LINEを返さない人の心理や性格|LINEを返さない人への対処法とは

LINEを返さない人の心理や性格|LINEを返さない人への対処法とは

LINEを返さない人の心理について、紹介します。

あなたの周りにも、『LINEを返さない人』はいませんか。

既読未読に関わらず、LINEを返さないのはなぜなのでしょうか。

普段きちんとLINEを返す人からすると、LINEを返さない人にイライラしてしまうこともあるでしょう。

ここでは、LINEを返さない人の心理や理由、対処法を紹介していきます。

ぜひ最後まで読み進めてみてください。

LINEを返さない人の心理

早速、LINEを返さない人の心理を紹介します。

LINEを返さない人は、駆け引きのためにわざと返さなかったり、あえて返さないなど『LINEそのものは見ている』ことがほとんど。

いわゆる既読スルーをしてしまう心理には、以下のようなものがあります。

LINEを続けたくない

LINEを返さない人の心理には、LINEを続けたくないというものが挙げられます。

自分がLINEを返したら、おそらく相手からもまたLINEが来るでしょう。

そうなれば、LINEを続けなくてはなりません。

相手のことが好きじゃない、もしくは嫌いである場合、LINEを続けたくないからこそあえて返さないのです。

恋愛の駆け引き

LINEを返さない人の心理には、恋愛の駆け引きをしていることが挙げられます。

恋愛の駆け引きでLINEを返さないのは、男性よりも圧倒的に女性のほうが多いですね。

すぐに返事をせず、相手にヤキモキさせたいというのが狙いなのですが、女性ほど男性はLINEを重要視していない人が多く、LINEの駆け引きはうまくいかないことも多いと覚えておきましょう。

返事の必要がないと思った

LINEを返さない人の心理には、返事の必要がないと思ったというものが挙げられます。

相手のメッセージが完結しているようなものだと、『わざわざ返事をしなくてもいいだろう』と思ってしまうもの。

特に男性は、女性から『今日は〇〇に行ったよ』などの報告LINEが来ても、返事の必要がないと思ってしまうようです。

興味が無い

LINEを返さない人の心理には、興味が無いことが挙げられます。

メッセージを送ってきた相手そのものに興味が無いこともあれば、相手がしている話に興味がないのかもしれません。

自分の興味のない話題だと、返事をするのが面倒くさくなってしまうのです。

興味のない話がダラダラ続くのも、嫌ですしね。

返さないのではなく返せない

LINEを返さない人の心理には、返さないのではなく返せないことが挙げられます。

たとえば仕事中や人といるとき、友達と遊んでいるときなど、忙しくてLINEを返せないこともあるでしょう。

この場合は、未読のままになっていることもあれば、とりあえず見ることは見て返事は後でというパターンもあるので、未読既読に関わらず『返せない』ということもあるのです。

LINEを返さない人の性格

続いて、LINEを返さない人の性格について紹介します。

LINEを返さない心理には色々なものがありましたが、LINEを返さない人はどんな性格の人なのでしょうか。

どんな心理でLINEを返さないとしても、LINEを返さない人の性格には以下のような特徴が挙げられます。

めんどくさがり

LINEを返さない人の性格には、めんどくさがりなことが挙げられます。

LINEを返さないのは、基本的に『めんどくさい』と感じているから。

特に男性はLINEをコミュニケーションツールではなく単なる連絡ツールと捉えている人が多いので、用事のないLINEは全てめんどくさいと思っていることも少なくありません。

自分本位

LINEを返さない人の性格には、自分本位なことが挙げられます。

LINEを返さない人は、相手がどう思っているか?といった、相手の気持ちを考えることができません。

自分が良ければいいという自分本位な性格なので、LINEも自分の好きなときに返せばいいと思っており、相手の都合などは考えません。

ズボラでだらしない

LINEを返さない人の性格には、ズボラでだらしないことが挙げられます。

何でもかんでも、LINEを返すことすらめんどくさいと感じてしまうのは、ズボラでだらしない性格だからだと言えるでしょう。

こういう人は生活リズムも乱れており、LINEを返すのも深夜や早朝など、相手の都合を考えないことが多いです。

要領が悪い

LINEを返さない人の性格には、要領が悪いことが挙げられます。

忙しくてLINEが返せないことも確かにあるとは思いますが、一言くらいスキマ時間でも返せそうですよね?

それができないのは、日頃から仕事の効率が悪いなど要領が悪いから。

要領が悪いと効率も悪くなるので、LINEを返す時間さえ作れなくなってしまうのかもしれません。

適当

LINEを返さない人の性格には、適当なことが挙げられます。

適当なことは決して悪いことではないのですが、LINEを返さない人は根本的にズボラでだらしない性格なので、悪い意味の『適当』だと言えます。

なんでも後回しにしてしまうので、めんどくさいと感じたLINEはなかなか返さないのです。

LINEをすぐ返さない人の理由

LINEをすぐ返さない理由について、見てみましょう。

LINEを見ているのにすぐに返さず、忘れた頃に返ってきた…なんてこともありますよね。

返事が来るまでにやたら時間がかかった割には、返事が一言だけだったりすると、なんですぐに返さないの?と思ってしまうもの。

LINEをすぐ返さない理由には、こんなものが挙げられます。

返事を考えている

LINEをすぐ返さない理由には、返事を考えていることが挙げられます。

相手が好きな人だったりすると、どう返せばいいか考えすぎてしまうこともありますよね。

男性も女性も、好きな人とのLINEでは相手に好印象を与えたいと思っているので、LINEの返事も慎重になってしまうのでしょうね。

内容に困っている

LINEをすぐ返さない理由には、内容に困っていることが挙げられます。

友達からのLINEで、『これはなんて返したらいいんだろう』と悩んだ経験はありませんか。

メッセージの内容が『返事のしにくいもの』だった場合、どんなふうに返事をしたらいいのか、その内容に悩んでしまってなかなか返事ができません。

返すのを忘れていた

LINEをすぐ返さない理由には、返すのを忘れていたことが挙げられます。

仕事の合間などにとりあえずメッセージを見るだけ見ておいて、返事は後でしよう、と思うこともありますよね。

そしてそのまま、返すのを忘れてしまいます。

これは男性に多いのですが、単純にあなたとのLINEの優先順位が低いのかもしれません。

今は続ける時間が無い

LINEをすぐ返さない理由には、今は続ける時間が無いことが挙げられます。

『自分が返事をしたら、恐らくしばらくやり取りが続くだろうな』というようなとき、返事をするのをためらう人も少なくありません。

単純に今は時間が無いから返事をしないだけなので、時間ができたときにLINEを返し、そのあとは割とすぐに返事が来ると言えるでしょう。

待ってたと思われたくない

LINEをすぐ返さない理由には、待ってたと思われたくないことが挙げられます。

LINEに気づいてるのに返さないのは、すぐに返すと『もしかして、俺(私)からのLINEを待ってたの?』と相手に悟られるかもしれない、と思っているから。

相手が好きな人である場合、待ってたと思われたくなくて気づいてるのにLINEを返さないことも多いようですよ。

LINEを返さない人への対処法

ではここで、LINEを返さない人への対処法を紹介しましょう。

返事を待ってるのになかなか返ってこないと、正直イライラしてしまうもの。

相手が好きな人だったりすると、『何か変なことを言っちゃったかな?』なんて思うこともあるでしょう。

LINEを返さない人への対処法は、こちらです。

気にしない

LINEを返さない人への対処法には、気にしないことが挙げられます。

LINEを返さない人も悪気があるケースばかりではなく、単純にあなたとは『LINEのペースが違う』だけなのかもしれません。

大人になれば色々都合もありますし、ヤキモキしても仕方がありません。

気長に待つなど、気にしないのが一番です。

質問してみる

LINEを返さない人への対処法には、質問してみることが挙げられます。

特に男性は『返事の必要がない』と感じたメッセージには、あえて返事をしません。

つまり、『返事をする必要がある』メッセージを送れば返事もくれるはず。

相手の好きなことや興味のあることに関する質問など、相手がLINEを返しやすい内容にしてみましょう。

相談してみる

LINEを返さない人への対処法には、相談してみることが挙げられます。

質問と同様、相手が返しやすい内容にするという点では相談してみるのもおすすめです。

相手が職場の人や先輩などなら、仕事のことを聞いてみるのもいいですね。

恋愛対象には見られていないのかもしれませんが、仕事の相談なら返事をくれることでしょう。

再度送ってみる

LINEを返さない人への対処法には、再度送ってみることが挙げられます。

数日経ってから、何事もなかったかのように再びLINEを送ってみましょう。

たまたま忙しかったり返事をするのを忘れているだけであれば、今回は返事が来るかもしれません。

その際、前回LINEが返ってこなかったことには触れず、全く別の話題で仕切り直すことがおすすめです。

自分も返さない

LINEを返さない人への対処法には、自分も返さないことが挙げられます。

相手が自分本位な人で、自分の都合でLINEをしてきたり返さなかったりする場合は、その人からLINEが来ても自分も返さないようにしましょう。

同じことをされれば、自分がしてきたことの酷さに気づくかもしれません。

ただし、この方法は『最悪の場合は音信不通になってもいい』という覚悟が必要なので、最終手段にしてくださいね。

LINEを返さない人は失礼なの?

結局のところ、LINEを返さない人は失礼なのでしょうか。

これについては正直なところ賛否両論ありますし、一概に失礼だとも失礼じゃないとも言いきれません。

状況による、というのが答えです。

たとえば、相手が用事があってLINEをしてきていたり、出欠確認など今すぐ返事が欲しいことをメッセージで伝えているのに、既読スルーをするのは失礼ですよね。

未読のままなら忙しくて読めていないのかもしれませんが、既読になっているのに『急ぎ』のメッセージに返事をしないのは失礼だと言えるでしょう。

しかし、相手がしつこく何度もLINEをしてきたり、くだらない話を連投してくるような場合は、返したくなくなるのも当然ですよね。

こういう場合は、むしろしつこくLINEを送り続けた方が失礼であって、LINEを返さない人は失礼にはあたりません。

LINEをすぐ返す人の心理

最後に、LINEをすぐ返す人の心理を紹介します。

LINEを返さない人もいれば、LINEをすぐ返す人もいますよね。

LINEをすぐ返す人には、どんな心理があるのでしょうか。

LINEをすぐ返す人の心理は、こちらです。

暇だった

LINEをすぐ返す人の心理には、暇だったというものが挙げられます。

LINEをすぐに返せるかどうかは、正直そのときの状況によりますよね。

比較的時間に余裕のある人や、たまたま暇だったときにLINEが来ればすぐに返す、という人も多かったです。

また、『時間ができるまで見ない』と、LINEが来ていることを知っていても、返事ができるようになるまで既読にしない人もいました。

礼儀だと思ってる

LINEをすぐ返す人の心理には、礼儀だと思ってるというものが挙げられます。

LINEを見たらすぐに返事をするのは、礼儀、マナーだと思っている人もいます。

この場合、『見たらすぐに返す』ということなので、既読がつけば比較的すぐに返事が来るでしょう。

もちろん忙しいときなどは、既読そのものがつきません。

相手に好意がある

LINEをすぐ返す人の心理には、相手に好意があることが挙げられます。

好きな人とはたくさんLINEをしたい、という気持ちは誰にでもあるもの。

LINEの相手が好きな人だったら、すぐに返事をするという人も多いのではないでしょうか。

相手に好意があると、LINEの優先順位も高くなるものです。

早く終わらせたい

LINEをすぐ返す人の心理には、LINEを早く終わらせたいというものが挙げられます。

こちらは男性に多い心理で、男性は『用があるときのみLINEをする』ので、さっさと用事を終わらせてしまいたいのです。

何度もやり取りをするのが面倒だと感じており、返事も一言のみなど素っ気なくなることがポイントです。

好印象を与えたい

LINEをすぐ返す人の心理には、好印象を与えたいというものが挙げられます。

LINEの返事がなかなか来ないより、早く来たほうが印象が良くなる気がしませんか?

そのため、好意がある人や好きな人に対してはアピールポイントとしてLINEをすぐ返す人もいます。

しかし、あまりにも返信が早いと、人によってはウザいと思うこともあるので、気をつけなくてはなりません。

LINEを返さない人にも理由がある

LINEを返さない人の心理や性格、理由などについて紹介しました。

LINEを返さない人というとちょっと聞こえが悪いですが、LINEを返さない人にもきちんと理由があることが分かりました。

LINEは気軽に利用できる反面、トラブルのきっかけになることも多いもの。

特に返信ペースや頻度は人それぞれなので、自分を基準に考えないようにしましょう。

相手が好きな人なら、相手のペースに合わせることが好印象を与える鍵ですよ!