会話が噛み合わない人の特徴や心理|話が噛み合わないと言われた時の直し方とは

会話が噛み合わない人の特徴や心理|話が噛み合わないと言われた時の直し方とは

あなたは話しをしていると、「会話が噛み合わないな」と感じる人はいませんか。

会話が噛み合わなければ意思の疎通もうまくいかず、仕事やプライベートでもストレスを感じることでしょう。

今回は会話が噛み合わない人の特徴について、お伝えしていきます。

会話が噛み合わない原因や、話が噛み合わないと言われた時の直し方についても触れていきますので、会話をすることに困っている人は参考にしてください。

会話が噛み合わない人の特徴

楽しく話をしようとしても、その人と話が噛み合わなければ気まずい雰囲気になってしまうこともあります。

それを防ぐためには、相手の特徴を捉えることが大切です。

そこでここでは、会話が噛み合わない人の特徴について解説していきます。

人の話を聞いていない

会話が噛み合わない人の特徴には、人の話を聞いていないということが挙げられます。

会話はお互いの主張を聞き合いながら言葉を交わすことで成り立ちますが、会話がかみ合わない人は自分の話だけしか考えていない傾向が強いです。

「〇〇と〇〇を話さなければならない」と考えて、人の話が頭に入っていないのでしょう。

その場合、相手の問いかけに対してうまく返すことができませんので、お互いにズレが生じて話しは当然噛み合いません。

自分勝手

会話が噛み合わない人の特徴には、自分勝手ということも挙げられます。

会話が噛み合わない女性によくみられる傾向ですが、この場合自分の言動ばかりを優先させて、人の言うことなど聞こうとしません。

人の話が途中であったとしてもそれを遮って、自分の発言をしようとします。

そのため例え重大な話しの中で意見を求められていたとしても、話がちぐはぐになり会話は噛み合うことはありません。

話しのポイントをつかめていない

会話が噛み合わない人の特徴には、話しのポイントをつかめていないということも挙げられます。

人に話をするときには、言いたいことを自分の頭の中で整理して発言しなければなりません。

しかし、会話が噛み合わない人は何を言うべきなのか、何を言いたいのかをつかめていないのです。

もし仕事中の会議で会話が噛み合わない男性がいるとすれば、このケースが考えられます。

コミュニケーション能力が低い

会話がかみ合わない人の特徴には、コミュニケーション能力が低いということも挙げられます。

良好な人間を築くためにはコミュニケーション能力は、大切な能力です。

しかしこの能力が低い人は、相手がどのように考えて言動を起こしているのかを十分に考えることができません。

そのため相手とのやり取りがスムーズにできず、話が噛み合わなくなることが多いのです。

感情的になりやすい

会話が噛み合わない人の特徴には、感情的になりやすいということも挙げられます。

これは会話が噛み合わない男性にも同様の女性にも言えることですが、会話は感情を表現したとしてもある程度冷静さが無ければ成り立ちません。

それなのに感情的になれば、相手が何を考えてなぜそのようなことを言うのかを理解できなくなり、会話が噛み合わなくなります。

話が噛み合わない心理

話しが噛み合わないと、人と人とのコミュニケーションを取ることはうまくいきません。

しかし、話しが噛み合わない人の心理がほんのわずかでもわかっていれば、ある程度の人間関係を築くことは可能でしょう。

そこでここでは、話しが噛み合わない人の心理について解説していきます。

自分が一番正しいと思っている

話しが噛み合わない人には、自分が一番正しいと思っている心理が働いています。

「自分の意見が正しいから人の意見など必要ない」とばかりに、人の話を聞こうとしないのです。

また、自分の意見が一番と思っているため、人が自分と異なる意見を言うと間違っていると判断します。

結果人の話を聞こうとしませんので、話が噛み合うことはありません。

自分を認めてほしい

話しが噛み合わない人には、自分を認めてほしいという心理が働いています。

「自分の意見を通してください」「人の意見を受け入れることは考えられません」という考えなのです。

いつもそのように思っていると、我も強くなりますので人の言うことを聞き入れることはありません。

人との会話を成り立たせようという気持ちもありませんので、話しが噛み合うこともないのです。

自分のペースで会話を進めたい

話しが噛み合わない人には、自分のペースで会話を進めたいという心理も働いています。

わがままな性格とも言えますが、このような人はすべてが自分中心です。

相手の状況は関係なく、人のペースに合わせることもしようとしません。

そのため相手はいくら仕事に必要な話でも、連絡事項を伝えなければならない場合でも、十分な発言をすることができないのです。

これでは、話しが噛み合うことはあり得ません。

問いかけに答えたと思っている

話しが噛み合わない人には、相手の問いかけに対して答えたと思っている心理も働いていることがあります。

例えば会話の途中で人に問いかけをされた場合、その問いかけに十分な答えを出していないのに自分はもう完璧に答えたと思っているのです。

そのため次の会話では相手はまだ引き続き先ほどの話をしているのに、自分は別の話をしているといった状況を作ります。

これでは、話しが噛み合わないのは当然です。

何を聞かれているのかわからない

話しが噛み合わない人には、何を聞かれているのかわからないという心理が働いていることもあります。

理解力に乏しく、相手が話した内容が難しかったり自分が他に考え事をしていたりして、何を話されたかわかっていないのです。

このような場合には、相手からどのような問いかけがあっても答えようがないでしょう。

相手もそのうちちぐはぐな返答に困り、やがて話は噛み合わなくなっていきます。

会話が噛み合わない原因

いくら穏やかに会話を交わしていたとしても、会話が噛み合わないとイライラすることがあります。

それにしても、会話がかみ合わないのはなぜなのでしょうか。

ここでは、会話がかみ合わない原因について解説していきます。

相手との波動が合わない

会話が噛み合わない原因には、自分と相手との波動が合わないからということが挙げられます。

話しをしていると何故か最初から「この人とは合わないな」と感じられることがありませんか。

これはスピリチュアル的な観点から見た場合に言えることですが、お互いの波動が合わないのです。

波動は一人一人がこれまで関わってきた環境や物の捉え方、考え方などで変わりますので、この波動が合わなければお互いの性質に根本的な違いがあります。

そのため話しも噛み合いません。

相性が悪い

会話が噛み合わない原因には、相手との相性が悪いからということも挙げられます。

相手と価値観が合わなかったり、共通の趣味が無かったり、相手といても居心地が悪かったりなどのような場合、相手との相性は悪いです。

相性が悪い相手とはなぜかいつもケンカになったり、ストレスを感じたりして一緒にいるだけで疲れます。

そのような相手とは、話しが噛み合うはずはありません。

話しの内容がはっきりと見えない

会話が噛み合わない原因には、話しの内容がハッキリと見えないからということも挙げられます。

会話をするうえでは、お互いに内容を確認し合いながら話さなければ成り立ちません。

それなのに、その内容がぼんやりとして何を言わんとするかはっきりしていなければ、話していてもズレが出てきてしまいます。

そうすると、話をしている間に噛み合わなくなってくる可能性が高いです。

根本的に言っていることが違う

会話が噛み合わない原因には、根本的に言っていることが違うということも挙げられます。

会話をするうえでは、お互いに何を前提として話をしているのかを理解していなければなりません。

しかし、その前提となる話が根本的にズレて方向性が違っていれば、話が合うはずもないのです。

これでは話しをしている間に何らかの誤解が生じて会話が噛み合わないばかりか、会話が成り立たずに終わったりしてしまう傾向が強くなります。

内容に対する知識に違いがありすぎる

会話が噛み合わない原因には、会話の無いように対する知識に違いがありすぎるからということも挙げられます。

会話をするためには、会話の内容を理解していなければなりません。

しかし、しっかりと内容を把握しないまま会話に入ってしまう場合もあり、この場合には相手との知識の差が広がる可能性が高いです。

そのためお互いにギャップが生じ、会話も噛み合わなくなります。

話が噛み合わないと言われた時の直し方

話しが噛み合わないと、人と人の間に見えない溝のようなものができることがあります。

スムーズな会話は、良好な人間関係を築くことに必要なのです。

しかし、時折話しがどうしても噛み合わない人がいます。

ここでは話しが噛み合わないと言われた時の直し方について、解説していきますので参考にしてください。

丁寧に話をする

話しが噛み合わないと言われた時には、丁寧に話をする癖をつけるという方法があります。

話しがかみ合わない人は、とかく話が雑です。

自分では自分の考えや言わんとしていることをわかっているため、そのようなことになるのでしょう。

しかし、相手は人のことを理解できていない場合がありますし、親しくなければ相手の考えていることなどわかるわけがありません。

そのため話しをするときには、面倒だと思っても丁寧な話を心がけることが大切です。

相手の話し方に合わせる

話が噛み合わないと言われた時には、相手の話し方に合わせてみることも一つの方法です。

人は他人の話し方には慣れなくて戸惑いストレスを感じても、自分の話し方には受け入れやすさを感じます。

それは話しの内容もよく入ってきて話しやすさを感じさせることでもありますので、話しが噛み合わない時には相手をよく観察してその話し方に合わせてみましょう。

相手のレベルと一致して、話がかみ合ってくる可能性が高いです。

結論を先に伝える

話しが噛み合わないと言われた時には、会話の中で話の結論を先に伝えてみることも一つの方法です。

人はダラダラと会話をしていると何を話しているのかわからなくなり、そのうち話しの論点がズレてきて、話しが噛み合わなくなってくることがあります。

それを避けるためにも、まずは会話の中で結論を先に伝えることをしてみましょう。

話しの内容が明確になりますし、お互いに話しの内容を十分に共有することができます。

話の内容をしっかりとすり合わせる

話しが噛み合わないと言われた時には、話の内容をしっかりとすり合わせるということも一つの方法です。

人は話しをしていると、自分の考えばかりで相手の考えに寄り添うことがなくなることがあります。

そのような場合話しがズレていくこともありますので、話しの内容をお互いに認識するためすり合わせをしっかりすることが大切です。

お互いに「これで大丈夫ですか」「合っていますか」とすり合わせていけば、話しのズレにストレスを感じることもありませんし、話しの噛み合わなさを防ぐことができます。

話しを伝える練習をする

話しが噛み合わないと言われた時には、話しを伝える練習をする方法もあります。

話しをしていて相手が「今この人は何を言っているのだろう」と感じることがあった場合、話しをしている人には伝える力が不足しているのかもしれません。

その際には、話しをまとめてわかりやすく伝え、相手に理解してもらえる話し方を身に着ける必要があります。

頭の中でしっかりと話を組み立てて伝える力がつけば、話しが噛み合わないということもなくなる可能性が高いです。

こちらが率先して会話を続けられるようにしましょう

会話が噛み合わない人の特徴や噛み合わない人の心理、話が噛み合わないと言われた時の直し方などについてお伝えしてきました。

会話は良好な人間関係を築くための大切な手段です。

それなのに、どうしても人との会話が噛み合わない人もいます。

その場合には、結論をわかりやすく伝えてあげたり話しのポイントをしっかり提示してあげたりして、会話を続けられるようにしてみましょう。

こちらが冷静に会話を続けようと努力をすると、相手も会話の噛み合わなさに気づき、自分の話し方を修正してくることが期待できます。