食費を節約できない人の特徴や性格|食費を抑えるコツを状況別にご紹介!

食費を節約できない人について、紹介します。

あなたの周りにも、食費を節約できない人はいませんか。

もしくは、あなた自身が食費を節約できなくて悩んでいるのかもしれませんね。

ここでは、食費を節約できない人の特徴や性格について、詳しく見ていきたいと思います。

また、1人暮らし、4人家族それぞれのケースにおける食費を抑えるコツも紹介しますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

食費を節約できない人の特徴

まずは、食費を節約できない人の特徴から紹介します。

食費は必ずかかるものですが、人によって天地ほどの差があるのも事実ですよね。

一体どんな人が、食費を節約することができないのでしょうか。

食費を節約できない人の特徴は、こちらです。

新発売や限定に弱い

食費を節約できない人の特徴には、新発売や限定に弱いことが挙げられます。

食費を節約できない人は、「つい買ってしまった」ということが多い人のことを言います。

買う気がなかったのに買ってしまった、というのは、新発売や限定という言葉に弱い人が大半ですよね。

新発売や限定に弱い人の多くは、食費を節約することができません。

家計簿をつけない

食費を節約できない人の特徴には、家計簿をつけないことが挙げられます。

家計簿を付けない人は、毎月いくら食費に使っているのか、どんな買い物をしているのかを自分自身で把握できていません。

そのため、食費を使いすぎていることにも気づかないのです。

家計簿をつけない人は、食費だけでなく全体的にお金を使いすぎている傾向にあるでしょう。

外食が多い

食費を節約できない人の特徴には、外食が多いことが挙げられます。

食費を節約できない人は、外食やテイクアウトの回数がとにかく多いです。

外食はお金がかかるイメージがありますが、それはあながち間違いではありません。

外食が多ければ多いほど、食費がかさんでいくものです。

食欲に勝てない

食費を節約できない人の特徴には、食欲に勝てないことが挙げられます。

食費を節約できない人は、基本的に食べることが大好き。

「あれも食べたい、これも食べたい」という食欲に勝つことができず、買い食いしてしまうのです。

お菓子やスイーツなどの欲に勝てない、という人も多いかもしれませんね。

食材を無駄にする

食費を節約できない人の特徴には、食材を無駄にすることが挙げられます。

節約しているつもりなのに食費を節約できないのは、食材を無駄にしているからかもしれません。

安いからと買いすぎてしまったり、まだ冷蔵庫に同じものが残っていた、というために食材を無駄にしてしまうのは、食費を捨てているのと同じですね。

食費を節約できない人の性格

続いて、食費を節約できない人の性格について紹介します。

食費を節約できない人の特徴については先程紹介したとおりですが、食費を節約できない人はどんな性格をしているのでしょうか。

食費を節約できない人の性格について、詳しく見ていきましょう。

楽観的

食費を節約できない人の性格には、楽観的なことが挙げられます。

食費を節約できない人は、お金に関する認識が甘いです。

それはつまり、「まぁ大丈夫だろう」という楽観的な思考から、根拠の無い自信が生まれているためと言えるでしょう。

楽観的な性格の人は、食費を節約するのは難しいと言わざるを得ません。

我慢できない

食費を節約できない人の性格には、我慢できないことが挙げられます。

食費を節約できない人は、自分の食欲に勝てないことからも分かるように、我慢することができません。

特に最近はキャッシュレス決済が主流になり、手元に現金がなくても買い物ができるようになりました。

そのため、より欲しいものを我慢できなくなっているのです。

素直

食費を節約できない人の性格には、素直なことが挙げられます。

食費を節約できない人は、自分の気持ちに嘘をつけない、素直な性格をしています。

欲しいものは欲しい、食べたいものは食べたいという素直な性格だからこそ、我慢することができないのです。

見えない将来のことより、今を楽しみたい性格なのでしょう。

見栄っ張り

食費を節約できない人の性格には、見栄っ張りなことが挙げられます。

周りの人に見栄を張ってしまうタイプの人も、食費を節約することができません。

見栄っ張りだからこそ、ランチを手作りのお弁当にしたり、安いメニューを選ぶことができません。

それなりの値段がするものしか頼めないのは、見栄っ張り以外の何者でもありませんね。

めんどくさがり

食費を節約できない人の性格には、めんどくさがりなことが挙げられます。

なぜ食費を節約できないのか?というと、それはずばり「めんどくさがり」であるから。

食費の計算をするのがめんどくさい、食事の支度をするのがめんどくさいなど、とにかく「めんどくさがり」であるために、お金を使いすぎてしまうのです。

【状況別】食費を抑えるコツ

最後に、食費を抑えるコツについて紹介します。

単純に「食費を抑えるコツ」と言っても、家族構成などによってやり方はだいぶ変わってくるもの。

今回は、「一人暮らしの人」と「4人家族の人」という2つのパターンにおける食費を抑えるコツを紹介したいと思います。

一人暮らしの人が食費を抑えるコツ

自炊する

一人暮らしの人が食費を抑えるコツには、自炊することが挙げられます。

一人暮らしだと、どうしてもめんどくさがって外食やテイクアウト、弁当、惣菜などを利用することが多くなりがち。

これらはとても便利なものですが、食費という点で見るなら良いものとはいえません。

まずは、自炊する癖をつけることから始めましょう。

作り置きを利用

一人暮らしの人が食費を抑えるコツには、作り置きを利用することが挙げられます。

仕事をしていると、どうしても平日帰宅してから食事の支度をする時間が無い…ということも多いでしょう。

そんなときは、週末に作り置きしておくのがおすすめ。

作り置きし、1食分ずつ小分けにして冷凍しておくといいですよ。

冷凍、電子レンジをフル活用

一人暮らしの人が食費を抑えるコツには、冷凍や電子レンジをフル活用することが挙げられます。

作り置きを冷凍することや、短時間で調理できる「電子レンジレシピ」を活用することがおすすめです。

時間のかかる調理も、電子レンジを使えば簡単に済ませられるので、一人暮らしで自炊初心者でも取り入れやすいのではないでしょうか。

安い食材を選ぶ

一人暮らしの人が食費を抑えるコツには、安い食材を選ぶことが挙げられます。

普段スーパーで買い物をしないと、食材の価格相場が分からないのは当たり前です。

スーパーに行く前にネットで価格相場を調べるなど、安い食材についての情報をインプットしておきましょう。

できるだけ安い食材を選ぶことが、食費を抑える最大のコツですよ。

4人家族の人が食費を抑えるコツ

まとめ買いする

4人家族の人が食費を抑えるコツには、まとめ買いすることが挙げられます。

1週間分などまとめて買い物をし、下ごしらえや調理をしてから冷凍保存などをすれば、食材を悪くする心配がありません。

買い物の回数が増えれば、当然ですが出費もかさんでしまうので、なるべくまとめ買いして買い物の回数を減らしましょう。

週に使う食費を決めておく

4人家族の人が食費を抑えるコツには、週に使う食費を決めておくことが挙げられます。

あらかじめ予算を決めてから買い物に行くことで、無駄な出費を抑えることに繋がります。

ただし、食費と日用品などを同じお店で買うことも多いと思うので、おおまかに買うものを決め、それから予算を決めることをおすすめします。

必要なものだけ買う

4人家族の人が食費を抑えるコツには、必要なものだけ買うことが挙げられます。

買い物に行くと、どうしても余計なものまで買ってしまう、という人も多いのではないでしょうか。

特に「特売」や「数量限定」などを見ると、つい手が伸びてしまいますよね。

そこをグッとこらえ、必要なものだけ買う習慣をつけることが大切です。

値引き品を利用する

4人家族の人が食費を抑えるコツには、値引き品を利用することが挙げられます。

スーパーでは、定期的に商品の値引きが行われています。

消費期限が近づくごとに値引き率は高くなりますので、なるべく値引き品を購入するようにしましょう。

スーパーによって値引きをする時間帯がだいたい決まっていますので、チェックしてみてくださいね。

まとめ:食費を節約できる人になろう

食費を節約できない人の特徴や性格、食費を抑えるコツについて紹介しました。

食費を節約できない人は、めんどくさがりで外食やテイクアウトが多いなど、自炊しない傾向にあります。

もちろん、たまになら外食やテイクアウトも良いですが、毎日となれば食費がかさむのは目に見えていますよね。

自分の生活スタイルに合わせた方法で、毎日の食費を節約していきましょう。