余計なことを言ってしまう人の心理や性格|余計な一言が多い人への対処法とは

余計なことを言ってしまう人の心理や性格|余計な一言が多い人への対処法とは

あなたは「ああ、また余計なことを言ってしまった」という経験はありませんか。.

余計なことを言うことは人に嫌悪感を抱かせるため、誰であろうと控えなければなりません。

今回は余計なことを言ってしまう心理について、お伝えしていきます。

余計な一言が多い人への対処法や、余計なことを言ってしまう性格の直し方についても触れていきますので、参考にしてください。

関連記事はこちら▽ 余計なことをする人の心理や特徴|余計なお世話をしてしまった時の対処法とは 余計なことをする人の心理や特徴|余計なお世話をしてしまった時の対処法とは

余計なことを言ってしまう心理

相手に良く思われないとはわかっているのに、つい余計なことを言ってしまう人がいます。

そのような人には、一体どんな心理が働いているのでしょうか。

ここでは余計なことを言ってしまう人の心理について、解説していきます。

不快なことを発言した覚えがない

余計なことを言ってしまう人には、「人が不快になるようなことを発言した覚えがないのだけど」という心理が働いています。

例えば「年齢より老けて見えるね」とか「ぽっちゃりしてきたね」などのように言われると、言われた本人は気にする人が少なくありません。

しかし言った方は悪気なく無意識に発言しただけで、人が「あの言葉で傷ついた」と言うことがわかっていないのです。

何か発言をしたい

余計なことを言ってしまう人には、「とにかく何か発言したい」という心理も働いています。

このタイプにとって、何も発言をしないのはその場にいる意味が無いという考えです。

発言をしなければ自分自身が納得できないため、発言の内容はどんなことでも構いません。

とにかく何か言って、「自分はこの場で〇〇の発言をした」という形が欲しいのです。

相手のことを心配している

余計なことを言ってしまう人には、「〇〇さんのことを心配している」という心理も働いています。

「そのスーツはこの場には合わないよ」とか「そのヘアスタイルは一般受けしないよ」のようにお節介を焼くのです。

しかし言われた本人は「あの人に頼んだわけではないのに世話を焼かれているようで迷惑」と不快な気持ちでいることも少なくありません。

自分の発言を軽く考えている

余計なことを言ってしまう人には、自分の発言を軽く考える心理が働いていることもあります。

例えば相手が不快に思うような内容を平気で言ってみて、「冗談で言ったのに怒らないで」という態度を取るのです。

このタイプは言われた内容に対して相手が傷ついていても、「悪かった」という気持ちはありません。

自分は何を言っても許されると思っているのです。

相手より優っていることを主張したい

余計な一言が多い人には、相手より自分の方が優っていることを主張したいという心理も働いています。

仕事においてもプライベートにおいても、多くの人は「この人に負けたくない」という意識が働く場面を経験したことはあるでしょう。

そんな時に余計な一言が多い人は、わざと相手を下に見るような発言をして、相手に精神的ダメージを与えるような態度を取ります。

余計なことを言う人の性格

人と会話をしている中、フッとその場が凍り付いた空気になったことはありませんか。

それはもしかしたら持ち合わせている性格が原因で、余計なことを言っているのかもしれません。

ここでは余計なことを言う人の性格について、解説していきます。

プライドが高い

余計なことを言う人は、プライドが高いという性格を持ち合わせています。

相手が傷つこうが悩もうが、関係ありません。

自分が一番だという考えのもとで発言をしていますので、「自分は何を言っても大丈夫」と思っているのです。

また、このタイプの発言は笑えないギャグを余計な一言として言ってしまう傾向もありますので、人に嫌悪感を与える傾向にあります。

関連記事はこちら▽ 嫌悪感を感じる人の特徴や心理|嫌悪感を抱く相手との付き合い方とは 嫌悪感を感じる人の特徴や心理|嫌悪感を抱く相手との付き合い方とは

受け身

余計なことを言う人は、受け身である性格も持ち合わせています。

このタイプは、何を聞いても何をされても「はい」と受け入れる傾向が強いです。

自分の意見を言うときにも受け身のまま発言をしてしまいますので、タイミングをずらしたり言い訳がましい発言と捉えられることが少なくありません。

そのため結果的に、「あの人は余計なことを言って」と残念な対象とされるのです。

せっかち

余計なことを言う人は、せっかちという性格も持ち合わせています。

このタイプは人への思いやりも少なく、短気な性格です。

そのため人が意見を言っていてもそのペースに合わせられなくて、つい自分の意見を先走って発言する傾向があります。

結果的にその発言は余計な一言として、人から苦手意識を抱かれることが少なくありません。

関連記事はこちら▽ せっかちな人の特徴や性格|せっかちな人との付き合い方とは せっかちな人の特徴や性格|せっかちな人との付き合い方とは

天然

余計なことを言う人は、天然であるという性格も持ち合わせています。

天然の人は純粋で素直な点も持ち合わせていますが、その場の空気を読むことが苦手で人の話をよく聞かない傾向が強いです。

そのため何も考えずに、余計な一言を挟んでしまう短所があります。

悪気がないため自分が余計な一言を言ったと気づかずに、人に嫌悪感を与えたままの状態を続けることが少なくありません。

関連記事はこちら▽ 空気を読む人の特徴|空気を読むのが嫌いな時の対処法とは 空気を読む人の特徴|空気を読むのが嫌いな時の対処法とは

おしゃべり

余計なことを言う人は、おしゃべりな性格も持ち合わせています。

おしゃべりな人は社交的で明るい性格の人が多いですが、自分がしゃべることに楽しさを覚えがちです。

言っていいことと言ってはいけないことの判断ができないわけではありませんが、おしゃべりに拍車がかかることがあります。

そのためつい、余計な一言を言ってしまう傾向が強いです。

関連記事はこちら▽ 言ってはいけないことがわからない人の特徴や心理|言ってはいけないことを言ってしまった時の対処法とは 言ってはいけないことがわからない人の特徴や心理|言ってはいけないことを言ってしまった時の対処法とは

余計な一言が多い人への対処法

余計な一言は人をイライラさせて、嫌悪感を抱かせがちです。

できるならお付き合いは避けたいところですが、社会人としてそうはいかないこともあります。

そこでここでは余計な一言が多い人への対処法について、解説していきます。

聞き流す

余計な一言が多い人には、聞き流すという対処法があります。

余計なことを言う人は仕事でもプライベートでも大切なことを言っていることもありますが、一言多いことが少なくありません。

そのため相手が話し始めたら、大切なことと一言多いことを聞き分けて、流してもよさそうな話は聞き流す方法を取ってみましょう。

下手に嫌悪感を抱くこともありませんし、ストレスを抱え込む必要もありません。

相手を認める

余計な一言が多い人には、相手を認めるという対処法もあります。

余計なことを言う人は、実は自分に自信がないため余計な一言を交えた内容をぺらぺらとしゃべり、自分を大きく見せて対処しているのです。

そのため「〇〇さんの言う通り」といったような相手を認める会話をしてみてください。

そう言われると相手はおしゃべりの内容も考え始めるため、余計なことを言わなくなる可能性があります。

注意する

余計な一言が多い人には、注意するという対処法もあります。

余計なことを言う人は、悪気があってしゃべっているわけではないことが多いです。

そのため「その一言は余計なことですよ」とやんわり注意してあげましょう。

自分が言っている内容をしっかり把握していない傾向がありますので、注意されることで「自分は余計なことを言っていたんだ」と気づいて、態度を改める可能性があります。

冷静に対応する

余計な一言が多い人には、冷静に対応するという対処法もあります。

余計なことを言う人は、時折しつこく人のプライベートに関わる話を聞いてその内容を別の場所で悪気なくしゃべってしまう傾向が強いです。

そのためそのタイプには冷静に、なぜプライベートなことが知りたいのか聞いてみて対応することもよいでしょう。

冷静に聞かれると相手も反省して、おしゃべり中の余計な一言を控える可能性が高くなります。

おだてる

余計な一言が多い人には、おだてるという対処法もあります。

余計なことを言う人は、自分のことを認めてもらいたいという承認欲求が強いため、ぺらぺらとしゃべり余計なことを言ってしまう傾向が強いです。

このタイプは特に職場に存在しがちですが、このような人にはさり気なくおだててあげましょう。

おだてることで「自分はほめられた」と気を良くして、余計なことを言うことも控えるようになります。

余計なことを言ってしまう性格の直し方

余計なことを言うことは周りにとってみれば迷惑ですが、本人にとっては「自分はなぜ余計なことをいってしまうのだろう」と考えざるを得ないことです。

そこでここでは余計なことを言ってしまう性格の直し方について、解説していきます。

考えて発言する

余計なことを言ってしまう性格には、考えて発言するという直し方があります。

余計なことを言ってしまう人は、悪気があって発言するわけではありません。

しかし、頭で考えて内容をまとめる前に発言してしまうため、人に嫌悪感を抱かせる状況を作ることもあります。

そのため発言しようとする前に、頭の中で内容を確認してまとめることをおススメします。

言って良いことと悪いことの、振り分けができることでしょう。

ゆっくりと話す

余計なことを言ってしまう性格には、ゆっくりと話すという直し方もあります。

余計なことを言ってしまう人は自分のペースで話をしがちですが、そのペースが早い人が多いです。

スピードが早いことは悪くありませんが、そのスピードのせいでうっかり余計なことを言ってしまって後悔するということがあります。

そのためゆっくり話すことをおススメします。

うっかり言ってしまうこともなくなるでしょう。

相手の話は最後まで聞く

余計なことを言ってしまう性格には、相手の話は最後まで聞くという直し方もあります。

余計なことを言ってしまう人は、相手が話の途中であっても自分が話したいという衝動に駆られがちです。

そうなれば慌てて発言することもありますので、つい余計なことを口走るでしょう。

そのため相手の話が続いているときは、じっくりと聞いてその後に発言することをおススメします。

余計なことを言わない方法として、試してみてください。

相手のことを褒める

余計なことを言ってしまう性格には、相手のことを褒めるという直し方もあります。

余計なことを言ってしまうのは、相手にマウントを取って自分の考えを言いたいという想いが強いからです。

それでは人に嫌悪感を与えます。

そのため会話中には、相手のことを褒める内容を入れることを頭に入れて発言してみましょう。

相手を褒めていると、相手に対してマウントを取ることも忘れて余計なことは言わなくなります。

油断して発言しない

余計なことを言ってしまう性格には、油断して発言しないという直し方もあります。

人は気持ちが緩んでいるときには油断して、言わなくても良いようなことを言ってしまいがちです。

しかしそれは後から考えると「なぜあの時余計なことを言ったのだろう」と後悔することも少なくありません。

そのため発言するときには、油断しないということを心がけてみてください。

余計なことを言わないためにはおススメの方法です。

余計なことを言わない人の特徴

余計なことを言わない人は人からの好感度も高いですが、余計なことを言わない人にはどのような特徴があるのでしょうか。

余計なことを言わない人には共通した特徴がありますので、ここではそれらの特徴について解説していきます。

聞き上手

余計なことを言わない人には、聞き上手という特徴が見られます。

人は自分の話を聞いてもらえると思うと、その内容は相談や悩みになりがちです。

そのような内容の中で相手の気持ちに寄り添っていると、励ましの言葉やアドバイスがあったとしても余計なことを言うことはないでしょう。

関連記事はこちら▽ 話を聞くのが上手い人の特徴|人の話を聞く時に気をつけることやコツとは 話を聞くのが上手い人の特徴|人の話を聞く時に気をつけることやコツとは

笑顔が多い

余計なことを言わない人には、笑顔が多いという特徴も見られます。

笑顔が多い人は基本的にポジティブな考えの人が少なくありませんが、それはいつも笑顔でいて明るい空気を漂わせたいという気持ちがあるからです。

そのような人は人に嫌悪感を与えるような、余計なことは決して言うことはないでしょう。

感情の起伏が少ない

余計なことを言わない人には、感情の起伏が少ないという特徴も見られます。

感情に任せていると、つい余計なことを口走りがちです。

しかし感情の起伏が少ないということは、上手に感情のコントロールをして余計なことを口走ることがありません。

そのため人には穏やかな雰囲気を感じさせます。

真面目

余計なことを言わない人には、真面目という特徴も見られます。

真面目な人には相手が話している途中に割って入るということもしませんし、相手の言うことによく耳を傾ける人が多いです。

落ち着いて人の話を聞くため「つい余計なことを言ってしまった」という経験を持つ人も少ないでしょう。

芯がある

余計なことを言わない人には、芯があるという特徴もあります。

自分の考えをしっかりと持って、人の意見に惑わされることがありません。

そのため余計なことを言って、人に嫌悪感を与えるということもないのです。

このタイプは、人として何が大切なのかということをしっかりと考えています。

余計なことを言ってしまう前に一息つきましょう

余計なことを言ってしまう心理や余計な一言が多い人への対処法、余計なことを言ってしまう性格の直し方などについてお伝えしてきました。

人には発言する自由がありますが、その内容は何でも良いというわけではありません。

人に嫌悪感を抱かせる内容は避けるべきですし、余計なことを言うことは慎むべきです。

そのため発言をしたいと思ったら、まずは一息つきましょう。

人間関係を上手に築くコツにもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA