フェロモンが出てる男の6つの特徴と男のフェロモンの出し方とは?

フェロモンが出てる男の6つの特徴と男のフェロモンの出し方とは?

フェロモンが出ている男性の意味とは、その見た目や匂い、仕草や行動などで女性を虜にしてしまうような男性のことです。

よくセクシーな男とか色気がある男と言われたりもします。

このようなフェロモンが出ている男性は、女性からしか中々わからないものなので、同性からすると「あんな男のどこがいいんだろう?」と不思議に思うことも少なくありません。

では一体どのような男性が女性から見てフェロモンが出ていると感じるのか。

そこで今回はフェロモンが出ている男性の特徴についてご紹介していきますので、あなたに当てはまるかどうか確認しながらご覧ください。

そして男性のフェロモンの出し方についても触れていますので、合わせて読んでみてください。

以下の記事ではフェロモンが出ている女性についてご紹介してますので、興味がある方は参考にしてみてください。

フェロモンが出ている女の6つの特徴と女性のフェロモンの出し方とは?

フェロモンが出ている男の特徴とは

身体を鍛えている

鋼の肉体を持ち、ボディビルダーのような男性からフェロモンが出ています。

特に異性である女性たちは、屈強な男性の身体に触れるだけでエクスタシーを感じる方もいる位です。

分厚い胸板や太い腕、ダイヤモンドも壊せそうな腕力など、何事にも屈しない強さにフェロモンを感じます。

タンクの走行のように歩く姿にも女性たちは夢中になり、同姓である男性もその強さに男性特有のフェロモンを意識するのです。

また、そのような屈強な男性が女性や子供に優しかったりすると、ギャップからフェロモンが出て女性はメロメロになってしまうでしょう。

スーツや普段着などで屈強な体躯が隠れていても、何気ない仕草からみせた肌のチラ見せから大変魅力的です。

屈強な身体を持つ男性の様々な行動から、フェロモンを感じ取ることができます。

毛深い

男性的なシンボルと言えば喉仏や胸毛、すね毛などが挙げられます。

また、野太い声や堀が深い顔つきなど、男性を感じさせる要素が多いこともフェロモンを感じさせます。

女性が持ちえない特徴を持ち、様々な「濃い」が凝縮されたような男性。

男性のシンボルが発達していることが第一印象でも分かるような方は、女性がうっとりするほどのフェロモンが出ています。

「力強さ」といった物理的で表面的な要素はもちろん、か弱い女性を守とうとするカッコいい男性にもフェロモンを感じることあります。

要は生物学上の男性特有の特徴の濃度の濃さによって、フェロモンの印象も変化するのです。

中性的な男性でも喉仏があれば「男性的」と感じますし、シンボルの発達でフェロモンの有無が決まり魅力的に映ります。

フェロモンが出ている男性は、男性特有のシンボルが発達していることが特徴です。

スポーツをしている

男性のスポーツマンはフェロモンが汗と共に出ていることが多く、女性にとって魅力的に感じます。

スポーツを通して人間の本能的な部分にある「競争力」を感じ、男性ホルモンを汗の匂いからも感じることができます。

一生懸命に運動をする男性は肌の露出を含めて大変魅力的です。

走る姿からは血管が浮き彫りになっている腕や足、筋肉隆々な肉体など、まさに男性を感じさせる様子からもフェロモンが伝わってきます。

迸る汗と男たちが一つの目標に向かって突き進む姿に、直接的な匂いが出ていなくてもフェロモンを感じているのです。

特に夏のスポーツに興じる男性からはフェロモンが出ており、露出が多いユニホームと熱い戦いで作られた汗により、世の女性たちは夢中になります。

スポーツマンの男性は女性に好かれるフェロモンを出しています。

行動が落ち着いている

フェロモンを感じさせる男性の特徴と言えば、まず全体的な所作が落ちついて見える事だと言われていて、これはその男性から余裕が窺える事が大きな理由になっています。

例えば何かの雑誌を読み終わった際に、そのまま放り投げる様な男性とキチンと片付ける男性とを比べてみると、女性が素敵だと思うのは圧倒的に後者になるとされ物を雑に扱わない男性は好感を持たれやすいです。

また、飲み物を飲んだ時にもコップを乱暴に置かずにそっと置いたり、ドアの開閉も大きな音を立てないようにする男性からは落ち着きと余裕が感じられ、非常にスマートな男という印象になります。

その為、日常生活で見られる所作の一つ一つから丁寧さを感じさせるような男性は魅力的に映るようになり、そこからフェロモンが出ていると感じる方は多いです。

唇のケアができている

一般的な男性がほとんど行っていない唇のケアですが、だからこそ女性はフェロモンを感じやすいパーツになっていて、ガサガサで荒れている唇の男性からはフェロモンが出ているとは言えなくなっています。

また、唇というものは会話をしている時に注目されやすい場所であり、荒れている場合には気になって会話に集中できないと言う女性は多いですし、何よりもキスを連想させるパーツがケアできていないと女性が悪い印象を抱く可能性が高いです。

ただし、ケアしすぎるのも良くないとされていて、女性と同じ様に入念なケアをしていると逆に良くない印象を与えてしまう事がありますので、基本的にはリップクリームなどで荒れないようにしておき、口唇ヘルペスなどがない限りはそれ以上のケアはしない方が良いとされています。

スマートなレディファーストができる

女性が男性からフェロモンを感じる瞬間の第一位は、男性がスマートにエスコートした時だと言われていて、より正確に言えばわざとらしくないレディファーストを感じた瞬間になります。

このわざとらしさを感じないというのは非常に大きなポイントになっていて、いかにもレディファーストを心掛けていますという態度は、逆に嫌われてしまう可能性が高いです。

その為、あくまでもさり気ない自然なレディファーストができる事が重要で具体的にはは無言で行う事が基本形になり、ドアを開ける場合でも荷物を代わりに持つ場合でも黙って行う事が重要になります。

なぜならば、黙って行う事はそれが当たり前だと思っている事をアピールする形になりますので、女性にお礼を言われた場合でも微笑みで返すなど無言でいた方が良いです。

男のフェロモンの出し方とは

肌の手入れをして潤いを出す

男性がフェロモンが出すためには、まずはお肌の手入れが重要です。

なぜなら男女ともフェロモンを出すためには「潤い」が必要だからです。

乾燥して乾いた肌では、フェロモンを出すことができません。

それに乾燥は、シミやシワの原因にもなります。

シミやシワが多くなってしまうと、男性は女性のようにファンデーションで隠すことができません。

シミやシワだらけの人から、フェロモンなんて感じ取れませんよね。

だからこそ、肌を乾燥させないことは重要なのです。

よく男性の中には化粧水だけ付けている人がいるのですが、化粧水だけだと乾燥を防ぐことはできません。

ちゃんと化粧水の後には乳液などの保湿力が高い、クリームを塗るようにしましょう。

定期的にパックや美顔器などを使って、スペシャルケアもするようにすれば、肌艶が変わってくるはずです。

潤いのある、綺麗な肌からは自然とフェロモンが出てくるので、女性はきっと気付いてくれますよ。

髪を丁寧にセットして清潔感を出す

男性がフェロモンを出すためには、清潔感のあるヘアスタイルが重要です。

スーツの肩にフケが溜まっていたり、長いのに全くセットしていない髪、白髪を放置している、こんな特徴がある男性からはフェロモンを感じることができません。

フェロモンを出すためにも、美容院に月に一度は行く、毎日シャンプーとコンディショナーやトリートメントをする、朝はスタイリング剤を使ってヘアセットをする、これだけのことは必ず行うようにしましょう。

少し面倒に感じるかもしれませんが、特にスーツを着る職場では、他の男性との違いを出すにはヘアスタイルぐらいしかありません。

逆に言うと、ヘアスタイルがダメだと、フェロモン以前の問題になってしまい、話しかけてもらうどころか、あなたの事を「その他大勢の一人」としか認識してもらえない可能性もあるのです。

フェロモンを出せる男性になって、他の男性に差をつけてしまいましょう。

体を鍛える

女性が強いフェロモンを感じる男性というのは、基本的に体をよく鍛えています。

女性は自分にはない、男性の屈強な肉体や筋肉に自然とフェロモンを感じてしまうものです。

逆に言えば、筋肉が全くないようなヒョロヒョロの男性に、女性は全くフェロモンを感じることができません。

フェロモンを出せる男性になりたいのなら、まずはジムに行って体を鍛え始めましょう。

どんなに体を鍛えても、服を着ているのだから女性には気付かれにくいと思ってしまうかもしれませんが、体を鍛えだすと自然と表情がりりしくなってきたり、雰囲気が変わってきます。

また動作が機敏になってきたり、腕周りも太くなってくるので、勘の良い女性はちゃんとあなたの変化に気付いてくれます。

体を鍛えることで、男性としての自信もアップさせることができるので、自然とフェロモンがよく出るようになるのです。

レディファーストを心掛ける

男性の色気と切っても切れない関係にあるのは、女性をしっかりとエスコートできる事であり、いわゆるレディファーストができている男性はフェロモンの漂う魅力的な男性と言えます。

具体的には、男性が車道側を歩いたり飲食店のドアを開けてあげたりなどがレディファーストですが、特にフェロモンを感じさせるのは他の男性があまりやらないような行動です。

この場合の例を挙げるならば、車を降りる際には先に降りて女性側のドアを開けたり、階段を降りる際にも手を差し出すなどの、ある意味ではやりすぎとも思えるような行動を見せた方が良いとされています。

なぜならば、基本的に女性は自分を大切にしてくれる男性に好意を持ちやすいので、上記のような行動を見せる事で色気のある魅力的で素敵な男性だと思われる可能性は高いです。

低い声で話すようにする

一般的に男性は女性よりも声が低くなっていますので、女性にとっては低い声というのは男らしさを強く感じる部分であり、男らしさというものはそのままフェロモンと同じ意味になります。

その為、男のフェロモンを出したいならば意識して低めの声で話すことが有効な手段だと言われていて、実際に声の低い男性に対して好印象を持つという女性は非常に多いです。

ただ、この場合は地声の問題が出てくるようになっていて、元々声が高めの男性には難しいとされていますが、実は声が高めの男性でもゆっくり話す事で十分に色気を感じさせる事ができます。

というのも、女性が低い声に魅力を感じるのは落ち着いて聞こえる事から得られる安心感が大きく、落ち着いてゆっくり話す事で同様の効果が得られる可能性はかなり高いです。

姿勢を良くする

男のフェロモンというものは実際に体から何らかの香りを出しているのではなく、その男性の見た目や仕草などから色気を感じる事を意味していますので、フェロモンを女性に感じさせたいならば、まずは姿勢を良くする事から始めるのが良いとされています。

これは、そもそも姿勢が悪い方というのが魅力的には見えない事が理由になっていて、例えば猫背の男性や逆に腰が反っているような姿勢の男性には頼りがいを感じにくいです。

したがって、女性から見た場合には男性としての魅力に欠けているように見えてしまい、結果的に色気なども感じられなくなってしまいます。

そして、逆に背筋をしっかりと伸ばして颯爽と歩くような男性は、ただそれだけでも頼りがいなどを感じさせるので、実際に何もしていないのに女性にモテるという男性は姿勢が良い方が多いです。

フェロモンの匂いは相性が大事

いかがでしょうか。

男性のフェロモンはやはり匂いが大切になってきます。

その匂いで女性を魅了すれば、あなたにべったりになってしまうのは間違いないでしょう。

とはいっても、全ての女性にその匂いが通じるわけではないので注意が必要です。

つまり、フェロモンの匂いにも相性があるということです。

ある女性にはすごくたまらない匂いなんだけれども、別のある女性にとっては臭くてたまらないと嫌がる人もいるのです。

無難な方法としては香水をかけて、それを自分の匂いにしてしまうことですが、これも好き嫌いが分かれるので多用するのは禁物でしょう。

また、どんなに匂いが良くても見た目の段階で、フェロモンが出てないと判断されてしまったら何もスタートしませんので、ある程度を見た目にも気を使う必要が出てくることは覚えておいたほうがいいかもしれませんね。