体の向きを斜めにして座る男性心理と好意のサインを徹底紹介!

体の向きを斜めにして座る男性心理と好意のサインを徹底紹介!

体の向きを斜めにして座る男性がいると、何となく気になるという女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そんな体の向きを斜めにして座る男性について詳しくご紹介します。

体の向きを斜めにして座る男性の心理や、好意があるか、脈なしなのか見極める方法をご紹介します。

番外編として体を向けて話す男性心理も解説するので、ぜひ最後までお付き合いください。

体の向きを斜めにして座る男性心理

体の向きを斜めにして座る男性には、いくつかの興味深い心理が現れています。

そこで、ここでは体の向きを斜めにして座る男性心理をご紹介します。

気になる男性がいる人や、体の向きから男性心理を読み取りたい人は、ぜひご覧ください。

警戒されている

体の向きを斜めにして座る男性心理として、警戒されていることが挙げられます。

人は、警戒してる相手に自分の心理を読まれないために、体の向きを斜めにしてカバーすることがあります。

あなたは男性に警戒されていて、自分の心理を読まれないようにしてるのかもしれません。

本心を隠そうとしている

体の向きを斜めにして座る男性心理に、本心を隠そうとしていることが挙げられます。

体の正面を向けないのは、無意識に自分の気持ちを隠そうとする心理の現れです。

男性が体を斜めにして座るなら、あなたに本心を知られたくなくて、隠そうとしていると考えられるでしょう。

自分を守ろうとしてる

体の向きを斜めにして座る男性心理として、自分を守ろうとしてることが挙げられます。

相手に体の正面を向けないのは、心理的なことも含めて、体の弱点を守ろうとしてる可能性もあります。

あなたに攻撃されたり傷つけられたりしないように、自分を守ろうとしてると言えるでしょう。

理性を維持したい

体の向きを斜めにして座る男性心理に、理性を維持したいことが挙げられます。

相手に体の正面を見せないのは自分の気持ちを隠すだけでなく、自分自身が冷静に振る舞いたい時にも見られます。

この場合は、あなたの前で理性を維持したいと考えて、斜めに座っていると考えられるでしょう。

カッコよく見せたい

体の向きを斜めにして座る男性心理として、カッコよく見せたいことが挙げられます。

少し角度を付けるとカッコ良く見えると考えて、斜めに座っている男性もいます。

このパターンでは、あなたにカッコ良い部分を見せたいと思っているため、好意があると言えるでしょう。


体の向きを斜めにして座る男性は好意がある?それとも脈なし?

この項目では、体の向きを斜めにして座る男性に好意があるのか、脈なしなのか見分ける方法をご紹介します。

体の向きを斜めにして座るのは、好意があるのと脈なしのどちらもあり得るため、冷静な見極めが必要です。

判断の精度を上げるために、ぜひ両方チェックしてください。

体の向きを斜めにして座る男性の好意のサイン

照れている

体の向きを斜めにして座る男性の好意のサインとして、照れていることが挙げられます。

体の向きを斜めにするのは自分の本心を隠すためと考えられます。

もし男性が照れているなら、隠したいのはあなたへの好意ということになるため、脈ありだと判断出来るでしょう。

あなたを褒める

体の向きを斜めにして座る男性の好意のサインとして、あなたを褒めることが挙げられます。

男性があなたを褒めるなら、高確率で好意があります。

この時点で脈ありかどうかまでは分かりませんが、少なくとも、あなたとの関係性を大切にしたいという男性の好意が表れています。

矢継ぎ早に質問する

矢継ぎ早に質問するのも、体の向きを斜めにして座る男性の好意のサインです。

身体を斜めにして自分の感情を読まれないようにしていても、矢継ぎ早にあなたに質問するのならあなたに興味があると考えられます。

この場合、男性が好意を抱いていると考えるのが自然です。

ボディタッチが多い

体の向きを斜めにして座る男性の好意のサインとして、ボディタッチが多いことが挙げられます。

ボディタッチをたくさんしてくるなら、高確率で好感を抱いています。

体を斜めにするのは本心を隠し、自分の衝動を抑えようとする気持ちの表れですが、あなたに触れたいという気持ちを抑えることができないのでしょう。

関連記事はこちら▽ ボディタッチが多い男性心理!ボディタッチが多めな男性は脈あり?脈なし? ボディタッチが多い男性心理!ボディタッチが多めな男性は脈あり?脈なし?

焼きもちを焼く

体の向きを斜めにして座る男性の好意のサインとして、焼きもちを焼くことが挙げられます。

体の向きを斜めにして座る男性は表情や仕草が見えにくく、何を考えているのか分かりにくいです。

しかし、焼きもちを焼いてくるなら、確実に異性として意識されており、好意があると言えるでしょう。


体の向きを斜めにして座る男性の脈なしサイン

興味が薄い

体の向きを斜めにして座る男性の脈なしサインとして、興味が薄いことが挙げられます。

好みの異性の前では自分の気持ちを抑えられず、分かりやすいアピールをする男性は多いです。

もしあなたに興味を示さないのなら、アピールしているとは考えられないため、高確率で脈無しです。

あなたと無関係な話をする

体の向きを斜めにして座る男性の脈なしサインとして、あなたと無関係な話をすることが挙げられます。

もし好意があるなら、あなたと話ができるように、共通の話題を振るはずです。

しかし、あなたと無関係の話ばかりするならあなたに興味がなく、自分の話をしたいだけだと考えられるでしょう。

他の女性とベタベタする

体の向きを斜めにして座る男性の脈なしサインとして、他の女性とベタベタすることが挙げられます。

もしあなたのことが好きなのであれば、他の女性とベタベタして見せる必要はないでしょう。

誤解される可能性があるのに他の女性に露骨なアピールをするとは考えにくいため、脈なしだと言えます。

自分のことを秘密にしようとする

体の向きを斜めにして座る男性の脈なしサインとして、自分のことを秘密にしようとすることが挙げられます。

体の向きを斜めにして仕草を読ませない男性は、自分の本心を隠したい気持ちがあります。

脈ありなら嫌われないために慎重なだけですが、自分のことを秘密にしようとする場合は脈なしです。

好みじゃないと言われる

体の向きを斜めにして座る男性の脈なしサインとして、好みじゃないと言われることが挙げられます。

好みの異性につれないことを言って、自分から恋愛の芽を摘み取る男性は少数派です。

そのため、もし男性から「好みじゃない」と言われた場合は、ストレートに脈なしだと判断するのが妥当です。


【番外編】体を向けて話す男性心理

最後に番外編として、体を向けて話す男性心理をご紹介します。

体を斜めにする男性心理を理解したら、次は体を向けて話す男性も気になりますよね。

体を向けて話す男性心理を知りたい人や、斜めに向けて座る男性との違いが気になる人は、ぜひご覧ください。

あなたに興味がある

体を向けて話す男性心理として、あなたに興味があることが挙げられます。

体を向けて話すのは、自分の意識を全て相手に向けていることの表れです。

もし男性があなたと話す時にちゃんと体を向けるなら、あなたに興味があって、仕草や表情を読み取ろうとしているのでしょう。

好意がある

体を向けて話す男性心理として、好意があることが挙げられます。

しっかりと相手に体を向けて話すのは、相手を尊重しているからです。

好みじゃない異性や嫌いな人にそこまでする男性はあまり多くないため、 あなたに好意を抱いている可能性は高いと言えるでしょう。

自分のことを受け入れてほしい

体を向けて話す男性心理として、自分のことを受け入れてほしいことが挙げられます。

体を向けて話すのは、相手を受け入れているのと同時に、自分を受け入れてほしいという気持ちの表れでもあります。

自分のことを一生懸命話して、あなたに自分を受け入れてほしいと思っているのです。

好きな気持ちを止められない

体を向けて話す男性心理として、好きな気持ちを止められないことが挙げられます。

体を向けて話すと、自分の表情やしぐさを相手に読まれやすくなります。

相手に好きな気持ちを隠そうとする男性も多いですが、そうしないのは、好きな気持ちを止められないということでしょう。

素直な気持ち

体を向けて話す男性心理として、素直な気持ちなことが挙げられます。

脈があるかないかは別として体を正面に向けるのは、素直な心理状態であることが考えられます。

このパターンでは自分の気持ちや考えを隠そうという気持ちがなく、何でもストレートに表現するのが特徴です。


体を斜めに向ける男性は好感度を大切にして接しよう

今回は、体の向きを斜めにして座る男性についてご紹介しました。

体を斜めに向ける男性はあなたを意識している状態ですが、これからどうなるかはまだ分かりません。

もし男性が好きなら、好感度を意識して接してください。

脈ありか脈なしかも忘れずにチェックして、心理状態に合う適切な距離感をキープしましょう。

判断に困った時は、今回の記事を参考にしてみてくださいね。