擦れている人の特徴や心理|擦れている人への対処法とは

擦れている人について、紹介します。

あなたの周りにも、「擦れている人」はいませんか。

「擦れている人」と言われてもいまいちピンと来ない人もいると思いますが、ここでは擦れている人の特徴や心理、擦れている人への対処法について詳しく見ていきたいと思います。

記事の最後には、擦れてる性格を改善する方法についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

関連記事はこちら▽ 擦れてない人の特徴や性格|擦れてない人になるには?

擦れているの意味とは

まずは、「擦れている」の意味から紹介していきます。

「擦れている」の意味を調べると、以下のものがありました。

純粋さや素直さがすり減っている
世間ずれしている

様々な経験をしたり人に揉まれることによって、若干ひねくれた人に対して「擦れている」という表現を使うことが多いです。

様々な経験をしたからこそなのですが、「擦れている」は良い意味で使われることはほぼないと言って良いでしょう。

男性にも女性にも使われる言葉ですが、女性に対して使うことの方が多いような気がします。

擦れている人の特徴

では続いて、擦れている人の特徴について紹介します。

擦れている人というのは、純粋さや素直さがすり減っている人のことで、あまり良い意味で使われる言葉ではありません。

そんな擦れている人には、どんな特徴があるのでしょうか。

上から目線

擦れている人の特徴には、上から目線であることが挙げられます。

擦れている人は、どこか相手を見下しているところがあり、発言も必然的に上から目線になりがち。

自分を守るための手段として身につけたのかもしれませんが、相手に良い印象を与えないのは言うまでもありません。

ボディタッチが上手い

擦れている人の特徴には、ボディタッチが上手いことが挙げられます。

こちらは主に女性の特徴ですが、男性と話しているときなど絶妙なタイミングでボディタッチをしてきます。

肩や腕など、いやらしくない場所を触ってくるので、まさに男慣れしている感じですね。

下ネタに動じない

擦れている人の特徴には、下ネタに動じないことが挙げられます。

こちらも主に女性の特徴ですが、飲み会や合コンの場で男性が下ネタを振ってきても、擦れている女性は一切動じません。

恥ずかしがったり拒否する様子がなく、「男性の下ネタ」に普通に応じることができるのも、普段から男性もいる機会が多いことを伺わせますね。

自慢が多い

擦れている人の特徴には、自慢が多いことが挙げられます。

こちらは擦れている男性に多い特徴で、口を開けば自慢話ばかり…ということも少なくありません。

過去の栄光を自慢げに話したり、聞いてもいない武勇伝を語り出したりするのは、自分を大きく見せたい気持ちの現れなのでしょう。

損得勘定で動く

擦れている人の特徴には、損得勘定で動くことが挙げられます。

擦れている人が行動するかどうかの基準は、自分にとってメリットがあるかどうか。

友人に誘われたときに行くかどうか決めるのも、自分にとってメリットがあるかどうかで選びます。

仕事に関しても同様なので、周りの反感を買うのは言うまでもありませんね。

擦れている人の心理

続いて、擦れている人の心理について紹介します。

擦れている人の特徴については先ほど紹介したとおりですが、擦れている人はどんなことを考えているのでしょうか。

擦れている人の心理には、以下のようなものがあるようです。

チヤホヤされて当たり前

擦れている人の心理には、チヤホヤされて当たり前というものが挙げられます。

女性や末っ子などは、周りからチヤホヤされたり甘やかされるのが「当たり前」だと思っています。

女性の場合特に、デートで奢ってもらって当たり前、迎えに来てもらって当たり前、という図々しさを持ち合わせていると言えるでしょう。

自分が一番

擦れている人の心理には、自分が一番というものが挙げられます。

擦れている人は、チヤホヤされるのが当たり前だと思っていることからも分かるように、自分が一番だという気持ちが強いです。

自分に絶対的な自信を持っているのは良いことですが、謙虚な姿勢が全くないので、「図々しい人」「擦れている人」というマイナスな印象を与えてしまいます。

相手を見下している

擦れている人の心理には、相手を見下しているというものが挙げられます。

擦れている人は自分が一番だと思っているため、心の中で相手を見下しています。

誰かがミスをしたときは、はっきりと口にはしないものの、「そんなこともできないなんて」などと思っていることでしょう。

上下関係は無意味

擦れている人の心理には、上下関係は無意味というものが挙げられます。

擦れている人は、自分より年上の人や目上の人に対しても、友達と同じような態度で接します。

敬語を使うことは、ほとんどありません。

それは、単純に「上下関係など意味が無い」と思っているからだと言えるでしょう。

損をしたくない

擦れている人の心理には、損をしたくないというものが挙げられます。

擦れている人は、基本的に自己中心的で自分のメリットしか考えていません。

つまり、「損をしたくない」という気持ちが強いのです。

擦れている女性の場合、合コンで男性と同額を払うのは割に合わない、などと思っているのは、損をしたくない気持ちが強いからです。

擦れている人への対処法

ではここで、擦れている人への対処法について紹介します。

職場など身近なところに擦れている人がいると、正直ちょっと困ってしまうこともありますよね。

擦れている人への扱いは厄介だと思うかもしれませんが、以下の方法で対処していきましょう。

距離を置く

擦れている人への対処法には、距離を置くことが挙げられます。

擦れている人は自分のことしか考えていないので、近くにいるとストレスが溜まるのは間違いありません。

そういう人とは物理的な距離を置き、できるだけ関わりを少なくするのがベスト。

擦れている人が視界に入らないように、上手に距離を置きましょう。

聞き流す

擦れている人への対処法には、聞き流すことが挙げられます。

擦れている人の上から目線な発言や、自慢話などは聞き流してしまうのが正解です。

まともに聞いてもメリットはありませんし、むしろイライラしてしまうだけ。

「へー、そうなんだ」「凄いね」などと相槌を打っておけばOKです。

次は誘わない

擦れている人への対処法には、次は誘わないことが挙げられます。

擦れている人と食事などに行って嫌な思いをしたのなら、次からは誘うのをやめましょう。

グループで出かける際も同様で、嫌だと思ったら次は誘わなければ良いのです。

誘われなくなったことで、あちらも自分に問題があることに気づくのではないでしょうか。

適当にあしらう

擦れている人への対処法には、適当にあしらうことが挙げられます。

擦れている人は、世の中の色々なものを見て、色々な人と関わりを持ち、それによって「擦れて」しまったわけです。

深く関わると何かとめんどくさいタイプであることに間違いないので、適当にあしらっておき、あまり関わらないようにするのが正解です。

放っておく

擦れている人への対処法には、放っておくことが挙げられます。

何度も言いますが、擦れている人とはまともに向き合っても良いことはありません。

基本的に自分勝手で損得勘定でしか動かない人ですから、何を言われても放っておきましょう。

相手にしないというのが、最も良い方法なのです。

擦れている性格を改善するには

最後に、擦れている性格を改善するにはどうすれば良いのか、その方法について紹介します。

擦れている性格は、周りにあまり良い印象を与えるものではないので、自覚しているなら早めに改善した方が良いもの。

擦れている性格を改善するには、以下のことを意識していきましょう。

素直に受け取る

擦れている性格を改善するには、素直に受け取ることが挙げられます。

擦れている性格の人は、相手の発言を無駄に深読みしたり、「裏があるのでは」と疑っていたりします。

もちろん他人を全面から信用するべきではないのかもしれませんが、擦れている性格を改善したいのなら、素直に受け取ることが大切です。

長所を見つける

擦れている性格を改善するには、長所を見つけることが挙げられます。

擦れている性格の人は、いわゆる「ひねくれ者」に近いので、相手の長所を見つける癖をつけましょう。

なんとなく合わない、好きじゃないと感じる相手でも、長所がない人などいません。

長所を見つけることで、相手への感じ方も変わってくるはずです。

礼儀やマナーを身につける

擦れている性格を改善するには、礼儀やマナーを身につけることが挙げられます。

擦れている性格の人は、自分より年上の人や目上の人に対してでも、友達と同じように接します。

物怖じしないと言えば聞こえはいいですが、あまり良いことではありませんよね。

目上の人に対する礼儀やマナーを、改めて学び直してみてください。

純粋な気持ちを持つ

擦れている性格を改善するには、純粋な気持ちを持つことが挙げられます。

擦れている人は、純粋な気持ちがすり減っているので、意識して「純粋な気持ち」を取り戻してみてはいかがでしょうか。

深く考えず、やりたいことを思いきりやる、好きなことを楽しむことがおすすめです。

感謝の気持ちを持つ

擦れている性格を改善するには、感謝の気持ちを持つことが挙げられます。

擦れている人は、人から何かして貰っても、それが当たり前だと思っています。

チヤホヤされること、奢ってもらうことは、当たり前のことではありません。

人から親切にしてもらったら、きちんと感謝の気持ちを持ち、その気持ちを言葉にして伝えていきましょう。

まとめ:擦れてる人にならないよう早めに改善しよう

擦れている人の特徴や心理、擦れている人への対処法、そして擦れている性格を改善するための方法について紹介しました。

擦れていることには、騙されにくい、世渡りがうまいなどのメリットもありますが、明らかに擦れている人は周りからも敬遠されてしまいがち。

周りから「この人とはあまり関わりたくないな」と思われる前に、擦れている性格は早めに改善するのがおすすめです。