よりを戻したい男の行動とは?男がよりを戻したくなる瞬間や心理を紹介!

よりを戻したい男の行動とは?男がよりを戻したくなる瞬間や心理を紹介!

よりを戻したいときの男性の行動について、紹介します。

別れた元カノとよりを戻したいとき、男性はどんな行動に出るのでしょうか。

ここでは、男性がよりを戻したくなる瞬間やよりを戻したくなる女性の特徴、よりを戻したくなる心理、よりを戻したいときの行動について詳しく見ていきたいと思います。

また、男性とよりを戻すべきか迷ったときの判断方法についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

男がよりを戻したくなる瞬間とは

まずは、男性がよりを戻したくなる瞬間について紹介します。

男性は、一体どんなときに女性とよりを戻したいと思うのでしょうか。

男性がよりを戻したいと思うとき、よりを戻したくなる瞬間には、以下のようなものが挙げられます。

新しい彼女と上手くいかなかったとき

男性がよりを戻したくなる瞬間には、新しい彼女と上手くいかなかったときが挙げられます。

元カノと別れて新しい彼女ができたものの、その彼女と何となく上手くいかない…ということもあるでしょう。

そういうとき、「元カノだったら上手くいったはずだ」と感じ、よりを戻したいと感じるのです。

元カノとの思い出の場所に行ったとき

男性がよりを戻したくなる瞬間には、元カノとの思い出の場所に行ったときが挙げられます。

元カノとデートで行った場所など、元カノとの思い出が深い場所に行ったとき、ふと元カノのことを思い出すという男性は多いです。

そして、思い出すと同時によりを戻したいと感じるのです。

1人を痛感したとき

男性がよりを戻したくなる瞬間には、1人を痛感したときが挙げられます。

たとえば休日に予定が何もなかったとき、家に帰って1人なんだなと感じたとき、その寂しさからよりを戻したいと思う男性は多いです。

1人でいることに慣れていない男性ほど、1人を痛感した瞬間によりを戻したいと思うでしょう。

元カノの話を聞いたとき

男性がよりを戻したくなる瞬間には、元カノの話を聞いたときが挙げられます。

それまで元カノのことなど気にしていなかったのに、たまたま誰かが元カノの話をしているのを聞いてしまうと、途端に元カノのことを思い出してしまうもの。

元カノの話を聞いたことで思い出が蘇り、その懐かしさからよりを戻したいと思うのかもしれません。

元カノに男の影が見えたとき

男性がよりを戻したくなる瞬間には、元カノに男の影が見えたときが挙げられます。

たとえば元カノが知らない男性といるところを見た、SNSで新しい彼氏がいるような内容の投稿があったなど、元カノに男がいるのかも…と感じたとき、独占欲が芽生える男性も少なくありません。

それまでは何とも思っていなかったのに、よりを戻したい、やり直したくてたまらなくなるのです。


男がよりを戻したくなる女性の特徴

続いて、男性がよりを戻したくなる女性の特徴について紹介します。

男性は、どんな女性とでもよりを戻したいと思うわけではありません。

男性がよりを戻したくなる女性には、どんな特徴があるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

精神的に自立している

男性がよりを戻したくなる女性の特徴には、精神的に自立していることが挙げられます。

男性がよりを戻したい、やり直したいと思う女性は、みな精神的に自立しています。

誰かに依存している、ということはありません。

自分のことを自分でできる女性、しっかりしている女性ほど、よりを戻したいと思われるのです。

自分のことを理解してくれる

男性がよりを戻したくなる女性の特徴には、自分のことを理解してくれるというものが挙げられます。

男性にとって、自分を理解してくれる女性というのは唯一無二の存在と言っても過言ではありません。

男性は自分の趣味などを理解してほしい気持ちが強いので、自分のことを理解してくれる女性のことは、別れてもなかなか忘れることができないでしょう。

笑顔に癒される

男性がよりを戻したくなる女性の特徴には、笑顔に癒されることが挙げられます。

男性は、女性に癒しや包容力を求める人が多く、それゆえ笑顔が可愛い女性とはよりを戻したいと思うもの。

普段からよく笑っている、前向きで明るいなどの特徴がある女性とは、別れてからも男性はよりを戻したいと感じるものです。

自分の芯がある

男性がよりを戻したくなる女性の特徴には、自分の芯があることが挙げられます。

人に流されていたり、人の言うことばかり聞いている女性には、男性は魅力を感じません。

都合のいい女としてよくても、対等な関係を築きたいとは思えないのです。

つまり、男性がよりを戻したくなるのは自分の芯がしっかりしている女性なのです。

ポジティブで前向き

男性がよりを戻したくなる女性の特徴には、ポジティブで前向きなことが挙げられます。

先ほども少し触れましたが、男性がよりを戻したいと思うのは明るくてポジティブ、前向きな女性であると言えます。

ネガティブでうじうじしている女性とは、やり直したいとは思えませんからね。

ポジティブで前向きな女性は、それだけで魅力的なのです。


よりを戻したいと思う男性心理

続いて、よりを戻したいと思う男性の心理について紹介します。

よりを戻したいと思っているとき、男性はどんなことを考えているのでしょうか。

よりを戻したいと思う男性の心理には、以下のようなものが挙げられます。

寂しい

よりを戻したいと思う男性の心理には、寂しいというものが挙げられます。

なぜ元カノとよりを戻したいのかというと、それはずばり寂しいから。

新しい彼女ができなくて(上手くいかなくて)寂しい、一人で寂しいという気持ちが、新しい恋愛をすることではなく元カノとよりを戻したいと思ってしまうのでしょうね。

やっぱり元カノしかいない

よりを戻したいと思う男性の心理には、やっぱり元カノしかいないというものが挙げられます。

他の女性と付き合ってみたものの、やっぱり何か違うと感じている男性の大半は、「やっぱり元カノしかいない」という気持ちが強いです。

新しい恋がうまくいかなかったからこそ、元カノとやり直したい衝動に駆られるのでしょうね。

元カノ以上に自分を理解してくれる人はいないと思った

よりを戻したいと思う男性の心理には、元カノ以上に自分を理解してくれる人はいないと思ったというものが挙げられます。

新しい彼女ができたものの、たとえば趣味や仕事についての理解が得られないという場合、男性は元カノとやり直したいという気持ちが強くなります。

それは、元カノなら自分のことを理解してくれたのに、今の彼女は理解してくれない、という不満から来ていると言えるでしょう。

他の男に渡したくない

よりを戻したいと思う男性の心理には、他の男に渡したくないというものが挙げられます。

男性は、元々独占欲の強い生き物。

そのため、別れた元カノのことも自分のものだと思っていることも少なくありません。

元カノを他の男に渡したくないという独占欲から、よりを戻したいと思うのです。

本当に大切なのは元カノだと気づいた

よりを戻したいと思う男性の心理には、本当に大切なのは元カノだと気づいたというものが挙げられます。

離れてから大切さに気づく、というのは割とよくある話ですが、別れたことで元カノの大切さに気づいたと実感している男性もいます。

一度離れたからこそ大切さに気づいたわけですが、時すでに遅し…ということも少なくありません。


よりを戻したい男の行動

ではここで、よりを戻したい男性の行動について紹介します。

よりを戻したいと思っているとき、男性はどんな行動をするのでしょうか。

男性の性格によっても多少の違いはありますが、よりを戻したいときの男性の行動には、以下のようなものがあります。

頻繁に連絡してくる

よりを戻したい男性の行動には、頻繁に連絡してくることが挙げられます。

よりを戻したいと思っているとき、男性は頻繁に連絡してくるようになります。

それこそ、付き合っている頃と同じようなテンションで、「今何してる?」「今日○○があってさー」などとメッセージを送ってくることも少なくありません。

SNSにいいねやコメントを残す

よりを戻したい男性の行動には、SNSにいいねやコメントを残すことが挙げられます。

直接LINEを送る勇気がない、もしくはLINEを削除してしまったなどの理由で連絡が取れない場合、SNSを通じていいねやコメントを残すようになります。

自分の存在を元カノにアピールしたくて、元カノと少しでも繋がっていたくて、SNSからアプローチをかけるのです。

自分磨きに励む

よりを戻したい男性の行動には、自分磨きに励むことが挙げられます。

元カノとよりを戻したいとき、男性は自分磨きに夢中になることも少なくありません。

今のままじゃ元カノに振り向いてもらえない、という自覚があるからこそ、今よりもっといい男になって元カノを見返してやろうとするのです。

元カノの近況を知りたがる

よりを戻したい男性の行動には、元カノの近況を知りたがることが挙げられます。

よりを戻したいと思ったとき、男性は元カノの近況を知ろうとしてきます。

自分で聞く、SNSをチェックする以外にも、共通の友人に聞くなどあらゆる方法で、元カノの近況、特に新しい彼氏がいるかどうかを知ろうとしてくるでしょう。

積極的になる

よりを戻したい男性の行動には、積極的になることが挙げられます。

よりを戻したいとき、男性はなりふり構っていられません。

そのため、付き合っていた頃よりも必死に元カノにアプローチをしたり、積極的に声をかけたりするでしょう。

付き合っていた頃よりも明らかに積極的なのは、よりを戻したいと思っている何よりの証拠なのです。


男性とよりを戻すべきか迷った時の判断方法

最後に、男性とよりを戻すべきか迷ったときの判断方法について紹介します。

別れた男性からアプローチをされたとき、どうするべきか迷うということもありますよね。

自分の気持ちに素直になることが一番ではありますが、よりを戻すべきか迷ったときの判断方法は、以下を参考にしてみてください。

別れた原因を思い出す

男性とよりを戻すべきか迷ったときの判断方法には、別れた原因を思い出すことが挙げられます。

今、積極的にアプローチをされていて気持ちが流されそうになったときには、別れた原因をもう一度思い出してみてください。

思い出は美化されるので、いいことばかり思い出すかもしれませんが、嫌なことがあって別れたことを忘れてはダメですよ。

よりを戻したときを想像する

男性とよりを戻すべきか迷ったときの判断方法には、よりを戻したときを想像することが挙げられます。

よりを戻すべきか迷ったら、よりを戻したときのことをリアルに想像してみてください。

いいことだけでなく、嫌なこともあるでしょう。

そのとき、別れた原因と同じことが起こるな、と感じるのであれば、よりを戻すべきではありません。

友人に相談する

男性とよりを戻すべきか迷ったときの判断方法には、友人に相談することが挙げられます。

自分でどうするべきかの判断に迷ったら、付き合っている頃を知っている友人に相談してみるのもあり。

共通の友人に相談してみると、客観的なアドバイスをもらえるかもしれませんよ。

ぜひ、友人の意見も参考にしてみてください。

男性としっかり話し合う

男性とよりを戻すべきか迷ったときの判断方法には、男性としっかり話し合うことが挙げられます。

男性とよりを戻すべきか迷ったときには、一度しっかりと男性と話し合うことをおすすめします。

自分だけで考えていても答えが見つからないのなら、当事者同士で話し合うのが一番ですからね。

男性がどう変わったのか客観的に見る

男性とよりを戻すべきか迷ったときの判断方法には、男性がどう変わったのかを客観的に見ることが挙げられます。

別れた原因を改善した、もうしないと口で言われても、信用できないこともあるでしょう。

そういうときは、一度距離を置いて男性の変化を客観的に見てみることをおすすめします。

そうすると、自ずと答えが見えてくるのではないでしょうか。


まとめ:よりを戻したいときの男性はめちゃくちゃ分かりやすい

男性がよりを戻したくなる瞬間やよりを戻したくなる女性の特徴、よりを戻したいときの心理、行動、そして男性とよりを戻すべきか迷ったときの判断方法について紹介しました。

男性がよりを戻したいと思うときは様々ですが、よりを戻したいと思っているときの男性は非常に分かりやすいです。

気づいてないのは本人だけで、周りにはバレバレ…ということも少なくありません。

よりを戻すかどうかを決めるのはあなた自身ですから、後悔のない結論を出してくださいね。