魔性の女の特徴は?モテる魔性の女になる方法を紹介!

魔性の女の特徴は?モテる魔性の女になる方法を紹介!

魔性の女と聞くとどのようなイメージを持っているでしょうか。「あまり好きではない」「良い印象じゃない」という人が多いでしょう。

魔性と言われる女性は周りに1人は存在しており、男性からは人気があるけど女性からはあまり好かれていないのが現状です。では魔性の女は本当に嫌われるような女性なのでしょうか。

ここでは魔性の女について紹介していきます。

魔性の女の意味とは

魔性とは、人を惑わす・たぶらかすといった意味を持ちます。魔性の女と言われる人は、男性にアプローチをかけ魅了する女性のことを指します。恋的に男性を溺れさせようとする人もいれば、無意識のうちに虜にしているという女性もおり、一言に魔性と言っても違いがあると言えるでしょう。

魔性な女というと美人で色っぽいというイメージが強いかもしれませんが、一概に美人であるとは言えません。美人でなくても男性を魅了する何かが備わっていれば、魔性の女と言えるでしょう。


魔性の女は褒め言葉?

魔性の女という表現は、誰が発するかによって捉え方は大きく違ってきます。女性が使う時には、褒め言葉として使われるよりも、皮肉を込めて使われることの方が多いようです。逆に男性が使う時には、1度は振り回されてみたい魅力ある女性という意味で使われることが多く、褒め言葉と言ってよいでしょう。

ではなぜ男女で使う時の意味が変わってくるのかというと、魔性の女に対して男性が憧れが強いという所に答えがあるのではないでしょうか。女性にとって憧れの的として注目される魔性の女は、鼻につき妬みの対象になってしまっているのです。


魔性の女の特徴

どのような特徴があると、人はその女性を魔性と表現したくなるのでしょうか。ここでは魔性の女の特徴を、「行動」「見た目」「会話・言葉」それぞれの面から見た特徴を紹介していきます。

ぜひ参考に魔性の女とはどのような人かをイメージしてみましょう。

魔性の女の「行動」の特徴

芯を持っている

魔性の女は自分の考えをしっかり持っていて、人の意見に左右されてしまうことはありません。芯を持っていていい意味で人に執着することが無いので、自分でなんでもこなすことができます。

その芯を持っている姿が魅力的に感じさせるのです。

天然

はっきり自分の考えを持ち意見することができるので、しっかりした女性に見られます。しっかりし過ぎてスキが無い女性に見られますが、実は抜けている面も持つのが魔性の女なのです。

天然な一面が見られるため、ギャップを感じ守ってあげたくなるのでしょう。

甘え上手

魔性の女は甘え上手な特徴を持ちます。下心を感じさせない甘え方なので、男性だけでなく女性も魅力を感じてしまうほどです。

何でも自分でできる中で、どうしても苦手なことだけをお願いされれば、弱さを見せてくれた嬉しさと、頼られたという喜びを感じるのです。

距離感が近い

魔性の女は人との距離感が近いと言えます。ボディタッチが多いことで距離感が近いと感じさせているのかもしれません。

男性は触れられる回数が多くなると、好意を寄せられているのではないかと勘違いしてしまいます。思わせぶりな態度に見えてしまうこの行動が、魔性と呼ばれる理由の一つなのでしょう。

気分屋

気分によって態度が変わるのも魔性の女の特徴でしょう。もともと自分で何でもできるので、人に頼る必要はありません。

ご機嫌の時は甘えて見せますが、不機嫌な時や気分が乗っていない時には関わりを持とうとしない、猫のような特徴を持ちます。


魔性の女の「見た目」の特徴

目力がある

魔性の女は目力が強く印象的です。魔性の女の目を見て会話をすれば、見透かされているような感じがあり、ドキドキしてしまうのではないでしょうか。

二重で目が大きいからということではありません。見つめれば目が離せなくなるような不思議な力を持ちます。

透明感のある肌

思わず触れたくなるような色が白く透明感がある肌の持ち主です。男性は意外と肌を見ていて、透明感のある肌の女性に魅力を感じます。綺麗な肌に触れたいと興味津々になるのです。

また透明感ある肌は、女性らしさを感じ守りたいという気持ちも高まるのでしょう。

流行は気にしない

魔性の女は、自分の魅力を引き出すことに長けています。その時々で流行りは違いますが、自分に似合う服・メイクが分かっているので、一部取り入れることはあっても流行に乗ることはありません。

自分に合うものを選ぶから魅力的な自分を演出できるのかもしれません。

色っぽい

露出の多いファッションをして色気を出しているのではなく、表情や仕草から色っぽさを感じさせています。男性は露出は嫌がりますが、色気のある女性には魅力を感じるので、魔性の女はまさに魅力的で理想的な女性なのです。

ナチュラルメイク

魔性の女という言葉からのイメージでは、濃いメイクをして派手な女性をイメージするかもしれません。しかし実際の魔性の女は、ナチュラルメイクの人が多いと言えます。

すっぴんに近いメイクは、上品で近寄りやすい雰囲気を持っています。

魔性の女の「会話・言葉」の特徴

上品

男女関係なく言葉遣いが綺麗な人は、きちんとした人という印象を強く持たれます。特に女性には、綺麗な言葉遣いが求められる傾向にあります。

魔性の女は話し方や言葉選びに上品さがあり、その立ち振る舞いを見ただけで信頼度も上がるでしょう。

自分語りはしない

積極的に自分のことを話すということはありません。プライベートな質問をされても、上手く話をそらすので、プライベートが見えずミステリアスな印象が強まるのです。

好きな人のことを知りたいと思うのは当たり前のことですが、どう頑張ってもしれないというもどかしさを感じるでしょう。謎が深まれば深まるほど、人は気になって探りたくなってしまうのです。

落ち着いた話し方

魔性の女はゆっくりと落ち着いた話し方が特徴的で、時間の流れが人とは違うのではないかと思わせるほど印象的です。パニックになって慌てるという姿もほとんど見られません。

余裕の表れとも言えますが、大人の女性に感じさせます。

大胆な発言をする

思わずおどろいてしまうような大胆な発言をするのも、魔性の女の会話の特徴です。考え方が同年代の女性とは違うことが多く、上品で落ち着いた印象からは想像できない発言が見られます。

その発言が人とは違い驚かれても、それが自分であると堂々とできるのも魔性の女らしい行動と言えるでしょう。

否定はしない

自分の意見と違う人の話を聞いても、否定することはありません。「そうなんだ」と聞き流されることがほとんどでしょう。

人に執着しない魔性の女ならではで、自分と人の意見が違って当たり前という考えが備わっているのです。


魔性の女は生まれつきなのか?

魔性の女は生まれつきその魔性の魅力を持っているのでしょうか。もちろん生まれつき魔性さを持っている女性もいます。それは育った環境が魔性さに磨きをかけたとも言えます。

兄がいて日常的に甘える環境にあった、自分の考えを出し自由に生活することが許される環境であったなど、幼少期育った環境が影響し魔性な女になったということであれば、生まれつき魔性さを持っていたと言っても過言ではありません。

その反面、意識的に魔性の魅力を出しているという女性もいます。周りの人を観察しアプローチをかけることを繰り返し、テクニックを身につけた女性です。このタイプの魔性の女は、天然で魔性になっているのではなく、計算しつくされた魔性なのです。


魔性の女がモテる理由

魔性の女に魅了され夢中になってしまう男性は多いと言います。特に女性からすれば、魔性の女がモテるのはなぜなのか、不思議に思うのではないでしょうか。

ここでは魔性の女がモテる理由を紹介していきます。共感できる項目があるか探してみてください。

ストレートに気持ちを伝える

自分の気持ちをストレートに相手に伝えることができます。「素敵ですね」「○○な所が好きです」など、直接伝えるのをためらってしまうことでも自然に口にするので、男性は自分に好意があるのではないかと勘違いしてしまいます。

また魔性の女の言葉が好意的な言葉が多いので、気がつけば気になる存在になっているのです。

積極的

自分が好きになった人には、相手・周りの人を気にすることなく積極的にアプローチをしてきます。自分が追いたいという男性もいますが、どんな人でも積極的にアプローチをしてくれれば嬉しいものです。

実際にアプローチをされたことで意識するようになり、次第に好きになってしまうのはよくある話です。

自立している

男性がついていないと何もできないタイプの女性は、守ってあげないといけないと思わせることができモテると言います。しかし自立していて何でも自分でこなす女性に憧れる男性は同じくらいいます。

自分に振り向いて貰えないと感じると、なんとかして振り向かせようと必死になるのです。

相手をよく見ている

魔性の女は、相手をよく見ています。何をしたら喜び、自分に気持ちが向くのか分かっているのです。

相手に甘えるタイミングも、褒めるタイミングも、相手をよく見てベストなタイミングを図っているのです。

態度を変えない

誰に対しても態度を変えることはなく、分け隔てなくコミュニケーションを取ろうとします。ボディタッチも自分にだけではないので、他の人に取られてしまうのではないかとヒヤヒヤしてしまうのも、男性が必死になる理由です。


魔性の女になる方法

多くの人から魅力的と感じられるのであれば、自身も魔性の女になりたいと願う女性もいるでしょう。ここでは魔性の女になる方法を紹介します。

何を変えればよいのか分からないという女性は、ぜひ参考にして実践してみましょう。

人を気にしない

自分の思ったことを伝えることは意外と難しく、人がどう思うかを気にしすぎてしまうと相手の考えに合わせた意見を言ってしまうことがあります。自分は自分と言い聞かせ、思ったままに伝えられるようになりましょう。

ストレートな言葉は気持ちが伝わりやすくなります。

強がらない

失敗やミスをすることは恥ずかしいことと隠そうとする女性がいますが、それは逆効果です。男性は完璧な女性に対し、近づきにくさを感じてしまいます。

強がらずに弱い一面を見せることで、ギャップを感じさせることができます。

自分を優先する

人に合わせてばかりでは魔性の女にはなれません。良い意味で相手を振り回すくらいの勢いが必要なのです。

自分の考えだけでなく自分の時間を優先させ、相手があなたに合わせないといけない状況を創り出しましょう。

距離感を近づける

そっと体に触れてみたり壁を感じさせないコミュニケーションは、魔性と感じさせることができます。触れるたびに相手をドキッとさせられるようにしますが、女性は自然に振舞う必要があります。

まずは近くに座ってみたり方に軽く触れるという、軽いボディタッチをしてみましょう。

話を聞く

女性は話し好きで、自分の話を聞いてもらいたくなりますが、グッと抑えて聞き役に回りましょう。聞き上手は印象をよくすると共に、相手がどのような考えを持っているかを知ることができます。

また自分語りをしないことで男性の知りたい欲求を高めることができます。


男性に媚びを売るのが魔性の女ではない

魔性の女と聞くと、男性に色目を使って媚びを売ったり、可愛さアピールをしている女性を思い浮かべるかもしれません。しかし実際の魔性の女は、自立していてけして男性に頼って生きている女性ではありません。

男性は守ってあげたいと思う女性に魅力を感じているように見えて、実はしっかりとした男性に執着しない女性に魅力を感じるのです。魔性の女の中には自分を持った素敵な女性が数多く存在していると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA