青白い肌の男性の原因にはどんなのがある?青い白い肌の改善方法も紹介!

青白い肌の男性の原因と改善方法

健康状態が一番わかるのが肌の血色です。

健康な人ほど肌ツヤも良く赤みを帯びた健康的な色をしているものです。

健康的な生活を送っている人なら肌の色も正常ですが、中には体調が心配になるほど青白い肌の男性もいます。

今にも倒れそうなほどの青白い肌は見ているだけで不安を感じてしまいますが、なぜありえないほど顔色が悪いのでしょうか。

今回は、男性に見られる青白い肌の原因と改善方法を紹介します。

青白い肌の男性の原因

体調不良

青白い肌の原因でよくあるのが「体調不良」です。

肌の色には健康状態がそのまま現れるといいますが、体調を崩していると肌の色は青白くなりがちです。

普段は健康的な肌色なのに突然青白い肌になってしまったら体調不良の可能性が濃厚です。

体調不良とひとくちにいってもいろいろな原因が考えられます。

肌の色を青白くする可能性が高いのは内臓系の疾患、特に消化器系に問題がある可能性が疑われます。

胃痛やちょうが荒れたことによる腹痛など消化器系に異常が発生すると多くの人は顔色が悪くなります。

人によって程度は異なりますが驚くほど真っ白あるいは真っ青になってしまているときは深刻な症状の恐れがあります。

血の巡りが悪い

血の巡りが悪いことが原因で肌が青白くなるのもよくあるケースです。

血の巡りが悪いといっても必ずしも体調不良だとは限りません。

慢性的な貧血など常に血の巡りが悪い人もいます。

そのような人は体調に問題はなくても血の巡りに問題を抱えているため肌の血色がよくありません。

常に肌が青白い人の多くは慢性的な血流不全の可能性があります。

一時的な血行不良でも肌が青白くなることはありますが、そのような場合は少し休めば元通りの健康的な肌の色に戻ります。

血の巡りの悪さで常に蒼白い肌の人は体力や抵抗力が低下していることが多く、今は問題なくても将来的に体調を崩す可能性があるので注意が必要です。

極度の緊張状態

精神的な理由で肌が青白くなることもあります。

極度の緊張状態やプレッシャーなど強いストレスにさらされると一時的に血流に問題が生じ肌の色が青白くなります。

大事なプレゼンや重要な試合の時に真っ青な顔になっている人を見ることがありますが極度の緊張状態によるものです。

緊張状態による青白さは一時的なものなので緊張から開放されればすぐに元通りになります。

しかし、長時間緊張状態が続くとどんどん顔が青白くなっていき最終的にはめまいや立ちくらみなどを引き起こす恐れがあります。

変色しやすい顔色だけならまだいいのですが、手足の先まで青白くなってきたら非常に危険です。

体温の低下

健康な肌の色はほのかにピンクがかかっています。

肌がピンク色なのは血流が正常に流れているからですが、極端に体温が低下し血流が滞ると肌の色はあっという間に青白くなります。

肌の色は体温に敏感に反応します。

一般的に平熱は36度前後とされていますが平熱が35度前後という低い人も存在します。

平熱が低い人ほど肌の色が悪くなる傾向があり青白い肌の人の中にも平熱が低い人が多く見られます。

体を温めてやると一時的に肌の色は改善しますがそもそもの平熱が低い場合は長持ちしません。

常に青白い肌の人は冷え性が多いのですが体温と肌の色は密接に関係しています。

日光にあたっていない

肌の色に強く影響するのが太陽から降り注ぐ日光です。

紫外線による日焼け以外にも体内でビタミンを生成するなど健康に大きく関わる日光ですが、日光にあたる時間が短いと肌の色は青白くなってしまいます。

インドアでほとんど外出しないという人の多くは青白い肌の色をしています。

内勤で日中ほとんど外に出ずに仕事をしている人にも青白い肌の人が多く見られます。

日光不足でもすぐに健康に影響するわけではありません。

しかしビタミン不足になったり生活リズムが乱れたりといいことはなく長期的には体調不良の原因になります。

紫外線による健康への影響を問題視する声も聞かれますが極端な日光不足による青白い肌は決して望ましいものではなく改善が必要です。

青白い肌の男性がやるべき改善方法

病気を治療する

病気が原因で青白い肌になってしまっている場合は遡及に治療が必要です。

まずは医者の診察を受け適切な治療を受けてください。

肌を青白くする病気はいろいろあります。

消化器系の病気の他にも肝臓や腎臓などの病気が原因で肌が青白くなることもあります。

何が原因なのかを知ることが治療の第一歩です。

素人判断で民間療法などに頼るのは非常に危険です。

効果が期待できないだけでなく場合によっては病気を悪化させてしまう恐れもあります。

いっこうに肌の青白さが改善されない場合はできるだけ早くかかりつけ医に相談し必要であれば検査を受けてください。

治療開始が早いほど完治までの期間も短くなります。

体質を改善する

肌の青白さが病気ではなく慢性的なものである場合は体質の改善が必要です。

病気とまではいかなくてもイマイチ体調がすぐれない、という場合は体質改善による大きな効果が期待できます。

体質改善は即効性のあるものではありません。

ある程度時間をかけてゆっくりと体を変えていく必要があります。

鉄分不足ならレバーなど鉄分の豊富な食材を積極的に摂る、血流が悪い人は体操やマッサージで正常な血流を取り戻す、冷え性の人は筋トレで体が生み出す熱を増やすなど自分の身体をつくりかえることで肌の青白さを解消すると同時に健康的な肉体も実現します。

サプリや健康食品もいいですが重要なのは長期的な取り組みです。

一気に体質を改善しようとするとどこかに無理が生じます。

あせらず時間をかけ年単位で取り組んでください。

生活習慣を正す

毎日の生活習慣を見直すのも効果的です。

肌が青白い男性の多くは生活習慣に乱れが生じています。

働き過ぎや睡眠不足、暴飲暴食など生活習慣の乱れは肌の健康を悪化させる原因です。

肌の青白さを改善したいなら乱れた生活習慣を正しましょう。

三度の食事は体温を生み出す大切なエネルギー源です。

朝食抜きや不規則な食事時間、ドカ食いなどが習慣になっていると体温調節が乱れ肌の色が悪くなってしまいます。

毎日三食きちんと取るだけでも青白さ解消には高い効果が期待できます。

睡眠不足も肌の大敵です。

睡眠不足はストレスの原因となり慢性的な緊張状態を引き起こし肌の色を悪くします。

夜型生活だと自然と日光を浴びる時間も少なくなるため青白さに拍車がかかってしまいます。

早寝早起きを心がけるだけで無理なく健康的な肌の色を取り戻せます。

青白い肌の男性の原因と改善方法のまとめ

青白い肌の男性は体調や体質、生活習慣の何処かに原因があります。

ただ肌の色が悪いだけと軽く考えてはいけません。肌の色は健康のバロメーターです。

青白い肌の色は危険を知らせるサインです。

今は問題がなくても放置すれば重大な問題が発生する可能性があります。

体の状態と普段の生活を見なおしてどこに原因があるのか考えましょう。

万一のことを考えると一度医者に診てもらうのが安心です。

いつまでも青白い肌が続く場合はすみやかに診察を受け医師の指示に従って改善に向けた努力をしてください。