手を繋ぎたい男性心理とは?男性が出す手を繋ぎたいサインを紹介!

手を繋ぎたい男性心理とは?男性が出す手を繋ぎたいサインを紹介!

付き合ってもいない男性から急に手を繋がれた時、「どういうつもり?」と思うのは当然です。
また、相手が好きな男性であれば「これって好意のサイン?」と感じて舞い上がってしまうでしょう。
今回は、手を繋ぎたい男性心理について紹介していきます。
また、男性が出す手を繋ぎたいサインや対処法なども解説していきますので、ぜひ役立ててください。

手を繋ぎたい男性心理

女性と手を繋ぎたいと男性が思うのは、相手に対して好意を持っているからこそでしょう。
ただ、中にはよこしまな気持ちで手を繋ごうとする男性もいるので、騙されないように注意しなければいけません。
では、手を繋ぎたい男性心理について詳しく解説していきます。

恋人同士になりたい

男性が女性と手を繋ぎたいと思うのは、大抵の場合相手と恋人同士になりたいと望んでいるからでしょう。
積極的な男性は、会話やLINEなどを重ねて少しずつ女性と距離を縮めようとはせず、手を繋ぐなどの大胆な行動で関係を進展させようとします。
積極的なのは悪いことではありませんが、付き合っていないのに手を繋ぐことに抵抗がある女性は、不愉快な気持ちになってしまうでしょう。

脈ありか確認したい

脈ありか確認したい時に、手を繋いで相手の反応を見ようと考える男性もいます。
相手が受け入れてくれたら「脈あり」、拒絶されたら「脈なし」と判断し、その上でその後どうアプローチするかを決めようとしているのでしょう。
思い切った行動ではありますが、もし拒絶されても告白して振られるよりは傷が浅いです。

好意を伝えたい

手を繋ぎたい男性の心理として、相手に好意を伝えたいというものも挙げられます。
自分がどれだけ相手のことを好きなのかを、言葉ではなく行動で示そうと考える男性は少なくありません。
また自分の好意が伝わり、相手が気持ちに応えてくれたら、そのまま恋人同士になれる…という期待も込めているのでしょう。

守ってあげたい

男性が手を繋ぎたいと思うのは、女性を守ってあげたいという気持ちからというケースもあるでしょう。
守るために手を繋ぎたいと思うシチュエーションとして挙げられるのは、「人混みの中ではぐれそうなので手を引いてあげたい」「足元が悪いから手を繋いで支えになってあげたい」これらが典型的な例です。
相手に好意を持っている・持っていないに関わらず、紳士的な男性は女性を守るために手を差し伸べることもあるのです。

下心を持っている

男性が手を繋ぎたいと思うのは、相手に対して好意を持っていたり、良心的な気持ちを持っているからというケースばかりではありません。
相手に下心を持っていて、「あわよくば体の関係に持ち込みたい」と考えているから、そのためのスキンシップとして手を繋ごうと企んでいる場合もあります。

関連記事はこちら▽ 付き合う前なのにスキンシップする男性心理と脈ありサインを徹底紹介! 付き合う前なのにスキンシップする男性心理と脈ありサインを徹底紹介!

男性が出す手を繋ぎたいサイン

男性は「手を繋ぎたい」と思っている時、様々なサインを出して相手に自分の気持ちをアピールします。
ここでは、男性が出す手を繋ぎたいサインを5つ紹介していきます。
好きな人からの手を繋ぎたいアピールを見逃さないために、しっかりとチェックしておきましょう。

荷物を持ちかえる

並んで歩いている時、あなたが居る方の手に持っていたカバンを、反対の手に持ちかえる…これは、間違いなく男性からの手を繋ぎたいサインでしょう。
荷物を持っている状態では当然手を繋ぐことはできないので、意図的に持ちかえてすぐあなたの手を握れる状態にしているのです。
また、荷物を持ちかえた時にあわよくば女性の方から手を繋いでくれないかな…と、期待している可能性も考えられます。

さりげなく手に触れる

男性が出す手を繋ぎたいサインとして、さりげなく相手の手に触れるというものも挙げられます。
歩いている時に偶然を装って何度も手を軽くぶつけてきたり、指や手の甲に触れてくる…これはあなたの反応を伺い、手を繋ぐタイミングを見計らっている状態なのです。

手についての話題を出してくる

男性が手を繋ぎたいと思っている時、手についての話題を出してくることも多いでしょう。
「綺麗な手してるよね」「手相見せてよ」などと言ってあなたの手を見るきっかけを作り、そのまま自然な流れでギュッと握ろうと考えているのです。
いきなり手に触れると驚かせてしまうかもしれない…と考えて、少しずつ手を繋ぐムードを作り出そうとしているのでしょう。

肩や腕に触れる

男性は手を繋ぎたいと思った時、相手の肩や腕に触れるところから始めて、徐々に距離を縮めようとすることもあります。
さりげないタイミングで肩や腕に少し触れて、最終的には手を繋ぐところまで持っていきたい…この考えは、要するに準備運動のようなものと言えるでしょう。
自分から手を繋ぐのは男性にとってドキドキすることなので、自分自身心の準備をしてから挑もうとしているのです。

至近距離で見つめる

男性が出す手を繋ぎたいサインとして、至近距離で相手のことを見つめるというものもあります。
至近距離で見つめ合えば、自ずと良い感じのムードが出来上がり、スムーズに手を繋ぐ流れになると考えているのでしょう。
この場合、手を繋ぐ以上のことも期待している可能性が高いです。


男性が手を繋ぎたいと思う女性の特徴

男性が好きな女性と手を繋ぎたいと思うのは当然ですが、恋愛感情がなくても一緒に居て思わず手を繋ぎたくなってしまう女性もいるのです。
男性に手を繋ぎたいと思わせるほどの魅力に溢れた女性には、一体どのような特徴があるのでしょうか?
ここでは、男性が手を繋ぎたいと思う女性の特徴を紹介していきます。

見た目が好みのタイプの女性

見た目が自分好みのタイプの女性に対して「手を繋ぎたい」「触れたい」と男性が思うのは、ごくごく自然なことです。
男性は視覚的に魅力を感じる女性に惹かれるので、相手がたとえどんな性格であっても一緒にいると触れたいという欲求に駆られるのです。
そのせいで、彼女がいるのに自分好みの女性が現れてつい出来心で浮気してしまった…といったことも起こってしまうのでしょう。

天真爛漫で無邪気な女性

男性が手を繋ぎたいと思う女性の特徴として、天真爛漫で無邪気ということも挙げられます。
子供のようにはしゃぐタイプの女性は、男性にとって「可愛くて危なっかしい」と感じられるのでしょう。
恋愛対象というよりかは妹のような感覚で、「手を引いてリードしてあげたい」という気持ちにさせられるのです。

ドジで天然な女性

ドジで天然な性格の女性も、男性が思わず手を繋ぎたくなるタイプでしょう。
何も障害がない道でつまずいてしまったり、天然でぼんやりしているタイプの女性に、思わず手を差し伸べたくなる男性は多いです。
最初は相手をリードしてあげたいと思っているだけだったのに、いつの間にかその気持ちが恋愛感情に変わる…そんなこともあるでしょう。

儚げで守ってあげたくなる女性

無邪気で元気いっぱいな女性とは正反対で、儚げで守ってあげたくなるタイプの女性とも、男性は手を繋ぎたくなります。
見るからに儚げで性格的にも内向的で大人しい女性に対して、男性は「この子には俺がついていないといけない」という気持ちを自然と持つ傾向があります。
一緒に居る時は必ず手を繋いで、「外敵から守る」という使命を果たそうとするのです。

セクシーな魅力がある女性

男性が手を繋ぎたい女性の特徴として、セクシーな魅力があるというものも挙げられます。
この場合、手を繋ぎたいと思うのは「体の関係を持ちたい」と望んでいるからでしょう。
性的な欲求と恋愛感情は男性にとって別物なので、たとえ相手のことを好きではなくても色気を感じると触れたくなるのです。


男性から手を繋ぎたいと言われた時の対処法や反応の仕方

男性から手を繋ぎたいと言われた時、相手のことが好きでも好きではなくても、どちらにせよ「どう対応するのが正解?」と悩んでしまうでしょう。
ここでは、男性から手を繋ぎたいと言われた時の対処法や反応の仕方を、あなたが男性に対して「好意がある場合」「好意がない場合」以上2つのケース別に解説していきます。

男性に対して好意がある場合

笑顔で応じてあげる

好きな男性から手を繋ぎたいと言われた時、大切なのは笑顔で応じてあげることです。
あなたが戸惑いを表情に表してしまうと、相手に「嫌がられた」と勘違いされてしまう危険性があります。
手を繋ぎたいと言われた時にあなたが満面の笑みで手を差し出すことによって、2人の関係は一気に進展するでしょう。

照れくさそうに「いいよ」と言う

好きな男性から手を繋ぎたいと言われた時、照れくさそうにすると彼をより一層夢中にさせることができます。
照れくさそうな表情で「いいよ」と言うと、相手はあなたのことを「可愛い」と思い、胸がドキドキするのです。
ただ単に照れるだけでは手を繋いでいいかどうかの答えになっていないので、「いいよ」と言ってあげることを忘れないでください。

「嬉しい」と素直に伝える

手を繋ぎたいと言ってきた男性にあなたが好意を持っているなら、「嬉しい」と素直に伝えてあげるのも良いでしょう。
「嬉しい」と伝えるのは「あなたのことが大好き」と言っているようなものなので、彼が「この流れで告白しよう」と決意する可能性が高まります。
あなたが良い反応を見せればそれが彼にとっての自信にも繋がるので、すぐにでも恋人同士になりたいと思っているなら実践してみましょう。

「しょうがないな」と冗談っぽく言ってOKする

好きな男性から手を繋ぎたいと言われた時、可愛い反応をするのが照れくさいのであれば、「しょうがないな」と冗談っぽく言ってOKするのもありです。
あなたと彼が友達のように冗談を言い合う関係性であれば、このような反応が最も自然でしょう。
ただ、真顔で「しょうがないな」と言うと彼に「上から目線」と幻滅されてしまう危険性があるので、笑顔で明るく言うことがポイントです。

何も言わず自分から相手の手を握る

手を繋ぎたいと言ってきた男性と関係を進展させたいなら、何も言わずあなたの方から相手の手を握るのも効果的です。
言葉ではなく行動であなたの気持ちを示すのも、男心をくすぐる手法の1つなのです。
いい感じのムードが一気に高まり、すぐにでも恋人同士になれることが期待できます。


男性に対して好意がない場合

「照れくさいから無理」と断る

好きじゃない男性から手を繋ぎたいと言われた時は、「照れくさいから無理」と言ってその場を切り抜けるのが対処法の1つです。
この断り方をすれば、相手を傷つけることはまずありません。
あなたが「もしかして今後この人を好きになるかもしれない…」と思う場合には、特に有効活用できる断り方です。

「付き合ってない人とは無理」と伝える

手を繋ぎたいと言ってきた男性に対して好意がないのなら、「付き合ってない人とは無理」と伝えるのも良いでしょう。
手を繋ぐことを拒否する理由としてはとても真っ当なので、相手はそれ以上求めてこなくなります。
「じゃあ付き合って?」と言われる可能性もありますが、その時にはちゃんと「ごめんなさい」とお断りしましょう。

笑いながらかわす

好きじゃない男性から手を繋ぎたいと言われた時の対処法として、笑いながらかわすというものも挙げられます。
「手繋いでもいい?」と言った時に笑ってはぐらかされるのは、男性にとってはとてもショックなことです。
しかし、それを機にあなたのことを諦める気になってくれる可能性が高いので、「この人とは今後絶対に付き合うことはない」とあなたが思うのであれば、この方法を試してみましょう。

聞こえてないふりをする

興味のない男性に手を繋ぎたいと言われた時は、聞こえてないふりをするのも対処法の1つです。
何か考え事をしているふりをしたり、全く関係のない話題を出すなどして、相手の発言をなかったことにしましょう。
仮に相手が何度も「手を繋ごう」と言ってきても、何度でも聞こえてないふりをすれば、あなたのことを諦めてくれます。

しつこい場合は怒りをあらわにする

あなたが何度も拒絶しているのに、しつこく手を繋ぎたいと言ってくるのであれば、素直に怒りをあらわにしましょう。
「恋愛は押しが肝心」そう考えている男性は、はっきりと拒絶されないと相手の気持ちが分からないのです。
「いいかげんにしてくれる?」と真顔で言ったり、「私もう帰るね」とその場を立ち去るのも良いでしょう。


付き合ってないのに手を繋がれた時の対処法や反応の仕方

付き合ってない男性から突然手を繋ぐという大胆な行動をされた時、戸惑ってしまうのは当然です。
ここでは、付き合ってないのに手を繋がれた時の対処法や反応の仕方を、あなたが男性に対して「好意がある場合」「好意がない場合」以上2つのケース別に解説していきます。

男性に対して好意がある場合

手を繋ぎながら相手の目をじっと見つめる

あなたが男性に対して好意があるなら、手を繋ぎながら相手の目をじっと見つめましょう。
手を繋ぎながらじっと見つめることで、あなたの好意は相手にしっかりと伝わります。
ふいに手を繋ぐというのは男性にとってとても勇気を必要とすることなので、あなたが嫌がっていないことに安堵すると同時に、両思いであることを理解し喜びを感じるでしょう。

自分から恋人繋ぎをする

好きな男性が手を繋いでくれた時は、思い切ってあなたから恋人繋ぎをしてみましょう。
恋人繋ぎをされても好意を持たれてることに気づかない…そんな鈍感な男性はいません。
これで完全にあなたの気持ちは彼に伝わり、2人の関係はすぐにでも親密なものになります。

「付き合っちゃう?」と冗談ぽく言ってみる

好きな男性から手を繋がれた時、「付き合っちゃう?」と冗談っぽく言ってみるのも良いでしょう。
これは告白同然なので、彼がその気なら迷わずOKしてくれます。
仮にまだ彼があなたとの関係に迷いがある段階だとしても、冗談っぽく言うことで重い雰囲気にはなりにくいでしょう。


男性に対して好意がない場合

「ごめん」と振りほどく

手を繋がれたけど相手の気持ちには応えられない…そんな場合は、「ごめん」と言って振りほどくのが対処法の1つです。
無言でふりほどくのではなく「ごめん」と一言付け加えることによって、彼は心に大きな傷を負わなくて済みます。
常識的な男性なら、それ以後手を繋いでくることはないでしょう。

真顔で「やめて」と言う

付き合ってもない男性から手を繋がれて、強い嫌悪感を感じた場合は、真顔で「やめて」と言って自分の意思をしっかり伝えましょう。
相手はショックを受けてしまいますが、中途半端な対応をしていては気を持たせてしまうだけです。
あなた自身のためにも相手のためにも、時には自分の気持ちをちゃんと伝えることは大切なのです。

「好きじゃない」とはっきり伝える

好きでもない男性からしつこく何度も手を繋がれそうになったり、相手が両思いと勘違いしていそうなのであれば、「好きじゃない」とはっきり伝えましょう。
「他に好きな人がいる」「友達としてしか見れない」という風に言えば、「あなたのことを好きではない」という気持ちはちゃんと相手に伝わります。


好きな女性と手を繋ぎたいと思うのは当然の心理

恋人同士ではないけど、好きな女性と手を繋ぎたい…男性がそう思うのは、当然のことと言えます。
ただ、それを実行するかしないかは人それぞれで、「手を繋ぎたい」と思ってはいてもできない男性も少なくはありません。
もしあなたの好きな男性が手を繋いできたら、それを恋人同士になるチャンスだと捉えて逃さないようにしましょう。
彼がせっかく勇気を出して手を繋いでくれたのですから、その気持ちにしっかりと応えることが大切です。