男性のマーキング行動とは?マーキング行動をする男性心理を紹介!

男性のマーキング行動とは?マーキング行動をする男性心理を紹介!

男性のマーキング行動について、紹介します。

あなたの周りにも、やたらとマーキング行動をする男性はいませんか。

ここでは、男性のマーキング行動について、付き合ってないとき、付き合ったあと、職場それぞれの特徴や、男性がマーキングをする心理などを詳しく見ていきたいと思います。

また、男性からマーキングされたときの対処法についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

男性のマーキング行動

まずは、男性のマーキング行動について紹介していきます。

マーキングとは、「自分のモノ」だと周りに知らしめる行為のことですが、男性のマーキング行動にはどんなものがあるのでしょうか。

付き合ってないとき、付き合ったあと、職場、それぞれの場面でのマーキング行動は、こちらです。

男性のマーキング行動の特徴【付き合ってない編】

親しげに話しかける

付き合ってないときの男性のマーキング行動には、親しげに話しかけることが挙げられます。

付き合ってなくても、男性はマーキングしたい女性には親しげに話しかけるようになります。

特に、その女性が他の男性と喋っているときなどは、わざとらしく下の名前を呼んで近づいてくることもあるでしょう。

電話をよくかける

付き合ってないときの男性のマーキング行動には、電話をよくかけることが挙げられます。

付き合ってなくても、男性は相手の女性のことを把握していたいと思うもの。

LINEのやり取りではどこで何をしてるかわかりませんが、電話なら誰とどこにいるのかも分かりますよね。

一緒にいる人に、「男から電話が来ている」ことを教えたいのです。

お揃いのものをプレゼントする

付き合ってないときの男性のマーキング行動には、お揃いのものをプレゼントすることが挙げられます。

付き合ってない女性に自分とお揃いのものをプレゼントするのは、文句なしのマーキング行動だと言えます。

男性とお揃いのものを持っていたら、だれもが「2人はそういう関係なんだろうな」と思うからです。

自分しか知らないことを他人に話す

付き合ってないときの男性のマーキング行動には、自分しか知らないことを他人に話すことが挙げられます。

付き合ってなくても仲がいい場合、女性のプライベートについて知っていることもあるでしょう。

そういうプライベートな情報を、わざわざ他人に話すのは、自分は彼女のことをなんでも知っている、というマーキング行動ですね。

彼氏ヅラする

付き合ってないときの男性のマーキング行動には、彼氏ヅラすることが挙げられます。

付き合ってないのにやたらと過保護だったり、彼氏のように振る舞ってくるのもマーキング行動の1つ。

他の男性と話していたら割り込んできたり、名前を呼び捨てにするなど、彼氏じゃないのに彼氏ヅラすることも少なくありません。


男性のマーキング行動の特徴【付き合った後編】

ペアアイテムを持たせる

付き合ったあとの男性のマーキング行動には、ペアアイテムを持たせることが挙げられます。

付き合ってる彼女にペアアイテムを持たせるのは、彼女は自分のものだと周りに見せつける行為でもあります。

特に指輪やネックレスなどのアクセサリーを身につけさせるのは、その傾向が強いと言えるでしょう。

キスマークをつける

付き合ったあとの男性のマーキング行動には、キスマークをつけることが挙げられます。

わざとらしく見えるところにキスマークをつけるのは、言い訳不可能なレベルのマーキング行動。

大人になったら、見えるところにキスマークをつけるなんてマナー違反ですが、若気の至り…というやつですね。

人前でベタベタする

付き合ったあとの男性のマーキング行動には、人前でベタベタすることが挙げられます。

付き合ってからマーキング行動が激しくなるとき、男性は人前でわざとらしくベタベタするようになります。

親しい間柄の人しか入れないような距離で、人が見てる前で触るのは「コイツに触っていいのは俺だけ」と周りに言いたいからでしょう。

送迎したがる

付き合ったあとの男性のマーキング行動には、送迎したがることが挙げられます。

彼女が飲み会に行ったり残業になったときなど、「迎えに行くよ」と現地まで送迎するのも、立派なマーキング行動の1つです。

彼女の知り合いがいる場所にわざわざ出向き、自分の存在を彼女の知り合いに教えようとしています。

友人に紹介させる

付き合ったあとの男性のマーキング行動には、友人に紹介させることが挙げられます。

自分のことを、彼女の友人に紹介させるのもマーキング行動と言われています。

彼女には自分という彼氏がいる、ということを彼女の友人、特に男性の友人に覚えさせたくてたまりません。

彼女に「友達に紹介して」としつこく言うのなら、マーキングしている証です。


男性のマーキング行動の特徴【職場編】

下の名前で呼ぶ

男性の職場でのマーキング行動には、下の名前で呼ぶことが挙げられます。

職場での呼び方は人それぞれですが、下の名前で呼ぶと親しい感じがしますよね。

周りの人が「○○さん」と名字で呼んでいる中、自分だけ下の名前で呼んでいたら、周りにも「あの2人は親しいのかな」と思わせることができますね。

プライベートな話を人前でする

男性の職場でのマーキング行動には、プライベートな話を人前ですることが挙げられます。

その女性に関するプライベートな話を人前でするのも、「自分だけが知ってる」ことをアピールしていますよね。

「この間はありがとね!」など、匂わせともとれる発言を人前でして、周りの人から「あの子と何があったの?」と言われたいのでしょう。

同僚の前で「アイツ」呼びする

男性の職場でのマーキング行動には、同僚の前で「アイツ」呼びすることが挙げられます。

休憩中などに、女性の話をすることもありますよね。

そういうとき、「アイツは本当は…」などと女性のことを名前ではなく「アイツ」と呼ぶのは、自分と彼女は親しい関係だとアピールしたいからでしょう。

人前で褒める

男性の職場でのマーキング行動には、人前で褒めることが挙げられます。

男性が、特定の女性の内面や努力などを人前で褒めるのは、「自分だけが知ってる」ことを、その女性自身、そして周りの男性陣に知らせたいと思っているから。

人前で褒められるのが苦手という人もいますが、女性の気持ちなどお構い無しに褒めるでしょう。

変化に気づく

男性の職場でのマーキング行動には、変化に気づくことが挙げられます。

女性の変化を敏感に感じ取り、その変化を指摘するのもマーキング行動と言われています。

人前で褒めることと似ていますが、女性の変化に気づくということは、それだけその女性のことを見ている、というアピールでもあるのです。


男性がマーキング行動をする心理

ではここで、男性がマーキング行動をする心理について紹介します。

そもそもなぜ、男性は上記のようなマーキング行動をするのでしょうか。

男性がマーキング行動をする理由を知るためにも、その心理を詳しく見ていきましょう。

男性がマーキングする心理は、こちらです。

独占したい

男性がマーキング行動をする心理には、独占したいというものが挙げられます。

男性がマーキング行動をするのは、十中八九「独占欲」から来ています。

元々男性は独占欲が強く、自分のものを周りにアピールしたくてたまりません。

女性に対してマーキング行動をするのも、その女性を独占したいからでしょう。

好きすぎて心配

男性がマーキング行動をする心理には、好きすぎて心配だからというものが挙げられます。

彼女のことが好きすぎるあまり、彼女が他の男性と会っていたり、浮気をするのではないかと不安でたまりません。

彼女のことを疑っているわけでないのですが、好きすぎて心配でたまらないのです。

彼女に言いよる男を排除したい

男性がマーキング行動をする心理には、彼女に言いよる男を排除したいというものが挙げられます。

彼女のことが大好きだからこそ、彼女に言いよる男がいるのでは…と不安になってしまうもの。

職場の男や友人であっても、彼女に言いよる男はすべて敵だと思っているため、マーキングして近寄らせないようにしているのです。

俺のものだとアピールしたい

男性がマーキング行動をする心理には、俺のものだとアピールしたいというものが挙げられます。

誰に対しても嫉妬したり、少しのことで不安になってしまう男性は、彼女を「俺のもの」と周りにアピールしたくてたまりません。

また、初めての彼女など恋愛経験が少ない男性も、彼女ができたことが嬉しくてマーキングしてしまうこともあるでしょう。

不安を払拭したい

男性がマーキング行動をする心理には、不安を払拭したいというものが挙げられます。

自信のない男性ほど、彼女ができても「いつか離れていくのではないか」「他に好きな人ができてしまうのではないか」と不安になってしまいます。

この不安を払拭するためには、彼女を自分のものだと客観的に知らしめるしか方法がない、と思っているのでしょう。


男性のマーキング行動への対処法

最後に、男性のマーキング行動への対処法について紹介します。

付き合ってない男性や彼氏があからさまなマーキング行動をしてきたときには、どうすれば良いのでしょうか。

あなた自身の気持ちが一番ですが、男性のマーキング行動への対処法は、こちらを参考にしてみてください。

気にならないなら何もしない

男性のマーキング行動への対処法には、気にならないなら何もしないことが挙げられます。

男性からマーキング行動をされても、特に気にならない、嫌じゃないのであれば彼の気の済むままにさせておきましょう。

あなたが気にならないのであれば、何もしないのが一番です。

好意をきちんと使える

男性のマーキング行動への対処法には、好意をきちんと伝えることが挙げられます。

男性がマーキング行動をするのは、あなたの気持ちが分からなくて不安だから、という可能性もあります。

普段、好意をきちんと言葉で伝えていますか?

日頃あまり言葉にしていないという人は、積極的に好意を伝えてあげるといいですね。

嫌なことは嫌と言う

男性のマーキング行動への対処法には、嫌なことは嫌と言うことが挙げられます。

付き合う前、付き合ってからに関わらず、マーキング行動が嫌なときはきちんと嫌と伝えてください。

マーキング行動をする男性は、基本的に自分のことしか考えておらず、あなたが嫌がっているとは思っていないからです。

しっかり話し合う

男性のマーキング行動への対処法には、しっかり話し合うことが挙げられます。

男性からマーキング行動をされて困っているときは、しっかり話し合いましょう。

男性は、自分の行動であなたが嫌がっている、迷惑しているとは微塵も思っていない可能性もあります。

しっかりと話し合うことで、解決策が見つかるかもしれませんよ。

共通の友人に相談する

男性のマーキング行動への対処法には、共通の友人に相談することが挙げられます。

何を言っても男性からのマーキング行動が収まらない、むしろエスカレートしていると感じるのであれば、共通の友人に相談するのも1つの方法。

お互いを知ってる人に相談することで、その友人から男性に伝えてもらいましょう。

第三者から言われることで、我に返るタイプもいるからです。


まとめ:男性のマーキング行動がエスカレートしないように注意

男性のマーキング行動やマーキングする心理、マーキングされたときの対処法について紹介しました。

元々男性は独占欲が強く、好きな女性を独り占めしたいという気持ちが強いです。

そのため、無意識のうちにマーキング行動をしてしまうこともあるようです。

愛されてる証拠と言えば聞こえはいいですが、負担になっているならきちんと伝えなくてはなりません。

男性のマーキングがエスカレートしないように、気をつけてくださいね。