…これは、あなたが話しかけてくれたことをチャンスと捉え、もっと仲を深めようとしているのです。

やたら気遣ってくれる

あなたが話しかけた時にやたらと気遣いを見せてくれる場合も、脈ありと考えられます。
職場の男性上司に、仕事についてちょっとした相談をした時「また何か困ったことがあったらいつでも言ってね」などと気遣いの言葉を掛けられたら、「誰にでも優しい上司」という印象を持つでしょう。しかし、誰にでもそのような気遣いのある言葉を掛けているとは限りません。あなたのことを異性として特別視しているからこそ、「良く思われたい」と考え優しさを見せている可能性が高いです。


話しかけた時の反応で分かる男性の脈アリサイン【表情編】

話しかけた時の脈アリサインは、態度だけでなく表情にも表れています。好きな女性に話しかけられるとその喜びが素直に表情に出てしまう人もいれば、緊張のあまり表情が強張ってしまう人もいるでしょう。
ここでは、話しかけた時の表情で分かる男性の脈アリサインを詳しく紹介していきます。

満面の笑みを浮かべる

あなたが話しかけた時いつも満面の笑みを浮かべてくれるなら、脈アリなのは確実です。
当然ですが、好きな女性に話しかけられた時誰でも嬉しい気持ちになります。正直で嘘がつけないタイプの男性は、その喜びが自分でも無意識のうちに表情に表れてしまうのです。

ジッと見つめる

話しかけた時に相手がジッと目を見つめてくる場合も、あなたに好意を持っていると考えられます。
好きな人と会話している時、思わず見つめてしまう男性は少なくありません。あまりにもジロジロ見られると、「私の顔に何か変な部分があるのかな…」などとネガティブに考えてしまう女性もいるでしょう。しかし、実際は好きすぎて見とれてしまっているだけなのです。

顔を赤らめる

話しかけた時に男性が顔を赤らめたら、それは大好きな人を目の前にして照れくさく感じている証拠です。つまり、あなたのことを完全に異性として意識しているということです。
特に女性慣れしていないシャイな男性は、好きな人に話しかけられるとどうしても恥ずかしい気持ちを隠し切れません。職場で仕事の話を持ち掛けられるなど、話の内容が真剣なものであっても顔が赤くなるため、相手に好意を持っていることが周りの人達にもすぐにバレてしまうのです。

目を丸くする

目を丸くするのは、驚いた時だけではありません。好きな女性から話しかけられた時にも、動揺して目を見開いてしまうことがあるのです。
また、目の前にいる好きな人の顔をしっかりと見ていたいという気持ちから、無意識のうちに目を見開いてしまうということも考えられるでしょう。

表情が硬い

話しかけた時に相手の表情が硬く、なんだかぎこちなく感じる場合もあるでしょう。それは決してあなたのことが嫌いというわけではなく、好きだからこそ緊張して上手く表情を作れなくなっている状態と考えられます。
ガチガチに緊張しているかっこ悪い姿を見せたくなくて、彼なりに頑張って笑顔を見せようとした結果、余計にぎこちなくなってしまうのです。


話しかけた時の反応で分かる男性の脈なしサイン【態度編】

気になる男性から異性として見られていない場合、話しかけた時にそっけない対応をとられてしまうでしょう。男性からの脈なしサインは、基本的にはとても分かりやすいです。
ここでは、話しかけた時の態度で分かる男性の脈なしサインについて詳しく解説していきます。

体をこちらに向けない

話しかけた時にあなたの方に体を向けようとしない場合は、残念ながら脈なしと判断できます。
相手が好きな女性なら、誠実さをアピールするためにちゃんと向かい合って会話しようと男性は思うものです。体を背けて話すのは、恋愛感情を全く持っていない証拠です。

片手間で会話しようとする

あなたが話しかけても作業をやめず片手間で会話しようとする場合も、脈なしと言えるでしょう。
もし相手が職場の上司や同僚の場合、あなたのことが好きなら仕事を中断してちゃんと耳を傾けてくれます。それをしないのは、彼の中であなたが職場の仲間以上の存在ではないからです。

明らかにめんどくさそう

あなたが話しかけた時明らかにめんどくさそうな態度をとられたら、当然今のところ関係の進展は見込めないでしょう。
ただ、本当に忙しい時に話しかけられたら、相手が好きな女性であっても反射的にめんどくさそうな態度をとってしまうことはあります。明らかに相手が暇な状況なのにめんどくさそうにされる場合は、完全にあなたのことを異性としては見ていないと言えます。

早く話を終わらせようとする

話しかけた時に早く話を終わらせようとするのであれば、残念ですが相手はあなたに好意を持っていないと判断できます。
好きな女性から話しかけられたら、1分でも会話の時間を伸ばそうとするものです。特に職場で興味のない女性から話し掛けられた場合は、一秒でも早く切り上げて仕事に取り掛かりたいと男性は思うでしょう。

上から目線で対応する

話しかけるたびになぜかいつも上から目線のアドバイスや見下すような発言をしてくる…この場合も、相手はあなたに興味を持っていないと言えるでしょう。
上から目線の発言をしたら、女性から嫌われるのは当然です。そうと分かっていながら自分のプライドを満たすためだけにあなたを見下してくるのは、好きでもないし好かれようとも思っていないからです。


話しかけた時の反応で分かる男性の脈なしサイン【表情編】

脈なしサインは、話しかけた時の相手の表情にもしっかりと表れています。脈アリの場合は基本的に表情が豊かになったり、顔を赤らめたりするものですが、脈なしの場合はそれとは真逆で、場合によってはしかめっ面で対応してくることもあるでしょう。
ここでは、話しかけた時の表情で分かる男性の脈なしサインを詳しく紹介していきます。

視線を全く合わせない

話しかけた時に相手が視線を全く合わせてくれない…この場合、完全に脈なしと言えます。
男性は、好きな女性に話しかけられたらここぞとばかりに目を見つめます。視線が全く合わないのはあなたのことを見ていないからで、要するに興味がないというサインなのです。

睨みつけるような目で見てくる

話しかけたら一応見てはくれるけど、なぜか睨みつけるような目でみてくるという場合も、あなたに異性としての関心を向けていないのでしょう。
元々目つきが悪い男性の場合は該当しませんが、基本的に男性は好きな女性のことをいつも優しい眼差しで見ています。睨みつけるのは、全くあなたに興味がないか、もしくは何か作業をしている時にあなたに話しかけられて怒っている可能性もあるでしょう。

笑顔を一切見せない

話しかけた時に笑顔を一切見せてくれない…この場合も、残念ですが脈なしと考えられます。
好きな女性に話しかけられた時は、嬉しくてニヤニヤしてしまったり、緊張しながらも「良く思われたい」と考え無理に笑顔を作ろうとするものです。笑顔を見せることがないのは、あなたのことを全く異性として意識しておらず「どう思われてもいい」と考えている証拠です。

眉間にシワを寄せる

話しかけた時に相手が眉間にシワを寄せたら、「怒らせてしまったかな?」と不安になるでしょう。その予想は当たっている可能性があります。睨みつけるような目で見てくるパターンと同様に、相手にとって不快なタイミングであなたが話しかけてしまったのでしょう。
ただ、相手が好きな女性なら、忙しい状況で話しかけられても眉間にシワを寄せて怒りを表すアピールすることはありません。あなたのことを異性として意識していないから、不快な気持ちを表情に出すのです。

顔色が悪い

あなたが話しかけた時に相手の顔色に変化がない・むしろ顔色が悪い場合も、脈なしと言えます。
好きな人から話しかけられたら嬉しさやドキドキ感で気分が高まり、血色が良くなる人が多いでしょう。つまり顔色が悪いというのは、あなたに話しかけられても気持ちが全く高揚していない証拠です。あなたに対して異性としての関心は全く持っていないのでしょう。


男性の反応が良くなる上手な話しかけ方

「話しかけてもそっけない男性を何とかして振り向かせたい…」それならば、これまでのあなたの話しかけ方を見直し、男性に好印象を与えられる方法に改善する必要があります。相手があなたのことを「良い子」と思えば、必ず反応は良くなるでしょう。
ここでは、男性の反応が良くなる上手な話しかけ方を紹介していきます。

話しかける時は笑顔で

好きな男性に話しかける時は、必ず笑顔でいることを心掛けましょう。
好きな人を目の前にすると、緊張して無意識のうちに表情が強張ってしまう人は少なくないでしょう。しかし、それでは相手に好印象を与えることができません。いつもニコニコと笑顔で声を掛ければ、喜んで対応してくれるようになります。

忙しそうな時は避ける

好きな人に話しかけたくても、相手が忙しそうな時は絶対に避けた方が良いです。
相手が仕事で手が離せない状態の時に話しかけたら、「空気が読めない」とマイナスイメージを持たれてしまうでしょう。相手に余裕があることが明確な状態の時に話しかければ、自ずと反応は良くなります。

「今大丈夫ですか?」と必ず確認する

話しかける時に「今大丈夫ですか?」と必ず確認することで、相手に「謙虚で良い子」「礼儀正しい女性」と思わせることができます。
確実にあなたのイメージアップに繋がるので、反応が良くなるどころか、あなたの存在を気にかけてくれるようになることも期待できるでしょう。

ソフトな口調を心掛ける

元気いっぱいに明るく話しかければ、自分の印象を良くすることができると思い込んでいる女性は少なくないでしょう。確かに快活さは相手に伝わりますが、場面によっては「うっとおしい」と思われてしまう危険性があります。
なので、職場などのピリピリしがちな場では、ソフトな口調で話しかける方が効果的です。そうすることによって、相手はこころよくあなたの話に耳を傾けてくれるようになるでしょう。

髪型や服装を褒める

話しかけた時に、相手の髪型や服装を褒めるようにしましょう。そうすれば、あなたと会話することを「楽しい」と思ってくれるようになります。
男性は、基本的に女性から褒められるのが大好きです。いつも褒めてくれる女性なら、忙しい時でも話しかけられたら「絶対に対応しよう」と思うでしょう。褒め続けることで、あなたのことを異性として意識し始めることも期待できます。


むやみやたらに何度も話しかけるよりも、一回一回を大切にすべき

「好きな人と距離を縮めるには、積極的に話しかけるべき」そう考えている女性は少なくないでしょう。確かにそうしているうちに親しくなれることもありますが、話しかけるタイミングを失敗したり、相手の気分を考えずにグイグイ近づいていくと、最悪の場合あなたの印象が悪くなってしまう危険性があります。
大切なのは、話しかける回数ではありません。話す頻度は少なくても一回一回を大切に丁寧に接すれば、あなたのイメージが良くなり親密度も上がるでしょう。