気が回らない人の特徴|気が回らない人の直し方や改善方法とは

気が回らない人の特徴|気が回らない人の直し方や改善方法とは

気が回らない人の特徴について、紹介します。

あなたの周りにも、『気が回らない人』はいませんか。

もしくは、あなた自身が気が回らないことで悩んでいるのかもしれませんね。

ここでは、そんな『気が回らない人』にフォーカスを当てていきたいと思います。

気が回らないことの直し方や、向いてる仕事についても紹介しますので、気が回らないことに悩んでいる方は、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

「気が回らない」の意味とは

まずは、『気が回らない』の意味から紹介します。

気が回らないを辞書で引くと、以下のような意味がありました。

  • 配慮が行き届かない様子
  • 気配りができないこと
  • 相手の意図を読み解くことができないこと

気が回らないとは、『今何をするべきか』『何をしたらいいのか』が指示されないと分からないことを言います。

相手が求めていることが何なのか、自分で考えることができません。

類語には『気が利かない』などがあり、『気が回らない』と『気が利かない』は同じような意味合いで使われることが多いです。

関連記事はこちら▽ 気が利かない人の特徴や心理| 気が利かない人の末路とは 気が利かない人の特徴や心理| 気が利かない人の末路とは

気が回らない人の特徴

気が回らない人の特徴について、紹介します。

気が回らない人は、正直なところ周りから疎まれたりめんどくさい人と思われることも多いです。

できることなら、気が回らない人とは思われたくないもの。

気が回らない人の特徴は、こちらです。

視野が狭い

気が回らない人の特徴には、視野が狭いことが挙げられます。

なぜ気が回らないのかというと、それはずばり視野が狭いから。

自分のことしか見えておらず、周りを見ることができないため気を回すことができません。

目の前のことでいっぱいいっぱいになっている人ほど、気が回らない人だと言えるでしょう。

余裕が無い

気が回らない人の特徴には、余裕が無いことが挙げられます。

気が回らない人がなぜ周りが見えないのかというと、それは自分に余裕がないから。

余裕がないから周りが見えず、視野が狭くなるのです。

仕事でも何でも、自分のやるべきことにいっぱいいっぱいになっているときは、周りなど見えなくなるものです。

言われたことしかできない

気が回らない人の特徴には、言われたことしかできないことが挙げられます。

気が回らない人は、相手が『今何をしてほしいか』を察することができません。

仕事でも先読みすることができず、言われたことしかやることができません。

手が空いたから他のことをしよう、とは思えず、仕事でも指示されるのを待っているだけでしょう。

自分のことしか考えていない

気が回らない人の特徴には、自分のことしか考えていないことが挙げられます。

気が回らない人は、基本的に自分のことしか考えていません。

自分が良ければそれでいいという考え方なので、人のために何かしようという気にならないのです。

自分の仕事が終われば、周りがどれだけバタバタしていても帰ってしまうタイプですね。

空気が読めない

気が回らない人の特徴には、空気が読めないことが挙げられます。

気が回らない人が自分のことしか考えられないのは、空気が読めないからだと言えるでしょう。

大抵の人は、周りが忙しそうにしていたら、『帰ります』とは言えないですよね。

それを何食わぬ顔でできてしまうのは、空気が読めないため。

空気が読めない人は、その自覚もないのです。

気が回らない人の直し方や改善方法

気が回らない人の直し方や改善方法について、紹介します。

気が回らないことは、あまり良いことではありません。

周りと良い関係を築くためにも、気が回らない性格を自覚しているのなら早めに直していきましょう。

気が回らない人の直し方、改善方法はこちらです。

周りをよく見る

気が回らない人の直し方や改善方法には、周りをよく見ることが挙げられます。

気が回らないことで悩んでいるのなら、まずは周囲に目を配らせるようにしましょう。

自分のことだけでなく、少しずつ視野を広げていくことが大切。

周りをよく見ることが、気を回すための第一歩ですよ。

当たり前だと思わない

気が回らない人の直し方や改善方法には、当たり前だと思わないことが挙げられます。

気が回らない人は、人から親切にされてもそれを当たり前だと思うところがありますが、世の中に『当たり前』なことなどありません。

何につけても当たり前だと思わず、感謝の気持ちを持つことを忘れないようにしましょう。

想像力をつける

気が回らない人の直し方や改善方法には、想像力をつけることが挙げられます。

ここでこう言ったら相手はどう思うだろう、ここでこれをしたらこの先はどうなるだろう、と、『もし〇〇をしたら』を考えてみてください。

気が回らない人は想像力がなく、先のことを考えるのを苦手としている人が多いですが、想像力はとても大切なもの。

行動する前に考える癖をつけると、気が回る人に近づけますよ。

人の話をよく聞く

気が回らない人の直し方や改善方法には、人の話をよく聞くことが挙げられます。

気が回らない人は自分主体の考え方になっていますので、まずは人の話をよく聞くよく聞くようにしましょう。

先入観や思い込みで聞くのではなく、相手の話を素直に聞くことが大切です。

相手の立場になって考える

気が回らない人の直し方や改善方法には、相手の立場になって考えることが挙げられます。

相手の立場になって考えるというのは簡単なことではありませんが、自分がされたら嬉しいことを相手にも積極的に行ってみてください。

自分が嬉しかったこと、助かったなと思うことを相手にもするようにすれば、気が回らないのを改善することができるでしょう。

関連記事はこちら▽ 相手の立場に立って考えられない人の特徴|相手の立場に立って考えるトレーニング方法とは 相手の立場に立って考えられない人の特徴|相手の立場に立って考えるトレーニング方法とは

気が回らない人に向いてる仕事

最後に、気が回らない人に向いてる仕事を紹介します。

気が回らない人は、周りの人とのコミュニケーションを取るのが苦手なので、仕事も長続きしないことが多いもの。

自分に向いてる仕事を選んで、気疲れすることなく働いていきましょう。

工場

気が回らない人に向いてる仕事には、工場が挙げられます。

特に工場のライン作業は、気が回らない人にもやりやすくおすすめの仕事の1つ。

ライン作業はひたすら同じことを繰り返すので、やり方さえ覚えてしまえば後は特に気を使うこともありません。

人とのコミュニケーションも最低限ですむでしょう。

ドライバー

気が回らない人に向いてる仕事には、ドライバーが挙げられます。

長距離トラックのドライバーなどは、一日のほとんどを運転で過ごす仕事です。

運転が好きな人なら、気苦労もなく取り組める仕事と言えるでしょう。

運転で1日の大半を過ごすので、人と関わることもほとんどありません。

関連記事はこちら▽ 気苦労が絶えない人の特徴|気苦労をかけてくる人への対処法とは 気苦労が絶えない人の特徴|気苦労をかけてくる人への対処法とは

Webライター

気が回らない人に向いてる仕事には、Webライターが挙げられます。

Webライターは、自宅でパソコンとネット環境さえあれば行うことができるので、気が回らない人、人間関係を築くのが苦手な人にもおすすめだと言えます。

今は副業感覚で始める人も多いですし、スキルをつけてフリーランスになれば、仕事に困ることもありません。

プログラマー

気が回らない人に向いてる仕事には、プログラマーが挙げられます。

プログラマーはパソコンに向かって作業するのが主な仕事内容で、人との関わりはほとんどありません。

プログラミングのスキルさえあれば、コミュニケーション能力が低くても問題ない仕事です。

最近は需要も高いので、おすすめの職業ですよ。

動画編集者

気が回らない人に向いてる仕事には、動画編集者が挙げられます。

今の時代、動画はなくてはならないもの。

その編集をする動画編集者も、なくてはならない職業の1つです。

人との付き合いや関わりが苦手な人でも、動画編集のスキルがあれば重宝されますので気が回らない人にも良いのではないでしょうか。

気が回らない人は相手の立場に立てるとGood

気が回らない人の特徴や直し方、向いてる仕事について紹介しました。

気が回らない人は自分のことで精一杯になっており、他人のことまで気にかける余裕がありません。

しかし、気が回らないと仕事などでは『使えない』とレッテルを貼られてしまうこともあるので、できることなら改善していきたいもの。

すぐに気が回らないことを直すのは難しいかもしれませんが、『相手の立場になって考える』ことを常に念頭に置いておくといいですね。

そうすれば、少しずつ今何をすればいいかが分かってくるはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA