職場の意識している女性への男性の態度・行動とは?

職場の意識している女性への男性の態度・行動とは?

職場の意識している女性への態度について、紹介します。

男性は、職場の意識している女性にはどんな態度をとるのでしょうか。

実は男性は、意識している女性にはとても分かりやすい態度をとるもの。

ここでは、職場の意識している女性への態度や言葉、男性から意識されてる気がすると感じた瞬間、自分に好意がある男性への上手な接し方について見ていきたいと思います。

ぜひ最後まで読み進めてみてください。

職場の意識している女性への男性の態度・行動

まずは、職場の意識している女性への男性の態度や行動の特徴について紹介します。

男性は、職場の意識している女性へはどんな態度や行動をすることが多いのでしょうか。

男性は好意が分かりやすいので、意識し始めると以下のような態度をとるようになります。

近くにいる

職場の意識している女性への男性の態度や行動には、近くにいることが挙げられます。

職場の意識している女性に対し、男性は近くにいることが多くなります。

少しでも気になる女性のそばにいたくて、できるだけ近くにいるようになるでしょう。

いつも近くにいるな、と感じることが多ければ、それは意識している証拠です。

仕事を頼む

職場の意識している女性への男性の態度や行動には、仕事を頼むことが挙げられます。

男性は、女性のことを意識し始めると、その人にばかり仕事を頼むようになります。

誰にでもできるような簡単な仕事や、雑用などもわざわざその人に頼むようになるので、男性の好意は非常に分かりやすいと言えるでしょう。

関わりを持とうとする

職場の意識している女性への男性の態度や行動には、関わりを持とうとすることが挙げられます。

男性は、職場にいる自分が意識している女性とは、どうにかして関わりを持とうとしてきます。

部署が違う場合は、女性と同じ部署の同期に飲み会を開くように提案するなど、少しでも自分のことを覚えてもらおうと必死なのです。

目で追う

職場の意識している女性への男性の態度や行動には、目で追うことが挙げられます。

男性は、意識している女性のことは自然と、目で追うようになります。

本人は気づいていないことも多いのですが、目線が常に同じ女性の方を向いているので、周りからはかなり分かりやすい特徴と言えるでしょう。

予定を合わせようとする

職場の意識している女性への男性の態度や行動には、予定を合わせようとすることが挙げられます。

たとえば休憩時間や退社時間など、さりげなく話ができるように予定を合わせようとするのも、意識している証拠。

少しでも関わりを持ちたい、話がしたいという気持ちから、予定を合わせようとするでしょう。


職場の意識している女性への男性の言葉・会話

続いて、職場の意識している女性への男性の言葉や会話について、紹介します。

男性は、職場の意識している女性に対してどんな言葉や会話をするのでしょうか。

密かな好意を抱いている女性に対し、男性は気を引くために以下のような言葉をかけることが多いです。

大丈夫?

職場の意識している女性への男性の言葉や会話には、大丈夫?と聞くことが挙げられます。

男性は、意識している女性のことは普段からよく見ているので、些細な変化も敏感に感じ取ることができます。

そのため、ちょっとでもいうもと違うなと感じたら、すぐに「大丈夫?」と声をかけるでしょう。

何かあった?

職場の意識している女性への男性の言葉や会話には、何かあった?というものが挙げられます。

大丈夫?と聞くことと似ているのですが、男性は意識している女性がいつもと違うと思ったら、すかさず「何かあった?」と声をかけます。

自分は気づいてる、ということをさりげなくアピールしたいのでしょうね。

相談に乗るよ

職場の意識している女性への男性の言葉や会話には、相談に乗るよというものが挙げられます。

女性が何か悩んでいるように感じたら、男性は「相談に乗るよ」と声をかけます。

相談に乗るという口実があれば2人で会う約束もできますし、親身になることで自分の印象も良くすることができますね。

手伝ってくれない?

職場の意識している女性への男性の言葉や会話には、手伝ってくれない?というものが挙げられます。

職場の意識している女性に対し、男性は仕事を頼むことが多いです。

そのため、自分の仕事を「手伝ってもらえない?」と声をかけることが非常に多くなるでしょう。

また、「手伝うよ」と声をかけることも多いです。

彼氏いるの?

職場の意識している女性への男性の言葉や会話には、彼氏いるの?というものが挙げられます。

これは分かりやすいサインですが、男性は意識している女性には彼氏がいるかどうかを確認します。

彼氏がいなければチャンスあり、積極的にアプローチをかけますが、彼氏がいるなら別の方法を考えるでしょう。


男性から意識されてる気がすると感じた瞬間

ではここで、男性から意識されてる気がすると感じた瞬間について、紹介します。

職場で男性から意識されてる気がする…と感じる瞬間には、どんなときがあるのでしょうか。

女性が男性から意識されてるかも、と感じる瞬間には、以下のようなものが挙げられます。

よく目が合う

男性から意識されてる気がすると感じた瞬間には、よく目が合うことが挙げられます。

職場で、いつも同じ男性と目が合うな、と感じたとき、意識されてる気がすると感じるという人は多いです。

目が合うということは、それだけ自分のことを見ているということですからね。

少なからず、意識されてると感じるのも分かります。

わざわざ声をかけてくる

男性から意識されてる気がすると感じた瞬間には、わざわざ声をかけてくることが挙げられます。

たとえば雑用などを頼むとき、わざわざ自分に声をかけてくることが続けば、意識されてる気がしますよね。

他にも手が空いてる人はいるのに、何でわざわざ私に?と思うことが、意識されてると思うきっかけになるのです。

他の人より優しい

男性から意識されてる気がすると感じた瞬間には、他の人より優しいことが挙げられます。

男性は、好きな人のことは無意識に優しくしてしまうもの。

そのため、他の女性への態度と比べて、自分に対する態度が明らかに優しいなと感じたときにも、意識されてる気がすると感じるでしょう。

視界に入る距離にいる

男性から意識されてる気がすると感じた瞬間には、視界に入る距離にいることが挙げられます。

広い職場の中で、気づくといつも視界に入る距離にいる、自分の視界に入ってくるなと感じたときも、意識されてる気がしますよね。

常に視界に入る距離にいることなど、意識しなければ起こりうることはありません。

笑顔が多い

男性から意識されてる気がすると感じた瞬間には、笑顔が多いことが挙げられます。

自分に声をかけるとき、笑顔が多いなというのも意識されてる気がすると感じる瞬間の1つ。

笑顔で近づいてくるのが自分に対してだけなら、尚更「意識されてる気がする」と感じてしまいますね。


自分に好意がある男性への上手な接し方

最後に、自分に好意がある男性への上手な接し方について紹介します。

この人自分に気があるんだろうな、と感じたとき、どんな風に接したら良いのか迷ってしまいますよね。

自分に好意がある男性への上手な接し方には、以下のようなものが挙げられます。

素直に頼る

自分に好意がある男性への上手な接し方には、素直に頼ることが挙げられます。

男性は、好きな人に頼られることで自分の価値を見出しているところが少なからずあるもの。

好意を寄せている女性から頼られたら、嬉しくないはずがありません。

相手が自分に好意がある男性であるなら、素直に頼るのもありですよ。

笑顔で接する

自分に好意がある男性への上手な接し方には、笑顔で接することが挙げられます。

自分に好意がある男性には、笑顔で接することがおすすめです。

できるだけニコニコと振る舞うことで、相手の男性から良くしてもらえることが増えるでしょう。

わざとらしい笑顔ではなく、ニコニコと振る舞うことを意識してくださいね。

思わせぶりな態度を取らない

自分に好意がある男性への上手な接し方には、思わせぶりな態度は取らないことが挙げられます。

あくまでも職場なわけですから、あからさまに思わせぶりな態度をとるのはNG。

思わせぶりな態度をとっていると、周りの人から「男に媚びを売っている」などと言われてしまいます。

気がないならさりげなく牽制する

自分に好意がある男性への上手な接し方には、気がないならさりげなく牽制することが挙げられます。

もし、その男性のことを恋愛対象として見られないのであれば、さりげなく牽制するようにしましょう。

今日は彼氏とデートなんだ、などとさりげなく伝わるようにして、自分にこれ以上好意が向かないようにするのがおすすめですよ。

いつも通りに接する

自分に好意がある男性への上手な接し方には、いつも通りに接することが挙げられます。

自分に好意があるな、と感じても、それが本当かどうかは分かりません。

思い込み、自意識過剰ということも有り得ますから、はっきりと告白されるまではいつも通りに接することをおすすめします。


まとめ:職場の意識している女性への態度は分かりやすい

職場の意識している女性への男性の態度や行動、言葉や会話、男性から意識されてる気がすると感じた瞬間、そして自分に好意がある男性への上手な接し方について紹介しました。

男性が、職場の意識している女性にとる態度は非常に分かりやすいもの。

本人は無意識で気づいていなくても、周りから見ると意外とバレバレ…ということも少なくありません。

職場の意識している女性への態度を見極め、今後のアプローチの参考にしていきましょう。