咀嚼音がすごい人の特徴|咀嚼音が苦手な時の対処法とは

咀嚼音がすごい人の特徴|咀嚼音が苦手な時の対処法とは

咀嚼音がすごい人の特徴について、紹介します。

あなたの周りにも、咀嚼音がすごい人はいませんか。

咀嚼音がすごい人は『クチャラー』と呼ばれるなど、周りから煙たがられてしまいます。

ここでは、そんな『咀嚼音がすごい人』にフォーカスを当ててみましょう。

咀嚼音がすごい人の特徴や対処法、咀嚼音を改善する方法まで紹介しますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

咀嚼音とクチャラーの違い

咀嚼音とクチャラーの違いについて、紹介します。

先ほども『クチャラー』という言葉が出ましたが、咀嚼音とクチャラーは何が違うのでしょうか。

簡単に言うと、咀嚼音はものを食べるときの音など『人が出す音』のこと。

一方クチャラーとは、食事のときにくちゃくちゃと音を立ててしまう『咀嚼音を立てる人』のことを言います。

クチャラーは批判的な意味合いで使われる言葉ではありますが、中には身体的な理由からクチャラーになってしまう人もいますので、『クチャラー』は安易に使って良い表現ではありません。

関連記事はこちら▽ くちゃくちゃ食べる人の特徴|くちゃくちゃ食べる人への注意の仕方とは くちゃくちゃ食べる人の特徴|くちゃくちゃ食べる人への注意の仕方とは

なぜ?咀嚼音がすごい人の特徴

ではここで、咀嚼音がすごい人の特徴を紹介します。

先ほども軽く触れましたが、咀嚼音がすごい人の中には、身体的な理由から咀嚼音が出てしまうこともあります。

なぜ咀嚼音が大きくなってしまうのか、理由を知るために特徴を知ることから始めましょう。

口に入れる量が多い

咀嚼音がすごい人の特徴には、口に入れる量が多いことが挙げられます。

咀嚼音がすごくなる原因の一つに、一度にたくさんの食べ物を口に入れるというものがあります。

たくさん口に入れると、当然ですが口を閉じることができません。

口を閉じずに噛むため、くちゃくちゃと激しい咀嚼音がしてしまうのです。

無神経

咀嚼音がすごい人の特徴には、無神経なことが挙げられます。

日本では、食事のときに咀嚼音を立てないというのは、当たり前のマナーとして知られているもの。

それを気にせず、堂々と咀嚼音を出すのは本人が無神経である以外の何者でもありません。

このタイプは、咀嚼音以外にも様々なマナー違反をしていることが多いです。

自分のことしか考えていない

咀嚼音がすごい人の特徴には、自分のことしか考えていないことが挙げられます。

先ほども言いましたが、咀嚼音を出して食事をするのはマナー違反。

それでも自分の食べ方を直さない、改めようとしないのは、自分のことしか考えていないから。

自分の出す咀嚼音のせいで他人を不快にしている可能性など、微塵も考えていないのです。

早食い

咀嚼音がすごい人の特徴には、早食いなことが挙げられます。

早食いの人はよく噛まないので、咀嚼音もしないイメージがありますが、残念ながらそうではありません。

早食いの人は一度にたくさんの量を口に詰め込むので、咀嚼音もひどくなるもの。

それだけでなく、早く食べることだけを意識しているので、食べこぼしなども多く、見ていて汚く感じるでしょう。

歯並びや噛み合わせが悪い

咀嚼音がすごい人の特徴には、歯並びや噛み合わせが悪いことが挙げられます。

歯並びや噛み合わせの問題によって、咀嚼音が出てしまうこともあります。

口を閉じて食べられない、前歯で噛むなど理由は様々ですが、歯並びや噛み合わせは個人の努力でどうにかすることはできません。

こういう理由で、咀嚼音がすごくなってしまう人もいるのです。

咀嚼音が不快で気持ち悪い理由

次に、咀嚼音が不快で気持ち悪い理由を紹介します。

他人が出す咀嚼音が好き、という人はあまりいないのではないでしょうか。

最近では『咀嚼音マニア』もいるようですが、一般的には咀嚼音は人を不快にする音として知られていますね。

なぜ咀嚼音が不快で気持ち悪いのか、その理由をまとめてみました。

音がうるさい

咀嚼音が不快で気持ち悪い理由には、音がうるさいからというものが挙げられます。

他人の出す咀嚼音は、とにかく音がうるさいと感じてしまうもの。

騒音の中にいると、とてもイライラしてくるでしょう?

それと同じで、咀嚼音も頭に残る音なので、イライラして不快に感じるのです。

汚い感じがする

咀嚼音が不快で気持ち悪い理由には、汚い感じがするからというものが挙げられます。

咀嚼音は、人が食べ物を噛んだり飲み込んだりするときの音ですが、それらがあまりにも大きいと『汚い』というイメージを持つ人も少なくありません。

咀嚼音を出す人に食べこぼしが多いことも、影響しているのかもしれませんね。

くちゃくちゃ音が耳に残る

咀嚼音が不快で気持ち悪い理由には、くちゃくちゃ音が耳に残るからというものが挙げられます。

咀嚼音の代表的な音『くちゃくちゃ』という音は、一度気になると耳から離れません。

ひたすら耳に、そして頭に残り続ける音であり、そこから食べこぼす人、唾を撒き散らす人などを想像してしまい、余計に不快になってしまいます。

マナー違反

咀嚼音が不快で気持ち悪い理由には、マナー違反だからというものが挙げられます。

何度か触れましたが、食事のときに咀嚼音を出すのは、日本ではマナー違反。

そういうマナー違反を平気でする人に対して、不快感を覚える人も少なくありません。

咀嚼音そのものというより、咀嚼音を出す人に対して不快になる人も多いでしょう。

粘度の高い音だから

咀嚼音が不快で気持ち悪い理由には、粘度の高い音だからというものが挙げられます。

ヒトが不快に感じる音は、『不規則で高さが一定ではない音』なのだそう。

中でも、くちゃくちゃ、ネチョネチョなどの粘度の高い音は不快で気持ち悪いとさえ感じてしまうそうです。

咀嚼音は『くちゃくちゃ』と表現されるように、粘度の高い音であるため、より不快に感じるのです。

咀嚼音が苦手な時の対処法

ではここで、咀嚼音が苦手なときの対処法を紹介します。

他人の出す咀嚼音が苦手なときは、どうすれば良いのでしょうか。

ここで1つ言いたいのは、周りの人が出す咀嚼音が決して大きいわけではなく、あなた自身が音に敏感なだけかもしれない、ということ。

それも踏まえて、咀嚼音が苦手なときの対処法を見ていきましょう。

その場を離れる

咀嚼音が苦手なときの対処法には、その場を離れることが挙げられます。

人のだす咀嚼音が苦手、辛いと感じるのであれば、その場を離れるのもアリでしょう。

たとえ相手が重度のクチャラーだったとしても、なかなか注意することは難しいですし、注意したところですぐに治せるものでもありません。

自分がその場を離れるのが、一番手っ取り早いのです。

食事は1人でする

咀嚼音が苦手なときの対処法には、食事は1人ですることが挙げられます。

食事はみんなですると美味しい、と子どもの頃に言われた人も多いと思いますが、自分がストレスに感じるのならその限りではありません。

咀嚼音がすごい人とは一緒に食事をしない、飲食店にはできるだけ行かないなど、咀嚼音を聞かなくて済むようにしていきましょう。

好きな音楽を聴く

咀嚼音が苦手なときの対処法には、好きな音楽を聴くことが挙げられます。

飲食店などで他人の咀嚼音が不快で仕方がないときは、イヤホンを持参して好きな音楽を聞くのも一つの方法。

誰かと食事に行ってイヤホンをするのはマナー違反ですが、1人で食事をしているのなら特に問題はありません。

ミソフォニアを疑う

咀嚼音が苦手なときの対処法には、ミソフォニアを疑うことが挙げられます。

ミソフォニアとは、音恐怖症のことで、他人の咀嚼音や呼吸音などに敏感に反応してしまう人のこと。

この場合、周りは決してクチャラーではないのにも関わらず、咀嚼音がうるさい、不快だと感じてしまうのです。

僅かな音でも不快に感じるのなら、一度ミソフォニアを疑ってみるのもいいかもしれません。

動作をまねする

咀嚼音が苦手なときの対処法には、動作を真似することが挙げられます。

もし前述したミソフォニアだった場合、不快な音を出すまねをすることで、嫌悪感がなくなるという研究データもあります。

実際に音を出さなくても、その動作をまねするだけでも十分な効果が得られるのだとか。

咀嚼音が辛くて仕方がないときは、自分自身で『咀嚼音を出すマネ』をしてみてください。

咀嚼音を改善する方法

最後に、咀嚼音を改善する方法を紹介します。

自分で自分の咀嚼音がすごいかも…と思ったり、身内から指摘されてときには、やはり改善しなくてはなりません。

何度も言いますが、日本では咀嚼音を出して食事をするのはマナー違反だからです。

咀嚼音を改善する方法には、以下のものが挙げられます。

ひと口を少なくする

咀嚼音を改善する方法には、ひと口を少なくすることが挙げられます。

自分では決してひと口が大きい、口に入れる量が多いと思っていなくても、もしかしたら口に入れる量が多いのかもしれません。

試しに、普段よりもひと口を少なくしてみましょう。

口に入れる量が少なくなれば、口を閉じて噛めますので咀嚼音もしなくなるはずです。

ゆっくり噛む

咀嚼音を改善する方法には、ゆっくり噛むことが挙げられます。

早食いの人などは、とにかく早く食べることが大事なので、口を閉じずに噛むことも少なくありません。

咀嚼音は口を閉じずに噛むことで大きくなりますから、ゆっくり噛むことを意識しましょう。

ゆっくり確実に噛んで飲み込むことを意識するのが、おすすめです。

舌を動かすトレーニングをする

咀嚼音を改善する方法には、舌を動かすトレーニングをすることが挙げられます。

咀嚼音がしてしまう原因には、食事のときに舌がうまく使えていないということも考えられます。

舌で口の中をなぞるように動かすなど、舌を動かすトレーニングをしてみましょう。

お風呂やトイレの中など、1人の時間にやってみてくださいね。

姿勢を正しくする

咀嚼音を改善する方法には、姿勢を正しくすることが挙げられます。

姿勢が悪いことも、噛み合わせが悪くなり咀嚼音がする原因に。

猫背の人は特に、姿勢を正すことを心がけましょう。

姿勢を直しても咀嚼音が改善されない場合は、歯並びや噛み合わせの可能性もあるので、歯科医師に相談するのもおすすめです。

口呼吸を治す

咀嚼音を改善する方法には、口呼吸を治すことが挙げられます。

咀嚼音がするのは、鼻呼吸ではなく口呼吸になっているせいかもしれません。

口呼吸になる原因は様々ですが、鼻炎や蓄膿症があることもあるので、一度耳鼻科に相談すると良いかもしれません。

病気のせいで口呼吸になり、咀嚼音がひどくなっている可能性も、ゼロではないのです。

咀嚼音は周りを不快にするので早めに改善しよう

咀嚼音がすごい人の特徴や対処法、咀嚼音を改善する方法などについて、紹介しました。

咀嚼音は、周りを不快にする代表格のようなもの。

やはりマナー上、咀嚼音は出すべきではありません。

もし自分自身が咀嚼音を出しているのであれば、早めに改善していきましょう。

咀嚼音の原因を知り、適切な方法で咀嚼音を改善していってくださいね。