今時の子の特徴|今時の人が苦手な時の対処法や付き合い方とは

今時の子の特徴|今時の人が苦手な時の対処法や付き合い方とは

今時の子の特徴について、紹介します。

主に『ゆとり世代』や『さとり世代』の人を指す、『今時の子』。

年配の人などは特に、今時の子との関わり方が分からない…なんて苦労しているかもしれませんね。

ここでは、今時の子の特徴や仕事への考え方を見ていきたいと思います。

また、記事の最後には今時の子との上手な付き合い方にも触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

今時の子の特徴

まずは、今時の子の特徴から紹介します。

『今時の子』と聞くと、可愛いとか足が長いとか見た目的なことがたくさん浮かびますが、今時の子には内面や考え方にも特徴があります。

思わず『今時の子だよね』と言ってしまいたくなる今時の子には、以下のような特徴が挙げられます。

自尊心が強い

今時の子の特徴には、自尊心が強いことが挙げられます。

自分を認めてほしい、自分を知ってほしい、注目されたいという願望、気持ちが、今時の子は強いです。

その典型的なものがSNS。

いいねの数やコメントの数に一喜一憂するのは、まさに自尊心が強い現れだと言えるでしょう。

関連記事はこちら▽ 一喜一憂する人の特徴|物事に一喜一憂しない方法とは 一喜一憂する人の特徴|物事に一喜一憂しない方法とは

特定の繋がりを大事にする

今時の子の特徴には、特定の繋がりを大事にすることが挙げられます。

今はSNSで世界中の人と繋がれる時代なので、同じ趣味の人とも簡単に繋がることができます。

これがまさに『横の繋がり』『特定の繋がり』であり、今時の子は、顔も知らないSNS上の知り合いや繋がりを大事にする傾向が強いと言えるでしょう。

痩せ願望が強い

今時の子の特徴には、痩せ願望が強いことが挙げられます。

最近の子って、細いのにダイエットをしていたりなど、痩せ願望が強い気がしませんか?

特に女性は痩せていることがキレイ、カッコイイと思っているため、必要以上に自分を追い詰めて過度な食事制限などのダイエットに励む人が多いです。

節約志向、倹約家

今時の子の特徴には、節約志向、倹約家であることが挙げられます。

今時の子は、高級ブランドなどの高価なものにこだわらず、節約志向の人が非常に多いと言えるでしょう。

バブル崩壊後に生まれ、リーマンショックなども目の当たりにしている今時の人は、お金をかけずに楽しむ方法をたくさん知っているのかもしれません。

多様な価値観がある

今時の子の特徴には、多様な価値観があることが挙げられます。

今はネットを通じて様々な情報を大量に仕入れることが出来るので、今時の子は価値観も多種多様。

昔は、ある一定の価値観から逸脱する人は『変な人』と思われてきましたが、今はそうではありません。

色々な価値観を認められるのは、今時の子ならではかもしれませんね。

今時の子の仕事への考え方

さて、では今時の子の仕事への考え方を見てみましょう。

今時の子は、昔とは仕事への考え方や取り組む姿勢も大きく変わってきています。

一体、今時の子は『仕事』をどんなふうに考えて、どんなふうに捉えているのでしょうか。

少ない労力で目的達成したい

今時の子の仕事への考え方には、少ない労力で目的達成したいことが挙げられます。

無駄なことを省き、いかに残業をせずに仕事をやり遂げられるか、に重きを置いている傾向が強いですね。

がむしゃらに頑張るのではなく、効率的に仕事も進めていくというのが、今時の子の仕事への考え方なのでしょう。

現実的

今時の子の仕事への考え方には、現実的なことが挙げられます。

今時の子は、仕事に対して大きな夢を持つことはありません。

よく言えば現実的、悪く言えば冷めているといったところでしょうか。

将来への不安なども重なって、より現実的になっているのかもしれません。

向上心がない

今時の子の仕事への考え方には、向上心がないことが挙げられます。

今時の子は、社会人になっても特別向上心を持ちません。

理由としては様々ですが、たとえ役職に就いても、仕事内容と報酬が合わないなどの理由から、あえて昇進を望まない人も増えているようです。

転職が当たり前

今時の子の仕事への考え方には、転職が当たり前なことが挙げられます。

今時の子は、1つの職場にこだわる気がなく、長く居座るつもりもありません。

自分の目的を達成したら、次の職場を探すという考えの人も少なくなく、ある程度キャリアを積んだら、資格をとったら転職しようと思っている人も多いようです。

理不尽を嫌う

今時の子の仕事への考え方には、理不尽を嫌うことが挙げられます。

今時の子はSNSを通じて横の繋がりが強いので、昔の会社にあった『縦の繋がり』には意味や必要性を見出すことができません。

新人は早く来て遅く帰るとか、上司の命令は絶対とか、そういう理不尽なことには耐えられないのです。

今時の人が苦手な理由

ではここで、今時の人が苦手な理由を紹介しましょう。

自分よりもいくつか若いだけであっても、『今時の人って苦手だな』と思っている人もいますよね。

なぜ、今時の人を苦手だと感じてしまうのか、その理由をまとめてみました。

協調性がないから

今時の人が苦手な理由には、協調性がないからというものが挙げられます。

今時の人は、自己や個性を重要視していて、周りに合わせるということは二の次。

職場の飲み会などは、メリットがないからという理由で断ったりするなど、今時の人は協調性がないと感じる人も少なくありません。

接し方がわからない

今時の人が苦手な理由には、接し方がわからないことが挙げられます。

今時の人は割と打たれ弱く、少し強く言っただけで『自分を否定された』と病んでしまうことも。

ちょっとしたことで機嫌が悪くなることも多く、そもそもコミュニケーションの取り方や接し方が分からずに悩んでいる人も多いようです。

テンションが無駄に高いから

今時の人が苦手な理由には、テンションが無駄に高いからというものが挙げられます。

今時の人は自分の好きなことや興味のあることへの関心がとても高く、ハイテンションで騒いでいることも少なくありません。

職場でも、友達感覚なのかやたらと高いテンションで話しかけてくる今時の子を見ると、思わず苦手だな…と感じてしまいますね。

注意するとパワハラ扱いされるから

今時の人が苦手な理由には、注意するとパワハラ扱いされるからというものが挙げられます。

仕事でのミスを指摘したり、ちょっと強く叱ったりすると、今時の人はすぐに『パワハラだ』などと言ってきます。

ミスを指摘されただけでパワハラと騒がれてしまっては、こちらとしても困ってしまいますね。

今までの常識が通用しないから

今時の人が苦手な理由には、今までの常識が通用しないからというものが挙げられます。

年配の人などは特に、自分が新人だった頃の常識が今の子には通用しない、と悩んでいるようです。

今時の人は仕事への考え方も昔とは違うので、自分の常識が通用しないために苦手だと感じてしまいます。

今時の子との上手な付き合い方

最後に、今時の子との上手な付き合い方を紹介します。

今時の子は苦手だな…と感じていても、同じ職場にいる場合などは、上手に付き合っていかなくてはなりません。

今時の子との上手な付き合い方には、こんなものが挙げられます。

自分の常識を押し付けない

今時の子との上手な付き合い方には、自分の常識を押し付けないことが挙げられます。

何度も言いますが、昔と今では仕事への考え方や姿勢は大きく変わってきています。

昔の考え、自分の常識は、今時の子には通用しません。

今時の子と付き合っていくためには、自分の常識を押し付けるのはやめましょう。

個人として認める

今時の子との上手な付き合い方には、個人として認めることが挙げられます。

『今時の子』という一括りにするのではなく、その人その人個人として接するようにしましょう。

今時の子は認められたいという承認欲求も強いので、『自分』をきちんと見てくれる人、認めてくれる人には心を開きやすくなりますよ。

理由を説明する

今時の子との上手な付き合い方には、理由を説明することが挙げられます。

叱るときやミスを指摘するときには、必ず『理由』も添えるようにしてください。

理由がきちんとしていれば、今時の子もパワハラだ何だと騒ぐことはありません。

そのためにも、感情で叱ることのないように気をつけてくださいね。

目的を明確にする

今時の子との上手な付き合い方には、目的を明確にすることが挙げられます。

今時の子に仕事を頼むときは、『目標』よりも『目的』を明確にすることがおすすめ。

なぜこうするのか、なぜやらないといけないのか、その理由や目的がハッキリしていれば、今時の子は頑張れるのです。

一定の距離感を保つ

今時の子との上手な付き合い方には、一定の距離感を保つことが挙げられます。

今時の子と無理に距離を詰めようとすると、余計に警戒されたりウザいと思われてしまいます。

仕事に支障がなければいいわけですから、今時の子とは一定の距離感を保ちましょう。

お互いに過干渉せず、必要なやり取りができる距離を保っていけばいいのです。

今時の子は横の繋がりを大切にする

今時の子の特徴や仕事への考え方、今時の子が苦手な理由などについて、紹介しました。

今時の子は昔と違って仕事には欲がなく、偉くなるよりも適度に働いて報酬を得たいという、コスパ重視の人が非常に多くなっています。

縦の繋がりなどは厄介で理不尽、意味のないものと捉えて嫌悪感を露わにする一方、SNSを通じて得た横の繋がりは非常に大切にする傾向が強いです。

そんな今時の子と付き合っていくのは大変だと思うかもしれませんが、1人の人間として向き合うことで、その人の良さが分かってくるもの。

適度な距離感を保ちながら、今時の子を認めてあげて、上手に付き合っていきましょう。