LINEの返信は遅いけど続く男性心理とは?脈ありか判断方法を紹介!

LINEの返信は遅いけど続く男性心理とは?脈ありか判断方法を紹介!

LINEの返信は遅いけどやり取りは続いている状況を経験したことがありますか?返信がなかなか来ないので、やり取りを終わらせた方が良いのではないかと悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

相手が好きな男性なら尚更、どうLINEを続けていくべきかわからなくなってしまうでしょう。またもどかしさを感じてしまっているのではないでしょうか。

そんな人に、LINEの返信が遅いけど続く男性とのLINEの仕方について紹介します。

LINEの返信は遅いけど続く男性の心理

LINEの返信は遅いけど続く男性とのLINEの仕方を知る前に、男性がどのような考えで返信が遅くなっているかを知る必要があります。理解が無ければ対応の仕方を間違えてしまうからです。

ここではLINEの返信は遅いけど続く男性の心理を紹介します。

忙しい

仕事や勉強・日々の生活でやることが多いという時、ついついLINEの返信を後回しにしてしまうことはありませんか?緊急性がないLINEの内容であれば尚更、あとで返そうという気持ちが強まってしまうでしょう。

返したくないというわけではないですが、忙しくて返す余裕がないのです。

悩んでいる

なんて返せばよいかが分からず、返信が遅くなってしまっているのです。適当に返すのは失礼だし、誤解を生むような言葉は選びたくないという気持ちが強く、返す言葉を考えている最中なのです。

とても真面目な男性の可能性が高いです。

駆け引きしている

恋愛で駆け引きをする男性も少なくなく、自分の方が優位に立ちたい・相手からの気持ちを引き出したいと、わざと返信を遅くしているのです。本当は返信する時間もあるし、返信する文面も決まっていることが多く、駆け引きの為に送信するタイミングを見計らっているのです。

マメじゃない

マメさがない男性は、LINEを頻繁に確認していません。そのためあなたからのLINEに気が付くのも、返信を送ろうとするのにも人より時間がかかるのです。

本人は返信を遅くしている自覚がなく、むしろ返信が遅いと思われていること自体にも気が付いていないでしょう。

苦手

LINEはチャット形式でスピーディーにやり取りができることが利点です。しかしLINEの返信が遅い男性は、そのLINEが苦手なのです。

苦手なことを行うのは誰でも時間がかかってしまったり、ためらってしまうことがあるのではないでしょうか。


LINEの返信は遅いけど続く男性は脈ありか判断するには

LINEがなかなか返ってこないと、自分には興味がないのではないかと不安になってしまいます。返信は遅くてもやり取りは続けることができている男性の場合、本当に脈なしと判断してしまってよいのでしょうか。

LINEの返信は遅いけど続く男性が脈ありかどうかを判断する方法を知り、チャンスを逃さないようにしましょう。

返信は来る

返信は遅くても必ず返ってくるということであれば、脈ありと言っていいでしょう。何かしらの理由で返信は遅いかもしれませんが、あなたとのやり取りを辞めたいということではないからです。

本当に脈が無ければ返信を遅らせるのではなく、返信しないということを選ぶでしょう。

質問される

質問をすれば相手からまた返信が来てLINEが続くということは誰にでも予想できることです。あなたから質問してやり取りを続けているのではなく、男性から質問してやり取りを続けているのであれば、脈なしということはありません。

むしろあなたに興味がある証拠なので脈ありと言ってよいでしょう。

丁寧な文章

返信は遅いけど丁寧な返しをしてくれているのであれば脈ありです。何を送っても一言で返ってくるのではなく、何か絵文字やスタンプが一緒に送られてくるなど、適当ではないと言えるのではないでしょうか。

自分のことを話してくれる

人は好意のない人に自分のことを話しません。返信が遅く形式的な返信ばかり送るのではなく、自分のことを教えてくれる男性は脈があります。

自分のことを知ってほしいと思って自分のことを話題に出しているのです。

予定を聞いてくる

返信が遅くても予定を聞いて食事に誘って来てくれた場合、あなたに好意的な感情を抱いています。返信が遅いとなかなか話が進まないかもしれませんが、男性はあなたと少しでも距離を縮めようとしていることが分かります。


LINEの返信は遅いけど続く男性の脈なしサイン

LINEの返信は遅くても続いているから脈はあるのだろうと勘違いし、ダラダラとやり取りだけを続けてしまうのは、時間の無駄ですし相手にも迷惑をかけてしまう可能性があります。

LINEの返信は遅くても続く男性が出す脈なしのサインをここで紹介します。

話を広げない

返信が遅いだけでも会話が止まってしまい盛り上がりません。脈なしの場合さらに、「わかった」「了解」「OK」といった短文のみで、話を広げようとしない文が返ってきます。

会話を続けようという気が一切感じられないのです。

一歩通行

話題はいつも女性側から、男性から話を振ったり話題を提供する姿は見られません。一方通行なLINEばかりという時は、脈なしと考えるべきでしょう。

男性からすれば、LINEが来たから返信しただけなのです。

具体的な約束は避ける

とりあえずLINEの返信をしているという男性は、会う日にちを決めるなど具体的な話になると、より一層返信が遅くなったり既読無視をする傾向にあります。

会話のテンポを崩すことで、約束をしないように仕向けているのです。

スタンプのみ

LINEではスタンプ機能があり、数多くのスタンプがあります。スタンプ一つで感情を表したり、挨拶を交わすこともできるので多用する人も多いです。

LINEの返信が遅い男性の中には、面倒という理由でスタンプでの返信をする男性もいます。好意的な人を相手に面倒という感情はなかなか生れませんので、脈なしと思われている可能性は高いと言えるでしょう。

何日も放置される

既読無視もしくは既読後何日も放置されている場合は、脈なしの可能性は高いです。いくら忙しいとはいえ、何日も返信ができないということは考えにくいです。

あまりにも返信が無いのは男性にとって優先順位が低いということでしょう。


LINEの返信は遅いけど続く男性との上手なLINEの仕方

LINEの返信を少しでも早く返してもらえるようにしたいということは、誰でも考えることです。どのように工夫しLINEすることで、男性が自分のLINEの優先準備をあげてくれるかを考えることが大切と言えるでしょう。ここでは上手なLINEの仕方を紹介します。

時間帯を合わせる

生活リズムは人によって違い、LINEの返信をしやすい時間も人それぞれです。LINEの返信が遅い男性とやり取りをしていくと、この時間帯には返ってくる率が高いというのが分かってきます。

その時間に合わせてLINEを送ってみましょう。返信がもらえやすくなるかもしれません。

長文は送らない

返信がなかなか返ってこないので、要件を1つのLINEに詰め込み一気に返事を貰おうとかんげる人もいるかもしれません。しかし返信が遅い男性からすれば、気軽に返信できる内容ではないと判断し、時間が取れる時に返そうと後回しにされてしまいます。

なるべく読みやすく簡潔なものを送るようにしてみてください。

プレッシャーを与えない

なかなか返信が返ってこないので「必ず返信して」「早く返信して」と釘を刺すような言葉を送りがちですが、上手に返信してもらうためにはプレッシャーを与えないことが大切です。

「返信はいつでもいいよ」「暇な時に返してね」といったように、相手のペースで良いということを添えて送信することで、逆になるべく早く返そうという気持ちになります。

楽しいLINEを送る

返信が遅くてもやり取りは楽しい雰囲気が伝わるように心がけましょう。男性がやり取りをすることに楽しさを感じれば、もっとコミュニケーションを取りたいと自然に返信が早くなっていくと言えます。

男性が興味を示す話題を提供するのも一つの手です。

すぐに返信しない

男性のペースとあなたのペースがあまりにも違い過ぎると、男性は嫌になってしまいます。男性のペースに合わせる為に、すぐに返信せずに少し時間をおいて返信してみましょう。

返信が遅くなったことで、逆に男性はあなたが自分から離れてしまうのではないかと不安になり、返信をしてくれるようになるかもしれません。


LINEの返信が遅い…早く返信してほしい時の対処法

LINEの返信が遅い男性に早く返信してほしい時、あなたはどのような対処をしますか?ここではLINEの返信が遅い男性が早く返信してくれる対処法を紹介します。

返信の遅さに悩む人はぜひ参考に、紹介する対処法を実践してみてください。

返信したくなる内容で送る

疑問形で送る・早く返信が必要そうな内容を送るなど、男性が少しでも早く返信すべきと判断する内容を送りましょう。

また返信して会話を続けたいと思う話題を提供することも有効な対処法です。

期日を記載する

返信を貰わなければいけない日が決まっている場合は、あらかじめ期日を記載してLINEを送るようにしましょう。「何日までに答えが知りたい」「○日に会えますか?」など、具体的にすることで返信は遅くても、約束をすることはできます。

遅い理由を聞く

なぜ返信が遅いのかが分からないから、気になってモヤモヤしてしまうのです。思い切って本人になぜLINEの返信が遅いのかを聞いてみましょう。

理由によってはお互い気を付けることで改善できる可能性があります。

連絡方法を変える

LINEが苦手なのにLINEにこだわって使ってしまうのは、ますます返信を遅くしかねません。思い切って連絡方法を変え、男性が連絡しやすくすることで返信の遅さに悩むことが無くなります。

電話・会って会話するなど、コミュニケーションの方法は数多くあります。

お願いする

自分にとって男性の返信は遅く感じるということをはっきり伝えたうえで、できればもう少し早く返信を貰えるようにお願いをしてみましょう。完全にあなたのペースに合わせてもらうということは難しいと思いますが、LINEを返すペースを気にしてくれるようになるでしょう。


LINEの返信は遅いけど続く男性にやってはいけないNG行動

LINEの返信は遅いけど続く男性にやってはいけないNG行動がいくつかあります。ここではそのNG行動を紹介します。

ぜひ参考にして、LINEの返信は遅いけど続く男性と良い関係を築きLINEを続けられるようになりましょう。

返信を催促

LINEの返信が欲しいからと言って、催促をするのは逆効果です。LINEの返信が遅い男性があなたと同じペースで返信できるとは限りません。

自分のペースを優先させ催促してしまえば、男性は返信する気持ちが無くなってしまいます。また本当に忙しかった場合、それを理解してくれない人であるという認識をされてしまうでしょう。

否定する

返信が遅いことに対して否定的な対応をすることはやめましょう。「遅い」「つまらない」「話がしづらい」など否定され続けると、やり取りをすること自体が嫌になってしまいます。

LINEが遅いことだけをを指摘しているつもりなのかもしれませんが、男性を否定していると捉えかねません。

追加で送る

返信が無いからと言って追加のLINEを送ってしまう人がいますが、それはNG行動です。相手の様子をうかがいたい・返信を待っていることを伝えたいという意図があるのかもしれませんが、男性からすれば圧を感じて怖いことです。

返信が返ってこないわけではないのですから、返信を待ってから次のLINEを送りましょう。

態度を変える

LINEの返信が遅いからといって、相手に対して怒ってみせたり興味をなくし塩対応になるなど、あからさまに態度を変えるのはやめましょう。態度を変えるのは自分勝手であるといえます。

男性とのやり取りを終わらせたくないのであれば、LINEの返信が遅いと感じても感情をあらわにしてはいけません。

やり取りをやめる

LINEの返信が遅いからと言って、あなたからやり取りをやめてしまえば、そのまま関わりは無くなってしまうでしょう。忙しい男性にとっては負担が減ることになるので、再度やり取りを始めようとLINEを送ってくることも少ないと言えます。

また脈ありの場合でもコミュニケーションを絶ってしまえば、それよりも発展させることはできません。


LINEの返信が遅くても諦めなくて良い

好きな人とは多くのやり取りをしたいため、テンポ良いやり取りを求める人が多いです。そのためLINEが来れば即返信し、会話を楽しむのでしょう。

しかし中にはタイミングが合わず、スムーズなLINEのやり取りができない相手もいます。そんな状況に脈なしかと諦めてしまいがちですが、返信が遅くてもやり取りが続くのであれば、諦めるのは早いかもしれません。

相手がなぜ返信が遅くなるのかを考え、自分の感情だけで判断しないように気を付けましょう。