彼氏の呆れた行動と呆れた彼氏と別れたいと思った時の対処法

彼氏の呆れた行動と呆れた彼氏と別れたいと思った時の対処法

お付き合いしている彼氏に呆れた行動をとられたことのある女性は多いのではないでしょうか。

人間完璧では無いとは言え、呆れた行動が続くとうんざりしてしまいますよね。

今回は彼氏の呆れた行動の特徴と呆れた彼氏と別れたいと思った時の対処法をご紹介します。

悩んでいる女性はぜひ参考にしてみてください。

彼氏の呆れた行動の特徴

連絡が疎か

自分は小まめに連絡をしているにも関わらず、彼氏からの連絡はなかなか来ないという状況は、どうしても不満に思ってしまいますし、呆れることもあるでしょう。

例え連絡が来たとしても一行だけのメッセージだったり、前後の脈絡を無視した内容だったりすると、より呆れた気持ちが募ります。

また、自分の LINE やメールを疎かにしているにも関わらず、他の SNS やアプリゲームには頻繁にログインしている状況に遭遇してしまった場合、「私よりも優先させなくてはいけないことなの」と悲しい気持ちになってしまいます。

すぐに忘れる

会話の内容や約束などをすぐに忘れてしまうことも呆れる行動の1つです。

女性は一般的に物覚えが良い傾向にあります。

大好きな彼氏との会話や約束であれば、殊更よく覚えているものです。

そのため、彼氏が忘れていたり覚えていなかったりすると、温度差を感じてしまいます。

1度であれば良いですが、慢性的に忘れることが続くと不安になってしまいますし、会話自体もつまらなくなってきてしまいます。

特に約束を忘れてしまうことは、相手の信頼を裏切る行為となるため、良好な関係を築くことが難しくなります。

感謝の言葉が無い

感謝の言葉が無いことも呆れる行動だと言えます。

お付き合いしたばかりの頃は些細なことでも感謝の言葉があったのに、今ではすっかり無くなってしまったというケースは多いものです。

お付き合いが長く続けば相手の存在が当たり前になってしまうこともあるでしょう。

だからといって、感謝の言葉を言わないのは礼儀に欠ける人間の証拠です。

感謝の言葉が無い理由には、慣れや照れがあるかもしれませんが、何かしてもらった時に相手に感謝を伝えるのは当たり前のことです。

もし、彼氏と話し合っても解消されない場合には、注意した方が良いでしょう。

悪いところを認めない

悪いところを認めなかったり、謝ったりできない人は極度に頑固か、プライドの高い人である可能性が高いです。

この様な人と喧嘩した場合、常にこちらが折れるしか和解の方法が無いため、不満が募りやすいです。

そのため、謝ることができない、悪いところを認められない人とは、良好な関係を築きにくいです。

大人の性格は、周囲の人間が変えようと思って変えられるものではありません。

こちらが一生懸命、怒ったり諭したりしても、それに対して全くアクションがない場合が多いため、思わず呆れてしまいます。

嘘をつく

嘘をつくことは、相手との信頼関係を大きく揺るがす行為です。

嘘をつかれると怒りや悲しみに包まれますが、度を超えた嘘の場合や嘘が頻繁な場合は、相手を信頼することが出来なくなり、思わず呆れて
しまいます。

また、一般的に女性は嘘を見抜くことが上手であり、男性は嘘を隠し通すことが苦手な傾向にあります。

そのため、男性の嘘は露見しやすく、呆れる女性が多いのでしょう。

嘘の中でも、異性関係や金銭に繋がるものは、決定的に信頼関係を崩すものですから、嘘の内容に対しては特に注意が必要です。

呆れた彼氏と別れたいと思った時の対処法

彼氏が置かれている状況を考える

連絡が疎か、すぐに忘れるという行動は、彼氏が大変な状況に置かれているサインの可能性があります。

仕事が忙しかったり、親戚・友人関係でトラブルがあったり、普段とは違う大変な状況に身を置いているのかもしれません。

女性は大変なことがあった際、愚痴を言い合って表に発散する傾向がありますが、男性は一人でため込んでしまう傾向にあります。

状況を考慮し大変そうであれば、連絡する頻度を下げる、忘れることに対して目くじらを立てないなど、彼氏が少しでも楽になる環境を作ってあげることが大切です。

自分の時間を大切にしてみる

彼氏のために使っていた時間を、自分自身のために使うようにしてみましょう。

自分自身のための時間ですから、趣味や仕事のスキルアップなど内容は何でも構いません。

そうしている内に彼氏との関係を冷静に見極められるようになります。

自分が呆れた行動を誘発させていたケースもあれば、彼氏自身が悪いこともあるでしょう。

また、彼氏と少し離れることによって、意外と彼氏がいなくても大丈夫な自分が見つかるかもしれません。

もしそうなった時は、関係が潮時である可能性が高いため、別れの選択肢を考える必要があります。

彼氏と冷静に話し合う

呆れた行動について、冷静に話し合う時間を設けましょう。

呆れた行動をされた直後は頭に血が昇っていることも多いですから、必ず時間を空けて冷静な状態で臨むことが大切です。

話し合いでは呆れた行動に対する自分の気持ちを伝えることも大切ですが、彼氏の考えや気持ちもしっかり受け止めましょう。

考え方ですれ違っているケースも意外と多いものです。

話し合いの結果、お互いに納得した答えを出すことが出来れば良いですが、納得出来ずに関係が悪化するようであれば、別れる決断も必要です。

彼氏の呆れた行動と呆れた彼氏と別れたいと思った時の対処法のまとめ

彼氏の呆れた行動の特徴は様々でしたが、その原因としては置かれた状況によるものと、彼氏自身に問題があるものに分けられます。

置かれた状況に問題がある場合は、すぐに別れてしまうと後悔する可能性があるため、彼氏のことを大切に考える時間を持つことが必要です。

彼氏自身に問題がある場合は、関係を見つめ直して話し合い、時には別れの手段をとることも大切でしょう。