青白い顔の女性の原因はなに?青白い顔の女性がやるべき改善方法も紹介!

「顔が青白いけれど、大丈夫ですか」などと声を掛けられた経験のある女性は、意外と多いのではないでしょうか。

青白い顔は不健康に映りますし、実年齢よりも老けて見られるケースもあります。

今回は青白い顔の女性の原因と、その改善方法についてご紹介します。

青白い顔に悩んでいる女性はぜひ参考にしてみてください。

青白い顔の女性の原因

体が冷えている

体が冷えると、血の流れが悪くなってしまいます。

全身に十分な血が届かないため、顔が青白く見えてしまうのです。

原因としては、冷たい食品の過剰摂取、運動不足による筋力低下、湯船に浸からないシャワーのみの生活などが考えられます。

加えて、女性は一般的に男性よりも筋肉量が少なく、代謝が落ちやすいとされています。

そのため冷え性になりやすく、日頃から低体温の方も多い傾向にあります。

また、現代社会の働き方として空調の効いた室内で行う、デスクワークが定番となったことも大きな要因です。

貧血

貧血は血の濃度が薄くなってしまい、体が低酸素状態に陥ることで起こります。

酸素が届かないことで、倦怠感や目眩、皮膚が青白く見えるといった症状が発生します。

主に栄養不足が原因と言われており、過度なダイエットを行っている場合は貧血になり易いです。

また、自分自身ではしっかりとした生活を送っていても、生理や疲労が原因で、貧血の症状が現れるケースも存在します。

基本的には生活習慣が関わっていますが、中には腎臓病などの重大な疾患に繋がるケースもあるため注意が必要です。

過度の緊張、興奮

過度に緊張や興奮した場合、交感神経が活発になることで筋肉が硬直し、血管も収縮します。

血管が収縮すると、血流が悪くなるため、顔が青白く見えることがあります。

例えば、大人数を相手に話さなければならない時、人生を左右するような重要な発表の前などに「顔が青ざめた」という経験は多いでしょう。

この様に、一時的な過度の緊張は誰もが経験することです。

しかし、過酷な環境での仕事などで、常時緊張している場合は危険です。

常に体と心に負担が掛かっている状況のため、注意が必要です。

自律神経の乱れ

自律神経の乱れでも、血流が悪くなるため青白い顔に繋がります。

原因は、寝不足やストレスであるケースが大半です。

どちらか一方ではなく、ストレスが原因で不眠症となり、体調を崩す複合型も非常に多いです。

青白い顔の他にも、倦怠感、目眩、吐き気、頭痛などの症状が特徴です。

個人差はありますが、重症化すると二日酔いのまま船に乗っている様な不快感があります。

自律神経の乱れは体だけでなく、心にも問題を抱えているケースが多いため、心療内科への受診が必要な場合もあります。

ベースメイクの色が合っていない

女性は普段からお化粧をする機会が多いです。

ベースメイクに使用するコスメの色と、元々の肌色が合っていないと、青白く見えてしまうことがあります。

例えば、地肌が青白い方がブルーやグリーン系のメイク用品を使ってしまうと、青味がより強調されるため、不健康な印象を与えます。

青白い地肌では無い場合でも、相性の悪い色を選んでしまうと、くすみや白浮きの原因となります。

結果として顔色が悪い、青白いといった仕上がりになる恐れがあります。

肌の色、質感はデリケートですから、ベースメイクとの相性には注意が必要です。

青白い顔の女性がやるべき改善方法

健康的な生活を送る

体の冷えや貧血を予防、改善するためにも健康的な生活を送ることが大切です。

生活を作る上で大切なポイントは食事と睡眠だと言えます。

食事は、生姜やニンニク、白湯など体を温めるものを摂り、タンパク質、鉄分が摂取できる献立を取り入れましょう。

睡眠は、最低でも7時間以上は確保することが必須です。

これらは日頃から気をつけることで、少しずつ効果が出てくるものですから、継続して行う必要があります。

また、予めかかりつけ医を見つけておくことで、万が一の病気や怪我への備えることも大切です。

感情をコントロールする

過度な緊張や興奮、自律神経の乱れへの対策として、感情のコントロールが大切です。

ポイントは仕事中や勉強中でも小まめに、短時間で行えるリラックスタイムを設けることです。

具体的な例としては、お菓子や飲み物を1口だけ口にする、3分間だけ好きなことを考える、背伸びをする、トイレ休憩をするなどです。

目の前にあるものから、少しだけ目を背けることで、体と心を解放することが出来ます。

意識して習慣付けをすれば、その行動がスイッチとなり、感情をコントロール出来るようになります。

肌の色に合ったベースメイクを心がける

自分の肌色を自覚することは、非常に難しいです。

照明の色や角度によっても、見え方が変わってきます。

そのため、美容を仕事にしているヘアメイク、美容師、美容部員などにアドバイスをもらうことが一番の近道です。

余裕があればベースメイクに加えて、チークやリップとの相性も考えると、より健康的な肌色に繋がります。

また、肌は白く綺麗に見せたいものですが、自分の肌色を無視したハイトーンのベースメイクは、白浮きに繋がるためおすすめできません。

地肌を生かしたメイクが、何よりも自身を明るく見せてくれます。

青白い顔の女性の原因と改善方法のまとめ

青白い顔の原因には、体と心の内的要因に加えて、ベースメイクの外的要因が関係することが分かりました。

まずは日常生活に気を配り、自分自身を理解することが改善への第一歩となります。

その一方で、改善方法を実行しても良くならない場合は、自己解決出来ない重大な病気に繋がっている可能性もあるため、医療機関への受診を検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA