大人びてる人の特徴|大人びている人になる方法とは

大人びている人の特徴|大人びる方法とは

大人びてる人の特徴について、紹介します。

あなたの周りにも、大人びてる人はいませんか。

『あの子は随分大人びてるな』と感じることもあれば、あなた自身が『大人びてるよね』と言われた、なんて人もいるかもしれませんね。

ここでは、大人びてる人の特徴について詳しく見ていきたいと思います。

大人びてる人の考え方や、大人びる方法についても触れていますので、是非参考にしてみてください。

関連記事はこちら▽ 大人ぶる人の特徴や心理|大人ぶる人との上手な接し方とは 大人ぶる人の特徴や心理|大人ぶる人との上手な接し方とは

「大人びた」の意味とは

まずは、『大人びた』の意味から紹介します。

『大人びた』を辞書で引くと、以下のような意味がありました。

  • 大人らしい感じのするさま
  • 子供が、大人であるかのような振る舞いをすること
  • 考え方が大人らしくなること

こうしてみると、『大人びた』は見た目よりも中身、精神的に大人になっている人を指す言葉だと言えるでしょう。

類語には『ませる』などがありますが、『ませる』は恋愛や性的なことに関して、年齢に相応しくない行いをするさま、という意味で使われることが多いです。

「大人びた」は褒め言葉?

『大人びた』は、褒め言葉なのでしょうか。

『大人びた』の意味を見ると、精神的に大人になっている人を指す言葉ですから、少なくとも悪口ではありませんよね。

『大人びた』の意味から考えても、褒め言葉とみていいでしょう。

しかし、『大人びた』は類語である『ませる』や『大人っぽい』などと混同されてしまいやすく、素直に褒め言葉として受け取られないこともあります。

『大人っぽい=老けてる』と捉えてしまう人がいるのも事実なので、『大人びた』を使うときには気をつけた方がいいかもしれません。

大人びている人の特徴

では、大人びてる人の特徴を紹介しましょう。

大人びてるな、と感じる人は、見た目ではなく精神的に大人な人ということですが、一体どんな特徴があるのでしょうか。

大人びてる人に共通する特徴には、こんなものが挙げられます。

落ち着きがある

大人びてる人の特徴には、落ち着きがあることが挙げられます。

大人びてると言われる人は、常に落ち着いていて冷静さを失うことがありません。

思わぬトラブルに巻き込まれたときなども、落ち着いて処理することができます。

慌てたり騒いだりせず、冷静に対処していけるので、大人びてる人は仕事ができる人とも言えるでしょう。

気持ちが安定している

大人びてる人の特徴には、気持ちが安定していることが挙げられます。

女性は特に感情的になりやすく、ヒステリーを起こしやすいと言われていますが、大人びてる人は気持ちが安定しているので、感情的になりません。

少しのことで怒鳴ったり叫んだり…ということは、大人びてる人には無縁なのです。

バカ騒ぎしない

大人びてる人の特徴には、バカ騒ぎしないことが挙げられます。

男性は特に、仲間内で集まったときや飲み会のときなどにバカ騒ぎしてしまう人もいますよね。

しかし大人びてる人は、バカ騒ぎをすることはありません。

バカ騒ぎはくだらない、と冷静に分析していることも多いものですよ。

関連記事はこちら▽ くだらない人の特徴や心理|くだらない人への対処法とは くだらない人の特徴や心理|くだらない人への対処法とは

聞き上手

大人びてる人の特徴には、聞き上手なことが挙げられます。

大人びてる人は、自分の意見を主張するより聞き役になることが圧倒的に多いです。

子供って、『自分の話を聞いて欲しい!』という欲求がとにかく強いですよね?

そのため、自分の話ばかりする人は子供っぽく見えてしまうのですが、聞き上手な人は大人びて見えるのです。

自分を持っている

大人びてる人の特徴には、自分を持っていることが挙げられます。

大人びてる人は、自分の芯や考えというのをちゃんと持っています。

曲げられないもの、譲れないものがハッキリしているんですよね。

聞き上手で人に合わせるのも得意なのですが、人に流されることはありません。

精神的に大人な人の考え方

続いて、精神的に大人な人の考え方を紹介します。

『大人びてる人=精神的に大人な人』というのは先程からお話している通りですが、精神的に大人な人は物事をどんなふうに考えているのでしょうか。

精神的に大人な人の考え方は、こちらです。

相手の目線で考える

精神的に大人な人の考え方には、相手の目線で考えることが挙げられます。

精神的に大人な人というのは、自分本位な考え方はしません。

いつでも相手の目線で、物事を考えることができる人です。

相手がどう思うか?を常に先読みしているので、良好な人間関係を築くことができると言えるでしょう。

人任せにしない

精神的に大人な人の考え方には、人任せにしないことが挙げられます。

精神的に大人な人は、物事を決めるとき、その最終判断を人に委ねることはありません。

人のアドバイスは聞きますが、最終的に決めるのは自分です。

物事の決断には責任が発生するため人任せにした方が楽という気持ちは分かりますが、だからこそ精神的に大人な人は『自分のことは自分で決める』のです。

客観的に判断する

精神的に大人な人の考え方には、客観的に判断することが挙げられます。

精神的に大人な人は、何でも客観的に判断することができ、主観で決めたりしません。

自分自身のことも客観的に見ることができているので、自己中心的な考えにはならないのです。

常に相手の目線になれるのも、客観的に判断することができているからだと言えるでしょう。

その場で解決する

精神的に大人な人の考え方には、その場で解決することが挙げられます。

精神的に大人な人は、たとえ嫌なことがあったりケンカや言い合いをしたとしても、必ずその場で解決します。

後々まで解決を引き伸ばしたり、ケンカを引きずったりはしません。

解決したはずのケンカを、後からぶり返す人がいますが、精神的に大人な人は『解決した』ことをあとからゴチャゴチャ言うことはないのです。

オンとオフを使い分ける

精神的に大人な人の特徴には、オンとオフを使い分けることが挙げられます。

精神的に大人な人は、仕事とプライベートをしっかりと使い分けて考えられる人です。

公私混同という言葉は、精神的に大人な人にはないのです。

そのため、精神的に大人な人は、職場恋愛など一見難しいと言われる恋愛もうまくいくことが多いと言えるでしょう。

大人びる方法

最後に、大人びる方法を紹介します。

大人びる方法、つまり精神的に大人になる方法ということですが、どうすれば精神的に大人になれるのか気になりますよね。

精神的に大人になりたい、大人びてる人になりたいという人は、以下の方法を試してみてください。

精神的に成熟してる人を見本にする

大人びる方法には、精神的に成熟している人を見本にすることが挙げられます。

大人びてる人になりたいと思っているということは、恐らくあなたの身近に大人びてる人がいるのでしょう。

精神的に成熟している人が身近にいるなら、その人を見本にしてみてください。

どんなふうに振る舞い、どんなふうに行動しているか、参考になるはずです。

やりたいことよりやるべきことを優先する

大人びてる方法には、やりたいことよりやるべきことを優先することが挙げられます。

『やりたいこと』と『やるべきこと』は違い、人は頭では分かっていながらも、ついやりたいことを優先してしまいがち。

しかし大人びてる人はきちんと優先順位をつけており、やるべきことを優先して行いをながら、隙間時間にやりたいことをしています。

やるべきことを優先するというのは意外と難しいことなので、意識して実践してみてください。

自分で決断する

大人びる方法には、自分で決断することが挙げられます。

精神的に大人な人は、自分のことは自分で決める、人任せにしない人だと言いましたね。

『責任』という点から、どうしても自分で決断するのを躊躇ってしまうこともありますが、大人びるためには自分で決断するようにしましょう。

目標を決める

大人びる方法には、目標を決めることが挙げられます。

大人びてる人は、常に目標に向かって成長し続けている人でもあります。

目標もなくダラダラ過ごしていても、メリハリがないですよね。

まずは目標を決め、その目標を達成するために努力していきましょう。

どうすれば目標を達成することができるか、しっかり考えて行動することが大切です。

自分のことを知る

大人びる方法には、自分のことを知ることが挙げられます。

大人びてる人は、自分のことを熟知しています。

自分の良いところはもちろん、ダメなところや悪いところまで知っており、その上で自分自身を認めているのです。

自分を知るというのは意外と難しいことですが、客観的に自己分析してみてください。

大人びてる人は精神的に大人な人

大人びてる人の特徴や考え方について、紹介しました。

大人びてる人は見た目が大人っぽいというよりも、考え方が大人な人、つまり『精神的に大人な人』だと言えます。

精神的に大人な人は仕事だけでなく、恋愛でもモテるなどいいことだらけ。

大人びてる人には考え方は次第でなることができるので、まずは大人びてる人の特徴や考え方をしっかりと理解し、それを真似することから始めましょう。